証券会社の営業の仕事

リテール営業の仕事

証券会社といえば、「営業が大変そう」というイメージをもつ人もいるかもしれません。

実際、この仕事は数字に厳しいことで知られており、新人の頃からとにかく必死に営業活動をすることになります。

新人営業マンが特に苦戦するのは、一般顧客向けの営業活動である「リテール営業」といってもよいでしょう。

若手社員の多くは、いきなり大口の法人などを任されるのではなく、このリテール営業を担当することが多いのです。

個人や中小企業の新規開拓をするのが使命なので、今まで顧客ではなかった人に新たにセールスをして証券会社の口座を開設してもらい、株や投資信託などの商品を購入してもらわなわければいけません。

これが実現できれば、口座の管理手数料や、商品を売買するときに発生する手数料などが証券会社の利益となります。

しかし、金融商品のセールスというのは、決して簡単なことではありません。

顧客に勧める金融商品は、食品や宝石のようにその場で価値を確かめてもらえるものとは異なります。

実態が目に見えず価値が変動するリスクも含んでいる株や投資信託に対して、お客さんによっては「うちは投資はやらないから」「株なんて絶対に手を出さない!」と強い拒絶反応を示すことも珍しくありません。

それでも、何度も足を運んで親しくなり信頼されるようになると、購入に踏み切ってくれる顧客が現れます。

この嬉しい瞬間を迎えるために、営業マンは毎日コツコツと足を使ってリテール営業を続けているのです。

スケールの大きいホールセール業務

リテール営業とは対照的に、大企業や投資家、公共機関などの大口の顧客を対象とした業務のことを「ホールセール事業」や「ホールセール業務」といいます。

株式や債券を引き受けたり資金調達や運用の手助けをしたり、M&Aの仲介をしたりするのが仕事となり、規模も運用額もぐっと大きくなります。

就職活動中の学生やリテール営業をしている社員のなかには、ホールセールの業務に就くことを熱望している人も多いのですが、簡単にこの仕事にたどり着けるわけではありません。

仕事のスケールが非常に大きいということもあり、成果を出せた人だけがこの業務に就くことができるといわれています。