証券会社の仕事、業務内容

ブローカー業務とディーラー業務

「証券会社」というと、名前は聞いたことがあるけれど実際の仕事内容がイメージできないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、証券会社の仕事内容について説明します。

まずは、証券会社の業務の柱となる「ブローカー業務」。

これは簡単にいうと株式の売買の窓口となる業務のことです。

株式を売りたい人と買いたい人の注文を仲介して証券取引所に取り次ぐことで売買の手数料を手に入れることができ、証券会社にとって大きな収益につながります。

また、証券会社自体が市場での売買に参加することもあり、これを「ディーラー業務」といいます。

売買によって収益を得られることもあれば判断を誤って大きな損失を出してしまうこともあるので、金融に関する知識や経験が豊富なベテラン社員だけがこの業務を任されます。

アンダーライター業務

この他に、「アンダーライター(アンダーライティング)」と呼ばれる業務があります。

株式会社や国が株式や債券を新たに発行するときに、証券会社がその全部あるいは一部を買い取り、発行や募集の手続きを行って売り出すことです。

この業務を引き受けることで証券会社は株式会社や国から販売代行手数料を得ることができますが、万が一にも売れ残った場合には自社で買い取らなければいけないため、リスクも大きいのが特徴です。

セリング業務

アンダーライター業務と似ている業務として、「セリング業務」というのもあります。

新たに発行される証券やこれまでに発行されている証券を多くの投資家に買い入れてもらえるように、セールスをする業務のことです。

アンダーライター業務との違いは、証券会社が売れ残りを買い取る必要はないことで、あくまでも証券のセールスにとどまります。

このように、証券会社には「ブローカー業務」「ディーラー業務」「アンダーライター業務」「セリング業務」などがありますが、すべての証券会社がこれらの業務を行っているわけではありません。

証券会社といっても、国内の大手証券会社から外資系の証券会社、ネット専門の証券会社とさまざまな企業があり、それぞれの会社で力を入れている分野は違います。

証券会社に就職を希望する人は、どのような業務に携わりたいかを考えたうえで、就職先を選ぶとよいでしょう。