このサイトは手話通訳士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「手話通訳士」

仕事内容
手話通訳士とは、聴覚に障害を持つ人が健常者とコミュニケーションを図るために、「手話」の技法を用いて「通訳」を行う仕事です。外国語の通訳者と同じように、健常者が話す日本語を手話に直したり、障害者が使った手話を日本語に直したりして、言葉を目に見える形に直していきます。ただ手話技術を磨くだけでなく、障害を持つ人が生きる世界や考え方を理解し、常に相手の気持ちに立って手話を行う姿勢が求められます。
なるには
手話通訳士は特別なスキルを要する仕事ですが、今のところ国家資格は存在せず、スクールなどで手話を学べば、誰でも仕事を始めることができます。ただし、厚生労働省が認定する「手話通訳士」の資格を持っていると、裁判や警察、選挙関連など公的な場面で仕事ができるようになり、活躍の幅は広がります。手話通訳士としての仕事だけで活躍する人は決して多くなく、公共や民間の福祉関係施設で「手話のできる職員」として、介護職や生活相談員と兼務する人が大半となっています。
給料
福祉関連施設に勤務する場合、常勤か非常勤かによって、給料や待遇に差が出るのが一般的です。非常勤の場合、だいたい時給1000円~1500円程度となりますが、社会福祉士や介護福祉士の資格を持っていると時給1500円以上を得られたり、社会保険制度やボーナスの支給など、待遇面で優遇されることがあるようです。都道府県庁や区・市役所などの福祉課に公務員として勤めれば、安定した収入を得られやすくなるでしょう。
将来性
障害者の社会参加が進む中、専門知識とスキルを持つ手話通訳士の需要は確実に高まっています。しかし、現時点ではまだボランティア色が強く、手話通訳士の仕事だけで食べている人は、日本全国でわずか10人程度ともいわれています。この状況はすぐには変わらないと思われるため、別の仕事をしながら休日にボランティアとして働いたり、地域の登録通訳者になって身近なところから障害者のサポートをしていくなど、さまざまな活動の仕方を考えてみることが必要といえそうです。