ブライダル企業社員になるには

ブライダル企業への就職を目指す

ブライダル企業社員は、結婚式場の運営や、挙式サービスを手掛ける企業で働くことができます。

大手企業の場合、自社で複数の結婚式場を運営し、またチャペルやガーデン、レストランなど、多様な結婚式のスタイルに対応できる体制をとっていることが特徴です。

さらに、海外でのブライダル関連事業へ乗り出している企業もあります。

中小企業では、結婚式場の紹介サービスや、個々のお客さまの希望のウエディングのスタイルを実現させるためのプロデュースを専門に行うところなどもあります。

また、最近では、アパレル企業など異業界の企業がブライダル事業へ新規参入するケースも出ており、そうした企業もブライダルの仕事をしたい人の就職先の選択肢となっています。

同じブライダル系の企業でも、会社によって事業規模や事業内容が異なるため、よく調べてから就職先を決定することが重要といえるでしょう。

必要な学歴は?

ブライダル業界は、さほど学歴が重視されない業界といわれています。

最も多いのは、ブライダル系の専門学校を出て、そのままブライダル企業へ就職をするルートといえるでしょう。

ブライダル系の専門学校であれば、早くからブライダルの仕事の基本や業界の基礎知識を学べ、即戦力としての活躍が期待されます。

とくに現場での顧客サービスに携わりたい場合は、専門学校卒業が有利とされています。

大手企業では大卒者を中心に採用しているところもあります。

大卒であれば現場のマネジメントや、本社における企画や管理系の仕事、さらに幹部を目指していくキャリアが用意されている場合が多いようです。

また、高卒の人でも就職できる企業もあります。

意欲次第で、どのような学歴の人でも就職できるブライダル企業が見つかるでしょう。

プランナーやプロデューサー以外にもさまざまな職種が

ブライダル企業の仕事というと、どうしてもプランナーやプロデューサーなど、お客さまに対してブライダルの提案をする仕事が思い浮かべられがちです。

しかし、ブライダル企業では、それ以外にもお客さまを見つける営業の仕事、世の中のブライダルのニーズを探り出す企画やマーケティングの仕事、さらに会社で働く人を支える総務や経理といった管理系の職種など、さまざまな仕事に従事する人が活躍しています。