「精神保健福祉士」とは

精神保健福祉士_画像

精神上の障害を抱える人や家族の相談にのり、社会参加のための助言や手助けを行う。

精神保健福祉士は、精神上の障害がある人たちやその家族の人たちの相談を受け、日常生活訓練をする施設を紹介したり、就職に対するアドバイスを行ったりして、よりよい生活を送ることができるように援助する仕事です。

同じソーシャルワーカーの国家資格として、社会福祉士がありますが、社会福祉士が福祉全分野を扱うのに対して、精神保健福祉士は、精神障害者に特化して援助を行います。

精神保健福祉士は、国家資格となります。

取得するためには福祉系の大学を卒業するなど複数の方法があります。

精神病院や総合病院の精神科への就職が一般的ですが、求人数はあまり多くはありません。

心の健康の重要性が高まる中、精神保健福祉士の役割も広がっていくと考えられています。

「精神保健福祉士」の仕事紹介

精神保健福祉士の仕事内容

精神上の障害を抱える人や、その家族を援助する

精神保健福祉士は、精神上の障害がある人たちやその家族の人たちの相談を受け、上手に社会生活を送るための援助をする仕事です。

「PSW(Psychiatric Social Worker:精神医学ソーシャルワーカー)」と呼ばれることもあります。

精神保健福祉士は、相談者の生活の支援や社会復帰のための訓練、環境の改善などについて、医療、保険、福祉、司法施設などの各分野と連携・調整しながら、相談者にとって過ごしやすいライフスタイルを考えていきます。

社会福祉士など仕事内容が似たような職業は他にもありますが、精神に障害を持つ人に特化して援助を行うことが精神保健福祉士の特徴です。

精神保健福祉士の就職先・活躍の場

医療や地域などがおもな活躍の場

精神保健福祉士の勤務先は、大きく精神病院や総合病院の精神科などの「医療機関」、保健所や精神保健福祉センターなどの「行政機関」、そして精神障害者復帰施設などの「精神障害者施設」の3種類に分けることができます。

それぞれの現場で精神に障害を抱える人のサポートを行うことになりますが、具体的な業務内容は少しずつ変わってきます。

たとえば医療機関では、医師と連携しながら入院患者さんが退院後に社会復帰するまでをトータルでサポートしていき、福祉の行政機関では各種の支援事業の手続きや地域の精神福祉の充実を図る計画の立案などにも携わっていきます。

どの現場でも、相談者の生活をサポートし、医療や行政、法律などの橋渡しとなる役割であることに変わりはありません。

精神保健福祉士の1日

相談内容次第で各サービスと連携する

精神保健福祉士の1日のスケジュールは、勤務する場や施設によって変わってきます。

ただし、どこの施設でも毎日同じスケジュールをこなしているわけではありません。

ここでは、病院の精神科で働く精神保健福祉士のある1日のスケジュールを紹介します。

08:30 出勤
当日のスケジュールを確認。他のスタッフと患者さんの状態を聞いて情報共有を行う。

09:00 午前の診察や回診
外来の患者さんや家族と面談。相談の内容によっては福祉事務所などに連絡して生活保護などの申請を行うことも。

それ以外でも、退院後のアパートの契約や消費者相談センターとの協議、遺産相続問題への対処など、患者さんに合わせてさまざまな事案に対応していきます。

12:30 昼休憩

13:30 午後の診察
外来の患者さんや家族などとの面談や入院患者との相談なども行います。

17:00 情報の引き継ぎ
夜勤担当者へ患者さんの状態などを引き継ぎます。

17:30 退勤
勤務時間外の時間を使って勉強会に参加することも。

精神保健福祉士になるには

まずは受験資格を得る必要がある

精神保健福祉士は「名称独占資格」となっており、精神保健福祉士を名乗って働くためには、精神保健福祉士国家試験に合格する必要があります。

ただし、この試験には受験資格があり、福祉系の大学で所定の課程を修了するか、福祉系の短大で所定の課程を修了後に相談援助の実務経験を積むなどのルートをたどる必要があります。

なお、一般の大学や短大を出ても、その後、定められた養成施設での学びや実務経験を積むことで試験の受験は可能です。

資格を取得すると、医療機関への就職を目指したり、公務員の精神保健福祉士を目指していく人が多くなっています。

精神保健福祉士の学校・学費

資格を得られる学校はたくさんある

精神保健福祉士の受験資格を得るために通う学校として、最初に挙げられるのが福祉系大学と福祉系短期大学です。

とくに高校卒業後に精神保健福祉士を目指すのであれば、福祉系の4年制大学を卒業するのが最短ルートとなります。

精神保健福祉士になるための科目が用意されている学校であれば、所定の課程を修了することで国家試験も受けられますし、在学中に精神保健福祉士の仕事に必要な基礎的な力も身につけられるでしょう。

福祉系大学のなかには通信教育を行なっている学校もあるため、立地や学費面などから通学するのが難しい場合には、利用を考えてみるのもいいでしょう。

精神保健福祉士の資格・試験の難易度

さまざまなルートから受験に臨む人がいる

精神保健福祉士として働くには「精神保健福祉士国家試験」に合格しなければいけません。

この試験の合格率は、例年60%前後となっています。

数字としてはそこまで低いわけではありませんが、福祉について専門的に学んできた人などが受けている試験ということを考えると、決して易しくはないと考えておいたほうがよいかもしれません。

ただし、精神保健福祉士国家試験の受験資格を得るためのルートはいくつもあり、一般大学から実務経験等を経て、一般養成施設を卒業して臨んだ受験者も多くいます。

全体的にみると、福祉系の4年制大学を卒業している人のほうが、合格率は高くなる傾向になるとされています。

精神保健福祉士の給料・年収

国家公務員の水準に準じた形となるのが一般的

精神保健福祉士の給料は施設によってばらつきはでてきますが、平均すると300万円から450万円くらいの幅で収まっているようです。

そこまで優遇されているとはいえませんが、一般的には国家公務員の給料に準じたものになることが多く、基本給は低く設定されていても福利厚生がしっかりとしており、安心して働ける職場も目立ちます。

一方、小規模な施設の場合、給料や待遇があまりよくない場合もあるため、気を付けて調べてみてください。

キャリアを積んでいくことや、責任ある職務に就くことで昇給の可能性は高くなります。

精神保健福祉士のやりがい、楽しさ

相談者の方からの感謝の言葉がやりがいに

精神保健福祉士にとっての大きなやりがいのひとつは、心の悩みを抱えた相談者が、社会へと復帰していく姿を見ることができることです。

この仕事では、相談者やその家族との触れ合いを通して、健常者には気がつきにくい悩みなども知り、多彩な人生に関わることができます。

相談者の心を少しずつ開いて信頼を得ていくことで見ることができる笑顔や、「ありがとう」という純粋な感謝の言葉をもらうことができるのは、精神保健福祉士にとってとてもうれしい瞬間です。

精神保健福祉士のつらいこと、大変なこと

さまざまな悩みに寄り添わなくてはならない苦労

精神保健福祉士の仕事は、資格を取得することがゴールではありません。

日常業務では精神に障害を抱える人とたくさん接していきますが、とくに経験の浅いうちは、相手とコミュニケーションを上手にとることができなかったり、相手の困りごとや悩みを理解することに苦労してしまうこともあるかもしれません。

性格や個性はもちろん、状況や抱える悩みも一人ひとり異なる相談者と深く向き合うことは、思っている以上に大変なことでもあります。

理想と現実とのギャップや職場の人間関係に疲れて職場を離れていく人もいるため、しっかりとした目標や覚悟をもって、仕事に取り組む気持ちが求められるといえるでしょう。

精神保健福祉士に向いている人・適性

思いやりを持ち、苦しむ人の力になりたいと考えられる人

精神保健福祉士は、精神に障害を持ってしまった人の生活をより良くするために、関連機関などと連携をとりながら適切な援助を行います。

そこで必要になってくるのは、福祉関連の専門的な知識はもちろんですが、困っているさまざまな人を一人の人間として尊重し、その人たちが社会復帰できるよう何とか助けになりたいという気持ちです。

また、根気よく相談者と向き合って少しずつ信頼関係を築いていかなくてはならないため、本質として人と関わることが好きだったり、人の話を聞くことが好きで、人のためになりたいと考えられる人に向いている職業といえます。

精神保健福祉士志望動機・目指すきっかけ

実体験から精神保健福祉士を目指す人も

精神保健福祉士となった人たちはさまざまなきっかけで、この職業を目指しています。

なかには、自分の体験によって、この仕事に興味を持つ人もいるようです。

自分自身が精神の病気を患ったわけでなくても、先生などに支えられ悩みを克服したことで人の悩みに寄り添う仕事がしたいと考えるようになった人もいれば、家族・友人が精神を患い、そのときに精神保健福祉士に出会ったことが目指すきっかけとなる人もいます。

また、職業経験やボランティア活動で、精神に障害を持つ人に触れ合ったことで、そのような人をサポートしたいと考える人もいます。

きっけかとなる事例はいくつもありますが、「人の力になりたい、人をサポートする役割につきたい」との思いから精神保健福祉士を目指す人が多いようです。

精神保健福祉士の雇用形態・働き方

アルバイト・パートで働くことも可能

国家資格である精神保健福祉士は、正社員で雇用されることが多いようです。

しかしながら、精神保健福祉士そのものの求人は、「社会福祉士」や「ケアマネージャー」などに比べると、そこまで数が多いわけではありません。

常勤や正社員としての雇用を希望していても、なかなか条件のいい求人を見つけるのが難しいこともあるでしょう。

病院などでは常勤スタッフとして働く人もいれば、アルバイトやパートの形で非常勤での働き方をしている人も決して少なくありません。

このほか、障害者センター、自立支援センターや福祉ホームといった福祉関連施設でも、アルバイト・パートの募集があります。

精神保健福祉士の勤務時間・休日・生活

勤務先によっては夜勤や当直が入る可能性も

精神保健福祉士は、勤務する施設によって休日や勤務時間が変わってきます。

行政に関わる施設の場合は、公務員と同じような勤務時間で、土曜や日曜が休みになります。

それ以外の施設に勤務する場合の勤務時間は、日勤が基本となっていますが、病院など夜間の対応が必要な職場については、シフト制で夜勤や当直が組み込まれていたり、休日が不規則になる場合もあります。

残業や休日出勤はあまり発生しない施設が多いようですが、人手不足の職場や、年度末や繁忙期には連日遅くまで残務処理に当たることもあるようです。

精神保健福祉士の求人・就職状況・需要

とくに都市部での需要は大きい

精神保健福祉士の求人は、現状かなりニーズが高いといえるでしょう。

また、求人募集が多いにも関わらず応募者が少ないという声も聞かれ、国家資格を取得することができれば、全国各地で就職先に困ることはさほどなさそうです。

とくに、精神障害者の社会復帰や社会全体の精神福祉を向上させようとする目指す国の方針が明確になってきている現代では、精神保健福祉士の活躍の場も多様な分野へ広がりを見せています。

ただし、精神保健福祉士の需要はは都市部と地方とで差が出やすく、地方では「介護福祉士」や「ケアマネージャー」の資格を併せ持っていることが募集条件になっているケースもよく見られます。

精神保健福祉士の転職状況・未経験採用

未経験からでもスタートできるが、国家資格は必要

精神保健福祉士は、医療機関や福祉施設、行政、司法施設など多岐にわたる領域で活躍することができますが、都市部を除くと、精神保健福祉士としての採用はそこまで多いわけではありません。

また、いずれの場合でも精神保健福祉士としての求人が出される場合には、国家資格の有資格者であることが前提条件となります。

未経験から精神保健福祉士の国家資格取得を目指していくことも可能で、受験生の約61%は福祉系の大学・短大出身ではない一般養成施設の卒業者となっています。

また、50代以上で精神保健福祉士の資格取得を目指す人も一定数いるようです。

精神保健福祉士の現状と将来性・今後の見通し

職域は広がっているが、勤務先選びは慎重に

精神保健福祉士は、社会全体が抱える「心の問題」という大きなテーマに取り組んでいくよう、さらに積極的な活動が求められています。

とくに、現在では生活支援サービス分野における精神保健福祉士の役割が大きくなっており、グループホームやケアホーム、生活保護法で設置される救護施設や、児童養護施設などでの需要も高まっているようです。

メンタルヘルスの重要性が高まっていくことを踏まえると将来性は確実にある職業ですが、勤務先によってはあまり専門的な仕事を任せてもらえなかったり、ハードな仕事内容に見合った給与や待遇でないという声も聞かれます。

この職業でキャリアを積んでいきたいと考える場合には、自分自身でしっかりと目標を設定し、安心して働ける職場を選ぶことが重要だといえるでしょう。