「社会福祉士」とは

社会福祉士_画像

日常生活が困難な人の相談にのり、一人ひとりの事情に合う福祉サービスを提供する。

社会福祉士は、福祉施設や自治体の福祉事務所において、介護を受ける人やその家族の相談役としての役割を持つ仕事です。

他の医療や介護などの専門家と協力しながら、福祉サービスを受けられるように援助を行い、問題を解決します。

ソーシャルワーカーや生活相談員とも呼ばれます。

相談員の仕事は、必ずしも資格が必要ではありませんが、社会福祉士国家試験に合格し、社会福祉士の資格を取得していると、就職や待遇で有利になることがあります。

国の福祉制度が多様化、複雑化してきている一方で、福祉制度を必要としている人も増えてきています。

多種多様な制度をどのように利用できるかをサポートする社会福祉士の重要性は、今後ますます高まっていくと考えられます。

「社会福祉士」の仕事紹介

社会福祉士の仕事内容

さまざまな悩みを解消する社会福祉の専門家

社会福祉士は、介護を必要とする人や、その家族の相談役となって働く人のことをいいます。

おもに福祉施設や自治体の福祉事務所に勤務し、必要に応じて他の介護系・医療系の専門スタッフとも連携し、相談者それぞれの事情に合った福祉サービスを提供していきます。

なお、社会福祉士は「名称独占資格」にあたるため、社会福祉士国家試験に合格した人のみが「社会福祉士」と名乗ることができますが、施設によっては社会福祉士の有資格者のことを「ソーシャルワーカー」や「生活相談員」と呼ぶこともあります。

社会福祉士の就職先・活躍の場

介護・医療・福祉など、活躍できる領域は多彩

社会福祉士のおもな活躍の場は、社会福祉施設や医療機関、行政機関、独立型社会福祉士事務所などが挙げられます。

施設によっては、社会福祉士の有資格者は「生活指導員」「児童指導員」「生活相談員」「査察指導員」などという肩書をつけて働くこともあります。

勤務先によって、高齢者や身体機能にハンディキャップを抱える人、子ども、生活困窮者など、社会福祉士がサポートする人の年齢や立場は変わってきます。

また社会福祉士は、独立して自ら事務所を開業することも可能です。

社会福祉士の1日

人と触れ合う時間が長い

社会福祉士の1日のスケジュールは勤務する施設によって変わってきます。

机の前に座って相談者に対応する場合もあれば、老健施設など勤務先によっては介護業務にあたることもあります。

ここでは一般的な福祉関連施設に勤める社会福祉士のある1日の流れを紹介します。


08:30 出社
情報の整理や共有、今日のスケジュールの確認。

09:00 相談者の家に訪問
相談者の家に訪問して現状の確認や希望するサービスなどについての打ち合わせ。
場合によっては数件回ることになります。

11:00 電話対応
訪問から早めに戻ることができれば、施設にて相談者からの電話に対応します。

12:00 お昼休み

13:00 打ち合わせ
関連するサービスを担当する施設や行政機関の担当者と打ち合わせを行います。

15:00
支援計画の作成や相談者の家に訪問、相談者からの電話対応、相談者の支援計画に必要な公的書類作成などを行います。

17:00 退社
相談者からの連絡があれば、残業をして対応します。

社会福祉士になるには

社会福祉士国家試験への合格後に就職

社会福祉士と名乗って働くには、「社会福祉士国家試験」に合格しなければいけません。

社会福祉士国家試験の受験資格を得る方法は複数ありますが、代表的なものとしては、福祉系の4年制大学で所定の課程を修了するか、福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1〜2年経験する方法があります。

また、一般の4年制大学・短期大学を卒業した人も、定められた養成施設への通学や所定の実務経験を積むことなどによって、国家試験の受験が可能になります。

国家試験合格後は、福祉施設や医療施設、行政機関などへ就職するのが一般的なルートです。

社会福祉士の学校・学費

福祉系の4年制大学で学ぶメリットは大きい

社会福祉士の資格を得るためには、まず社会福祉士国家試験を受験するための資格を得ないといけません。

そのルートはいくつかあり、一般大学や短大からでも社会福祉士になることは可能ですが、福祉系大学や福祉系短期大学で所定の指定科目や基礎科目を修了しておくと、早い段階で国家試験の受験資格が得られます。

福祉系の大学であれば在学中に福祉の法律や制度をはじめ、社会福祉士の仕事に関連する専門科目などについても学ぶことができ、国家試験対策にあたっても有利になるでしょう。

社会福祉士国家試験の受験者数比率が最も大きいのも、福祉系の4年制大学となっています。

一方、学費をできるだけ抑えたいといった場合には、福祉系短大を出てから実務経験を積んで、国家試験にチャレンジすることも可能です。

また、福祉系大学の中には通信教育に対応している学校もあります。

社会福祉士の資格・試験の難易度

合格率は毎年30%程度

社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」による国家資格で、社会福祉士国家試験に合格した人のみが「社会福祉士」と名乗ることができます。

社会福祉士国家試験の特徴は、出題範囲が多岐にわたっていることです。

難易度は国家試験のなかでは普通くらいとされますが、合格率は毎年30%弱程度となっており、決して油断できる試験とはいえません。

また、年々少しずつ難しくなっているという声も聞かれるため、計画的に勉強し、不得意な分野をなくしておくとよいでしょう。

社会福祉士の給料・年収

福祉業界では安定した収入が見込みやすい

社会福祉士は国家資格であることなどから、福祉業界では比較的恵まれた水準にあるといわれています。

とくに、自治体の社会福祉協議会、福祉事務所、児童相談所などで公務員として働く場合には、各地方自治体の公務員給与規定に準じた安定した収入を得ることができ、休日数や福利厚生面でも手厚い待遇を受けることができます。

民間施設であれば、その地域での公共機関での勤務と同程度の給与となることが多いようですが、勤務先によって違いは出てくるでしょう。

さらなるキャリアアップを望むのであれば、他の福祉関連資格を取って携われる業務の幅を広げていったり、独立開業を目指したりする道も考えられます。

社会福祉士のやりがい、楽しさ

たくさんの人と触れ合い、困っている人を助けられること

社会福祉士のやりがいは、悩みを抱えていた人を的確に支援することで、立ち直っていく姿を目の前で見られることです。

困っている人と行政、法律をつなげて問題を解決していくことは、単なる作業ではなく「人と人の繋がり」を作っていくことでもあります。

多くの人と関わり、困っている人を助けることができれば、相談者からの感謝だけでなくさまざまな人たちからもいたわりの言葉をもらうこともあります。

そんな人とのたくさんの触れ合いや、ぬくもり、やさしさなどを感じられることは、社会福祉士のやりがいもひとつだといえます。

社会福祉士のつらいこと、大変なこと

相談者の悩みや困りごとは人それぞれ異なる

社会福祉士の仕事では、悩みを持った相談者から話を聞くことがスタート地点となります。

しかし、相談者の状況によっては、悩みが深刻であっても支援が十分に行えないこともあり、そのようなときはつらい気持ちを感じるかもしれません。

相談者の悩みや状況は人それぞれ異なるため、それに適切に対応し続けることは、心身ともに多大なエネルギーを消費します。

この仕事に限らず、福祉や介護の現場では離職率が高い傾向があるため、社会福祉士もやりがいと理想を胸に仕事についたものの、現実の厳しさに直面して悩んでしまう人もいるようです。

社会福祉士に向いている人・適性

コミュニケーション能力と調整力が必須

社会福祉士は、多くの人と関わる仕事です。

また、困っている人を助ける役割を担うことから、「人のためになりたい」と思えることや、人の話を聞くことが好きな人は、この仕事に向いているといえます。

どの施設に勤めるにしても、社会福祉士にはさまざまな「相談事」が持ち込まれます。

困っている人の話をよく聞き、問題点を探り出したうえで、行政機関や社会福祉機関などを的確に利用した支援を計画しなければいけません。

各所との打ち合わせや調整が必要な場面が多いため、高いコミュニケーション能力も必要になります。

社会福祉士志望動機・目指すきっかけ

人の悩みに向き合うことが原点

社会福祉士という仕事に就いている人の誰もが、最初から「社会福祉士になりたい!」と強く思っていたわけではありません。

たとえば友人の相談にのったことや、家族の悩みを聞いたことなどから、「誰かの力になりたい」という気持ちが強くなり、そこから困りごとを抱える人を助ける社会福祉士という職業にたどり着くケースも多いようです。

それ以外では、職業体験や学校での講演会などで現役の社会福祉士に出会っていたり、職業の適性検査などの結果から、社会福祉士への道を選ぶ人もいます。

社会福祉士の雇用形態・働き方

自分が希望する働き方をよく考えてから就職を

国家資格である社会福祉士は、ほとんどの場合で正社員や常勤として雇用されます。

ただし、社会福祉士として働ける場の選択肢はたくさんあるため、就職先を探す際には自分の生活スタイルを優先するのか、「子どもたちと多く触れ合いたい」や「高齢者の力になりたい」など、相談者の年代や種類に合わせて選ぶのか、といった点を考える必要があるでしょう。

職場によっては日勤で土日休みのところもあれば、24時間交代制でのシフト制勤務になるようなところもあります。

いずれにせよ、社会福祉士はたくさんの人を助けることができる一方、心身に負担もかかりがちな仕事でもあります。

就職してから不満がでることがないように、雇用形態の確認はもちろん、施設の理念や職場の雰囲気などには気を配っておいた方がいいでしょう。

社会福祉士の勤務時間・休日・生活

日勤が基本だが、不規則な勤務時間となる職場も

社会福祉士の勤務時間は、勤務する施設に変わってきますが、おおよそは日勤の一般的な会社員と同じ時間帯となる場合が多いようです。

ただし、相談者の事情によっては訪問して現状を確認したり、面談を行わないといけないこともあるため、残業や休日出勤で対応する可能性もあります。

また、夜間に相談者への電話応対などを行なったり、介護と相談員の両方の仕事をする場合には、24時間体制でのシフト制の勤務となることがあります。

休日は勤務する施設次第となりますが、土日が休みとなる場合が多いとされています。

シフト制勤務の職場では、平日が休みになることもあるようです。

社会福祉士の求人・就職状況・需要

就職場所に困ることはほとんどない

今後、超高齢化社会を迎えるとされる日本において、高齢者福祉に携わる人材は大量に必要となります。

社会福祉士の需要も例外ではなく、求人数、採用数とも今後さらに増えてくると予想されます。

とくに社会福祉士は、福祉関連資格のなかで最上位とされる国家資格のひとつであり、比較的良い待遇で採用されることも多いようです。

就職先の種類も多岐にわたるため、自分の目標や関わりたい仕事に合う職場を見つけやすいのもメリットといえます。

しかし、すぐに専門的な仕事を任されるとは限らず、未経験者や新卒者の場合は、国家資格を持っていてもまずは介護職として経験を積んでいくこともあるようです。

社会福祉士の転職状況・未経験採用

自分の時間を優先できる通信教育

高齢化社会が進む一方で社会福祉業界では人材不足が課題となっており、社会福祉士の需要も増しています。

そのため、他分野から新たに福祉業界に足を踏み入れることも十分に可能だといえます。

社会人経験のある社会福祉士は、さまざまな経験を有する点から採用面で優遇されるケースも多く、新卒の社会福祉士よりも就職活動で有利ともいわれています。

ただし、実際には社会福祉士の有資格者でも介護職と同じ仕事を任される職場もあるとされており、安定した職場での社会福祉士の求人は決して多くはないことも覚えておきましょう。

また、公務員の社会福祉士を目指すならば、採用時の年齢条件に留意する必要があります。

社会福祉士の現状と将来性・今後の見通し

自分の目指す姿にむかって、安心して働ける職場を選ぶ

社会福祉士のニーズは年々高まってきています。

高齢化社会が進んでいくなか、社会福祉全般の相談支援を担う社会福祉士の役割は増えつつあります。

社会福祉士としての就職先の選択肢は自治体や病院、社会福祉法人など多岐に渡るため、仕事内容を選ばなければ、将来にわたって就職に困ることはないといってもいいでしょう。

しかし、福祉施設の生活相談員として採用された場合、現場で介護や生活指導を兼務する場合も多く、相談支援業務に専念できないなどの業務上の問題が生じることがあります。

また、施設によっては給与面や待遇面に不安が残るところもあるようです。

将来を見据え、長いスパンで就職を考えるなら、職種の下調べをおこない、安心して納得した仕事ができる職場を選ぶことが重要です。