高卒で社会福祉士の資格を取るには

高卒でも社会福祉士になれる?

社会福祉士になるためには、国家試験を受けて合格し、社会福祉士の国家資格を取得する必要があります。

しかし、国家試験には受験資格が設けられており、高卒のままでは受験資格がなく、また受験資格を得るための養成施設への入学資格もありません。

そのため、中卒や高卒から社会福祉士を目指す場合、どうやって受験資格を得るかをまず検討する必要があります。

ただ、受験資格を得る方法は複数ありますので、各自の希望や生活事情などに合わせて、さまざまなルートのなかから選択することができます。

受験資格さえ得てしまえば、あとは大卒者などと同じように、一生懸命勉強して国家試験に合格するだけですので、中卒・高卒からでも、努力次第で社会福祉士になることは十分可能です。

受験資格を得る方法

福祉系の4年制大学へ進学するルート

社会福祉士になるにあたって最もスムーズなのは、4年制の福祉系大学に進学することです。

受験資格を得るための数ある方法のなかで唯一、卒業後に別の養成施設に入り直す必要も、実務経験を積む必要もなく、すぐに国家試験を受けることができます。

入学するには、ある程度受験勉強に励まなければなりませんし、中卒の場合はまず高等学校卒業認定試験(高卒認定)に合格する必要もありますし、また経済的な負担もそれなりにかかります。

ハードルは決して低くないかもしれませんが、苦労に見合うだけの専門知識が得られますし、また就職先を探すうえでも、大卒という学歴があったほうが有利なのは間違いないでしょう。

福祉系大学のなかには、夜間課程や通信課程もありますので、学費を抑えるとともに、仕事と学業を両立させることも不可能ではありません。

社会福祉士になるなら、大学進学をぜひ一度検討してみるべきです。

福祉系の短大・専門学校へ進学するルート

どうしても4年制大学への進学が難しい場合は、2年制や3年制の福祉系短大・専門学校に通うという選択肢もあります。

大学と同じように、夜間や通信制のコースもありますし、期間が短くなるぶん、経済的な負担もより軽くなります。

ただし、短大や専門学校の場合は、卒業した後に、福祉施設などにおいて相談援助実務を経験しなければ、国家試験の受験資格が得られません。

必要な実務経験年数は学校での学習期間によって変わり、2年制学校卒業の場合は2年間、3年制学校卒業の場合は1年間です。

4年制大学と比べると、受験資格を得るまでにかかる4年間という期間は変わらないものの、仕事をしながら受験勉強をしなければなりませんので、やや不利といえるかもしれません。

どこへも進学しないルート

学歴に関係なく、福祉施設などで相談援助実務を4年間以上経験すると、一般養成施設への入学が可能となります。

一般養成施設に通い、1年以上の課程を修了して卒業すると、国家試験の受験資格が得られますので、制度上は、中卒・高卒の学歴のまま、社会福祉士になることもできます。

ただし、その場合はまず福祉施設などに就職し、相談援助を担う役職に就くことが必要になりますが、中卒や高卒で、なんの知識もなく、また実務未経験となると、働き口を見つけることはかなり困難です。

さらに、ほかのルートと比較すると、受験資格を得るための期間が最低でも1年以上余分にかかる点も大きなデメリットです。

どこへも進学せず、いきなり就職するルートは、一見手っ取り早いように思えるかもしれませんが、かえって遠回りであり、あまりおすすめできるものではありません。

高卒から社会福祉士を目指す際の注意点

中卒や高卒から社会福祉士になる場合、どんなルートを辿るとしても、資格取得まで最短で4年かかります。

社会福祉士国家試験の難易度は高く、合格率は例年25%~30%ほどしかありませんので、一発合格できるとも限らないことを考えると、5年か、あるいはそれ以上かかるかもしれません。

社会福祉士を目指すなら、最初からある程度の時間が必要となることを想定し、中長期的に無理のない計画を立てて、コツコツと目標達成に向けて勉強し続ける覚悟をすべきです。

長い道のりのなかでは、我慢しなければならないことが増えたり、また嫌なことに出くわしたりして、やる気をなくしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、最初に社会福祉士を志したときの強い気持ちを忘れず、自分を信じて、最後までチャレンジすることが大切です。

どれだけ時間がかかっても、諦めなければ、やがてそれまでの努力や苦労が報われる瞬間が訪れるでしょう。