このサイトは心理カウンセラーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「心理カウンセラー」

仕事内容
心理カウンセラーは、ひきこもり、不登校、摂食障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)をはじめとする心のトラブルを抱えるクライアントに対し、心理面からサポートをする仕事です。心理学の専門知識を生かした「カウンセリング(クライアントとの面談)」を中心に、「行動療法」「精神分析療法」といったさまざまな心理療法を実践しながら、クライアントが抱える心の問題を、クライアント自身が解決できるよう手助けしていきます。医療、教育、福祉、産業など、さまざまな領域で必要とされている仕事です。
なるには
心理カウンセラーは「心理学の知識をもって人の相談にのり、相手が抱える心の問題を解決に導く人」のこと全般を指して使われることが多く、どのような場所で働くのか、どのような仕事をしたいのかによって、なるための道筋は異なります。現在は心理系の国家資格がなく複数の民間資格が乱立する状態ですが、最も専門性が高いとされる「臨床心理士」の資格を持っていると就職先の幅が広がるでしょう。ただし、この資格を得るには大学院で心理学について学ばなくてはなりません。病院や学校に勤める人のほか、公務員採用試験を受けて行政機関の心理職に就く人もいます。
給料
心理カウンセラーの給料は勤務先などによって異なりますが、多くの人は「非常勤」として働いており、安定した収入を得るために複数の職場を掛け持ちしている人も少なくありません。年収のボリュームゾーンは300〜400万円といわれているものの、実力や経験によってもだいぶ差が出るため一概にはいえません。なかには専門職扱いで基本給が高めに設定されていたり、資格手当が別途支給されるところもあるようです。独立して働くことも可能な仕事であり、事業が軌道にのれば高額な収入を得ることもできます。
将来性
価値観の多様化によって選択肢が増えた一方、「生きづらさ」を感じて苦しんでいる人も増えているといわれる現代社会。心理カウンセラーには、さまざまな価値観を柔軟に受け入れながらも、各領域において高い専門性を発揮し、一人でも多くの人の悩みを解決に導く本物の力が求められています。今のところ、まだ心理カウンセラーの社会的地位は確立しきっていないといわれますが、活躍の幅が広がっていることも確かです。地道に専門性を高め、実力をつけていくことが成功するための重要なポイントとなるでしょう。