クレジットカード会社社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

クレジットカード会社を目指すきっかけで多いものは?

クレジットカード会社の志望理由は、今後も市場が増え売り上げが見込めると考える人が多いようです。

近年はネット通販のキャッシュレス会計の普及により、現金を持たずにカードを利用する人が増えているため、年々市場規模が大きくなっているのです。

ネット通販などをはじめとしたオンライン決済はほぼクレジットカードを利用するため、ネット通販の普及するにつれよりクレジットカードの需要も増えていくでしょう。

また、日本のクレジットカード利用率は海外に比べるとまだまだ低いため、今後も開拓の余地があり、成長できる業界だと考える人が多いです。

クレジットカード会社の志望動機の考え方

クレジットカード会社の採用試験では、志望する企業に興味を持つようになったきっかけや将来の目標などを交えながら、仕事への情熱をアピールしましょう。

企業が発行するクレジットカードを所有している場合は、自身の顧客としての体験の中からクレジットカードの利便性や将来性を語ることもできます。

また、こうした体験のなかで「もっとこういうサービスがあったらいいのに」と感じたことや実現してみたい夢などがあれば、それを盛り込んで話をするのもよいでしょう。

クレジットカード会社の志望動機の例文3つ

クレジットカード利用者の志望動機

「私は大学に入学した時に初めて貴社のクレジットカードに入会しました。

写真部の活動で使う高額なカメラや車をクレジットカードの分割払いで購入することができ、この買い物が大学生活を充実したものへと変えてくれるきっかけになりました、

人々の暮らしを豊かにするクレジットカードの重要性を実感し、この仕事に携わることで社会の役に立ちたいと思いました。」

将来の夢を盛り込んだ志望動機

「近年、クレジットカードに付随するサービスが充実し、ポイント還元やギフトカードのプレゼント等さまざまな選択があることに魅力を感じています。

なかでも貴社は独自の付帯サービスが多く、幅広い層から支持されているため、今後も成長し続けるのではないかと思いました。

自分も企画部で、新たな付加価値のあるユニークな商品を創りだすお手伝いがしたいと思います。」

自らの体験を盛り込んだ志望動機

「学生時代にある観光名所でアルバイトをしていましたが、外国人観光客の方が、現金が足りずに入館できないことがありました。

このような場合にクレジットカードが使えたら、より利便性も高くなりますし、地方経済も活性していくと思っています。

まだまだ普及率の低い地方にも、クレジットカードを広め、より地方経済に貢献したいと思い志望しました。」

クレジットカード会社の面接で聞かれること・注意点

クレジットカード会社で働く社員は、個人の顧客から法人の顧客、提携先や加盟店などさまざまな人たちと信頼関係を築き上げながら仕事をしていかなければいけません。

このため、面接では受け答えの様子を通して、コミュニケーション能力の高さもチェックしています。

営業職希望の場合はもちろん人当たりの良さや言葉遣いの正しさも重要ですし、顧客の対応をする部署の場合は、返済遅延や自己破産等のトラブルの際に冷静に根気強く対応できる人柄も求められます。

また、金融業という信用第一の仕事に携わることから、健全な金銭感覚をもっていて真面目で清潔感のある人材が求められます。

面接ではこのような点をしっかり頭に入れた上で、誠実でていねいなふるまいを心がけましょう。

クレジットカード会社の自己PRのポイント

クレジットカード業界は、現金を扱うことはありませんが顧客の資産の一端を担う仕事でもあるため、顧客との信頼関係は必須です。

責任感をもって仕事を全うできるということをアピールできるエピソードがあるとよいでしょう。

また、審査や督促などの業務では他の部署と調整を行ったり、クレーム対応をしたりすることもあるため、チームワークや接客力も必要です。

学生時代にこうした経験があれば、自己PRに盛り込むとよいでしょう。

クレジットカード会社の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でクレジットカード会社への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで添削を無料で受けるのもおすすめです。

金融の分野に強い転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、業界情報を聞くことができたり、クレジットカード会社の「非公開求人」の情報を得ることもできます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。