ブライダル企業への転職

中途採用も活発

ブライダル企業では、新卒採用のみならず、中途採用も比較的活発に行われているようです。

その理由のひとつとして、業界全体としての離職率の高さが挙げられます。

女性が多い業界であるため、結婚や出産を機に退職する人もいますし、労働時間や収入を理由に辞める人もいるようです。

中途採用の求人はたくさん出ているため、転職希望者にはチャンスは大きいといえるでしょう。

なお、ブライダル企業というと、ウエディングプランナーが思い浮かべられることが多いですが、その他にも営業や企画、総務、人事など、さまざまな職種の募集があります。

未経験からでも転職できる?

転職を考えるときに気になるのが、未経験や、経験が浅い場合でも採用されるのかということでしょう。

企業によって異なりますが、やはり即戦力になれる人が歓迎される傾向は強いようです。

たとえば、過去にウエディングプランナーとしての経験があれば、同業種での転職はさほど苦労することはないでしょう。

また、ブライダル業界での仕事の経験はなくても、その他の種類の接客業やサービス業、あるいは営業職としての経験があれば、プラスに評価されることもあるようです。

コミュニケーションスキルが重視される仕事です。

憧れだけでは務まらない仕事

ブライダル業界は、その華やかなイメージから、どうしても憧れを抱かれやすく、とくに女性からの人気が高い仕事です。

しかし、その働き方や労働環境は決して恵まれているとは限りません。

残業時間が多かったり、休日出勤も求められたリするわりに、さほど給料がよくないといわれています。

また、対人関係の要素が強い仕事であるだけに、多大なストレスを抱えることにもなりがちです。

そんな苦労がありながらも、「結婚式」というイベントに深く関わってお客さまに笑顔と感動をお届けする仕事がしたいのか、よく考えてから転職を実行したほうがよいでしょう。