ブライダル企業の種類

ブライダル業界では、会社ごとにさまざまな事業を展開しています。

ここでは、ブライダル業界のおもな企業の種類を紹介していきます。

専門式場運営企業

結婚式を行うことを目的に作られた専門の式場を運営する企業です。

大手企業の場合、全国に複数の式場を運営しているところもあります。

プロデュースと式場運営を自社内でトータルで手掛けていることが多く、充実した施設があり、また専門スタッフも数多く揃っていることから、お客さまの結婚式のさまざまなニーズに応えることができます。

また最近では、レストランウエディングやハウスウエディングのニーズに対応すべく、レストランやゲストハウスを運営している企業も増えつつあるようです。

ブライダルプロデュース企業

中小企業で、式場の運営はしていない場合でも、結婚式のプロデュースのみを手掛けている企業はたくさんあります。

「オリジナリティある結婚式がしたい」「海外ウエディングがしたい」といった、お客さまの多様化する結婚式のニーズに対応し、サービスを充実させている企業が多いようです。

ホテル

宿泊ができるホテルでも、昔からよく結婚式が行われています。

規模は大小まちまちで、シティホテル、リゾートホテルなど、ホテルの種類もさまざまあります。

ホテルスタッフとして、高いレベルでの接客・おもてなしを中心としたサービスが手掛けられていきます。

とくに婚礼部門に力を入れているホテルでは、お客さまのさまざまなニーズに応えていけるプランニングに力を入れているようです。

異業種企業のブライダル事業

最近では、アパレルなどもともとブライダル業界とは異なる種類の企業が、ブライダル事業に参入する例も出ています。

そうした企業では、まったく異なる事業も手掛けながら、一方ではブライダル事業を一本の柱として位置付けています。

こうした企業も今後増えていくかもしれません。