テレビ局のキー局と地方局の違い(仕事・給料など)

キー局の特徴

予算と人手が多い現場

 
テレビの業界においては、「キー局」と呼ばれる主要放送局があります。

東京に本社を置く民間の放送局である「テレビ朝日」「TBSテレビ」「フジテレビジョン」「日本テレビ放送網」「テレビ東京」のことを指します。

キー局は日本の放送業界の中心的な存在であり、高視聴率を叩き出す看板番組を多く放送しています。

キー局は予算や人手に余裕があるので独自に制作できる番組の数が多く、社員の給料も高給になるのも特徴です。

30代で年収1000万円を超えることも珍しくありません。

ただし、近年では視聴率の低迷に苦しんでいるテレビ局も多いのは事実です。

たとえキー局といえども、今後も昔のように「高待遇」「高収入」「安定」を期待できるわけではないようです。

職種ごとの採用

 

キー局の仕事の特徴としては、職種ごとの採用や育成が中心となっているため、専門性の高い仕事ができることでしょう。

就職試験の時点で、ディレクターはディレクター、アナウンサーはアナウンサー、記者は記者として採用されます。

基本的には他の部署に異動することなく、その道を究めることが多いようです。

やりたい仕事がハッキリと決まっている人は、キー局への就職をめざして努力するとよいでしょう。

その際に覚悟すべきなのは、キー局への就職は人気があり、就職の倍率が非常に高いということです。

職種によっては新卒採用で数名しか内定を出さないこともあります。

とくにアナウンサーは非常に狭き門となっていることで有名です。

アナウンサーへの熱意が強い人は、不合格の場合あえて留年して大学を卒業せず、翌年また採用試験を受けることもあります。

地方局(ローカル局)の特徴

限られた予算で制作

 

キー局に対して、全国各地にある放送局のことを、地方局(またはローカル局)と呼んでいます。

地方局は北海道から沖縄まで各都道府県にあり、地域の情報を中心に放送しています。

地方局の放送は、同じ系列のキー局の番組を放送する時間帯と、独自に制作している番組を放送する時間帯に分かれるのが特徴です。

局によってその比率は大きく異なります。

地方局はキー局ほどの高待遇というわけにはいきませんが、一般的な企業と比べると給料が高くなります。

地場産業のなかではトップクラスになることも珍しくありません。

地方局の採用もやはり狭き門であり、数名から数十名の採用となります。

総合職としての採用

 

キー局の場合は職種ごとに採用するのが一般的ですが、地方局の場合は総合職として採用することがあります。

この場合、「記者」から「営業」に異動するような他職種への異動があるということです。

地方局は人が少ないこともあり、専門性の高い人材というよりはオールマイティに何でもこなせる人材を求めていることが多いのです。

どちらかというと幅広い経験を積ませながら人材を育成していくという方針です。

「ディレクターしかやりたくない」というように職種にこだわりがある人は、キー局のほうが希望が叶いやすくなります。

自分の目指す道をよく考えて就職先を選ぶことが大切です。