ブライダル企業の就職、求人、募集の状況

ブライダル業界は人気が高い

ブライダル業界は、華やかなイメージが根付いているせいか、学生の就職活動では人気の業界のひとつとなっています。

とくに「ウエディングプランナー」を目指したいと考える若い女性は多いようです。

業界トップの大手企業になると、ほぼ毎年、定期的な新卒採用が行われていますが、どうしても競争倍率は高くなりがちであるため、しっかりと対策を練っておいたほうがよいでしょう。

ウエディングプランナーの仕事

専門学校とのパイプが強い場合も

全国には、ブライダル業界志望者向けの専門学校がいくつか存在します。

こうした専門学校の卒業生は、やはりブライダル企業へ就職する人が多いために、企業と専門学校の間で強いパイプができている場合があります。

企業によっては、特定の専門学校にのみ求人を出していることもあるようです。

専門学校は、就職を念頭に置いた実践的なカリキュラムが組まれていることが多いため、ブライダル企業へ就職したい気持ちが早くから固まっている場合には、このような専門学校に進むことを考えてもよいかもしれません。

ただし、大手を中心に、一部の企業では大卒者を中心とした採用を行っているところもあります。

とくに幹部を目指していきたい場合は、大卒でなければ難しいこともあるため、よく調べておいたほうがよいでしょう。

憧れだけで就職するのは危ない

ブライダル企業は人気が高いですが、いざこの業界の仕事に就いた人からは、「思っていたよりも大変」という声が聞かれることがあります。

ブライダル業界はサービス業の一種であり、土日祝日は休めない場合が多いことや、お客さまの都合に合わせて働くために残業が増えがちであること、また業界内での競争が厳しくなっているなかで、ノルマや目標に追われて働かなくてはならないようなこともあります。

「何となく楽しそう」「華やかできれい」といった表から見たイメージだけでブライダルの仕事に就くと、裏側に触れたときのギャップに苦しむこともあるかもしれません。

こうしたことを避けるためにも、早いうちにブライダル業界で働く先輩から話を聞いてみたり、インターンシップを経験したり、企業説明会や見学に参加するといった経験を積んだほうがよいでしょう。