このサイトはソーシャルワーカーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ソーシャルワーカー」

仕事内容
ソーシャルワーカーとは、病気やけが、障害を抱える人あるいは高齢者およびその家族に対し、日常生活を送るうえでのさまざまな困りごとに対する支援(ソーシャルワーク)を行う仕事です。一般的には、国家資格である「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の有資格者のことをいい、福祉施設や病院、学校、行政施設、民間企業など、多岐に渡る場所で働いています。相談者との面談を基本に、医療や福祉に関わる専門家や関連機関と連携をとりながら、相談者の困りごとを解決し、社会復帰のための援助を行います。
なるには
ソーシャルワーカーとして働くために絶対に必要な資格はありませんが、大半の施設では「社会福祉士」の国家資格を採用条件としています。社会福祉士の国家試験受験資格を得るための方法はいくつもあり、そのうち最も代表的なのは、福祉系の4年制大学あるいは4年制専門学校に通い、社会福祉士を養成するための課程で学ぶルートです。国家資格取得後は、各施設の職員採用試験や公務員採用試験を受ける必要がありますが、介護の実務経験を重ねながら試験合格を目指す人もいます。
給料
ソーシャルワーカーは多種多様な職場で働いており、勤務先の規模や地域、実務経験、勤続年数、年齢などによって給料には差があります。初任給は学歴によって差がついていることが多く、新人時代の平均年収は270〜350万円程度が相場とされています。安定した給与・待遇を望むのであれば公務員になる道が考えられますが、すべての自治体で採用が行われているわけではありません。実務経験が重視される仕事であるため、長く勤務するに従って徐々に給与アップが期待できます。
将来性
高齢化社会が進み続ける中、老人福祉施設で働くソーシャルワーカーの需要が伸びています。そのほか、医療機関や教育機関、さらには行政の施設など、多岐に渡る場でソーシャルワーカーが必要とされるケースが増えており、専門知識を深めることで多様な活躍のチャンスがあるといえます。まだまだ労働環境は整備されていないともいわれますが、比較的景気には左右されにくい分野であり、立場の弱い人に対する思いやりや細やかさや求められることから、女性にとっても力を発揮しやすい仕事のひとつです。

仕事体験談