クレジットカード会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

クレジットカード会社社員の学歴

クレジットカード会社の社員として働くためには、クレジットカード会社に就職することが必要です。

就職試験の際に必要な学歴は会社の規模によって違いますが、一般的には大学卒業の学歴が条件となることが多いようです。

とくに業界のなかでも大手企業として知られている三井住友カードやJCBなどは就活生からの人気が高く、採用試験は高い倍率になることで知られています。

難関大学の学生がこぞって応募する企業ですので、できるだけレベルの高い大学を卒業しておいたほうが挑戦しやすいでしょう。

仕事に役立つ金融や経済の知識

クレジットカード会社の社員として働くためには、大学のどの学部で勉強するとよいのでしょうか。

これに関しては一概にいえず、担当する業務によって求められる専門知識は異なります。

たとえば、クレジットカードの企画や市場の調査を行う企画部や顧客対応をする顧客サービス部、資産や財産の管理をする財務部で働く場合、金融や経済、マーケティングの知識があると役に立ちます。

こうした仕事に携わりたいのであれば、大学時代に商学部や経済学部で勉強しておくとよいでしょう。

法律や語学のスキルが重宝されることも

クレジットカード会社の運営に必要な法律関連の情報を収集したり、取引や顧客とのトラブルの際に法的な観点から問題解決を試みたりする法務部で働く場合、法学部で勉強して法の知識や考え方を理解しておくことが大切です。

また、クレジットカード会社の多くがVISAやMaster Cardなどの国際ブランドを取得していますし、カードは世界中で利用できるものなので、必然的に海外との取引や交渉なども多くなります。

グローバルな業務を担当する部署の場合は語学力がある人が重宝されるので、大学時代に語学を専攻したり留学や海外旅行をしたりして高い語学力を身につけておくのもよいのではないでしょうか。