「ソーシャルワーカー」の仕事とは

ソーシャルワーカーの仕事内容

患者さんやそのご家族の悩みに寄り添い支援をする

ソーシャルワーカーとは、病気や怪我、障害を抱える人、高齢者およびその家族に対し、疾患や障害だけでなく、日常生活を送る上でのさまざまな悩みに対する支援を行う仕事です。

一般的には、国家資格である「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の有資格者のことをソーシャルワーカーと呼びます。

公務員である生活保護課や社会福祉課、公立病院、福祉施設などはもちろん、民間企業でも活躍しています。

相談者との面談を基本とし、医療や福祉に関わる専門家や関連機関など、さまざまな種類の機関と連携をとりながら、相談者の悩みを解決し、社会復帰のための支援を行う仕事です。

ソーシャルワーカーの就職先・活躍の場

就職先で多いのは医療機関や福祉施設

ソーシャルワーカーの就職先は、主に公務員であれば福祉事務所、生活福祉課、公立病院、老人福祉施設、児童福祉施設、障害者福祉施設、そのほかに民間の病院や福祉サービスと多岐に渡ります。

最近では、学校などの教育機関に勤める方も増えており、その活躍の場は広がり続けています。

医療機関に勤めているソーシャルワーカーは「医療ソーシャルワーカー」「メディカルソーシャルワーカー」とも呼ばれ、公立機関に勤めるソーシャルワーカーは、「ケースワーカー」とも呼ばれます。

相談業務をする中で、勤めている機関だけでなく、病院や福祉施設、公立機関、行政など、さまざまな外部機関との連携が重要となります。

ソーシャルワーカー1日

病院に勤める医療ソーシャルワーカーの1日

8:00 始業前に面談スケジュールを確認します。
始業する前に、その日の流れを把握し、職員と共有します。

8:30 始業
回診に回り、入院してきた患者さんや受け持ちの患者さんの体調をチェックします。

10:00 面談業務
転院予定の患者さんとその家族と面談し、転院の必要性を話します。
介護保険の制度で不明点があれば、わかりやすく説明をします。
面談が終わり次第、転院先の病院やケアマネジャーに連携をはかります。

12:00 昼食
午後も業務ができるよう、しっかりお昼休憩をとります。

13:00 担当者会議に参加
医師や看護師、関わる医療従事者とともに、患者さんの担当者会議に参加します。
疾患だけでなく、ご家族の関係や患者さんの希望する生活にあわせて、どんなケアが必要か話し合います。

14:00 面談業務
午後も患者さんやそのご家族と面談を行っていきます。

16:00 電話業務
担当している患者さんとそのご家族の状況を、ケアマネジャー、医師、看護師、一緒に担当しているソーシャルワーカーなどに報告します。
しっかり連携をすることで、多方面から患者さんをサポートすることに繋がります。

17:00 報告、連絡
一緒に働いている職員に本日の業務、共有すべきことを報告していきます。

17:30 退勤
業務を終え、退社します。

ソーシャルワーカーになるには

社会福祉士を取得するとより有利に

ソーシャルワーカーとして働くために絶対に必要な資格はありませんが、一般病院であれば国家資格である「社会福祉士」、精神科病院であれば「精神保健福祉士」を必須条件としているところが多いようです。

社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験受験資格を得るための方法はいくつもあり、そのうち最も代表的なのは、福祉系の4年制大学あるいは4年制専門学校に通い、資格を取得する方法しょう。

ほかにも、介護の実務経験を重ねながら試験合格を目指す人もいますので、ソーシャルワーカーになるのはさまざまなルートがあります。

ソーシャルワーカーの学校・学費

資格取得はもちろん、専門知識を学ぶなら大学へ

ソーシャルワーカーになるには、絶対に学校に通う必要はありませんが、社会福祉士や精神保健福祉士を取得するのであれば、福祉系4年制大学や短大に通うのが一般的でしょう。

福祉系4年制大学で必須科目を取得する、あるいは短大卒業後に相談援助実務を1~2年経験することで受験資格を得ることができます。

福祉系の四年制大学へ通う場合はその大学にもよりますが、入学金や施設費を含めた初年度の授業料平均が約120万円となっています。

2年目以降からは、平均約80万円の学費を納めていきます。

一般大学や一般短大を卒業している方は、6か月間の短期養成施設や1年間の一般養成施設に通うことで受験資格を得ることができます。

ソーシャルワーカーの資格・試験の難易度

国家資格のなかでも難易度が高い社会福祉士

必ずしも必要ではありませんが、一般病院に勤める際に有利になるのが社会福祉士です。

国家資格である社会福祉士の合格率は、約26%~30%前後でやや難しい傾向にあります。

精神科病院で有利になる精神保健福祉士の合格率は、約60%前後でやや取得しやすくなっています。

社会福祉士の難易度が高い理由として、出題範囲がとても広く18科目もある点が挙げられます。

また、受験者の年齢幅が非常に広く、受験者の半数が働きながら勉強をしている社会人学生である点も難易度が高くなる理由の1つです。

公務員を目指す方は、資格取得だけでなく公務員試験に合格し、さらに採用試験に合格しなければなりませんので、さらに勉強が必要になります。

ソーシャルワーカーの給料・年収

公務員なら平均年収400万円~500万円

ソーシャルワーカーの給料は、公務員か民間、勤務先の規模や地域、資格の有無、スキルや経験等によって異なります。

公務員の医療ソーシャルワーカーであれば、平均年収400万円~500万円程度といわれており、民間の医療ソーシャルワーカーであれば、平均年収380万円~400万円程度でしょう。

月給や年収は学歴によって差がついていることが多いため、求人の内容をチェックするなど確認が必要です。

実務経験が重視される仕事であるため、長く勤務するに従って給与アップ、昇格が期待できる職種です。

ほかにも、社会福祉士や精神保健福祉士を育てる専門学校や大学で教員になって年収を上げる、介護支援専門員(ケアマネジャー)資格を取り仕事の幅を広げる、という人も増えています。

パートなど時給制で働く場合、都道府県にもよりますが、平均時給1200円程度が多くなっています。

ソーシャルワーカーのやりがい、楽しさ

患者さんの悩み解決がやりがいに

ソーシャルワーカーは、患者さんやそのご家族との面談を通じて悩みに寄り添い、解決に導けたときにやりがいを感じる仕事です。

持病や障害の悩みだけでなく、経済的な悩み、家族とのコミュニケーションの悩みなど、その相談は多岐に渡ります。

患者さんが本当に悩んでいることを知ることで、より良い支援ができるため、雑談などを交えながら患者さんの本音を引き出すことが大切です。

患者さんやご家族だけでなく、医療機関、介護施設、教育機関、企業と連携してより良い方向へ導くこともソーシャルワーカーの大事な役割です。

ソーシャルワーカーのつらいこと、大変なこと

コミュニケーション力と忍耐力が大切

ソーシャルワーカーは、患者さんやそのご家族と打ち解け、本心で語ってもらえるような関係を築けなければ、より良い支援をすることができません。

そのためにも信頼を得るために、何気ない会話に工夫を凝らすなど、患者さんの反応に敏感になり常にアンテナを張らなければなりません。

最初は信頼されず、患者さんから厳しい言葉を投げかけられることもあります。

それでもコミュニケーションを取り続け、患者さんと関わり続ける忍耐力が必要といえるでしょう。

ソーシャルワーカーに向いている人・適性

人のために役に立ちたいという気持ちが大切

ソーシャルワーカーに向いている人は、悩んでいる人の役に立ちたい、助けたいという気持ちがある方に向いています。

患者さんやご家族はもちろん、介護施設、医療機関、ケアマネジャー、そのほかの介護職の意見も伺いながら進めていきますので、自分の意見に固執せず、広い視野でとらえることも大切です。

ソーシャルワーカーは、患者さんの体調面はもちろん、経済的や家族関係などの深い悩みに寄り添う仕事ですので、人と向き合い続けることに楽しみを感じられる方に適性があります。

ソーシャルワーカー志望動機・目指すきっかけ

熱意を文章、面接で思い切り伝えよう

公務員を目指す場合、まず都道府県などの地方公務員試験に合格するために試験勉強を行いましょう。

公務員試験は春、秋と開催され、採用されるチャンスは多くありますが、公務員の倍率は、地方でも3.5倍前後、人気の都市になるとその倍率は20倍前後になります。

まずは筆記試験の通過が重要なため、独学や予備校に通うなど、対応策が必要です。

筆記試験を通過すると、二次試験に面接があり、そこで志望動機を伝えましょう。

民間のソーシャルワーカーの場合、一次選考として志望動機を記載した履歴書などの書類を送る必要があります。

ソーシャルワーカーという仕事を知ったきっかけ、ソーシャルワーカーになぜなりたいのか、素直な気持ちでアピールしましょう。

一般的に二次選考で面接を行うことが多いため、一次選考が通った後も口頭で自己PRを伝えられるように練習しておきましょう。

ソーシャルワーカーの雇用形態・働き方

さまざまな雇用形態でニーズあり

ソーシャルワーカーは正社員だけでなく、契約社員、アルバイト、パートなどのさまざまな雇用形態で働く人がいます。

「社会福祉士」「精神保健福祉士」を持っていれば、どの雇用形態でも就職しやすいのがこの職種のメリットです。

特に民間企業では、有資格者の正社員採用が難しいことから、契約社員、アルバイトやパートでの採用ニーズが高まっています。

ソーシャルワーカーの勤務時間・休日・生活

公立、民間ともに医療ソーシャルワーカーはシフト制

事務系公務員である福祉事務所、生活福祉課などのソーシャルワーカーの場合は、平日勤務、土日休みが基本です。

一方、公立、民間ともに病院や福祉施設の医療ソーシャルワーカーの場合、シフト制が一般的で休みが不定期になることが多いでしょう。

どちらにしても日勤ですので生活リズムが整いやすく、ほかの介護職と比べ、体の負担が少ない職種です。

介護業界通していえることですがシフト制の職場の場合、連休が取りにくい傾向があります。

相談業務を終えてから残りの事務作業を行うため、日によって1~2時間程度残業が発生することがあります。

ソーシャルワーカーの求人・就職状況・需要

ソーシャルワーカーの需要は上昇傾向

高齢化社会が進んでいることから、ソーシャルワーカーの需要が増加しています。

特にソーシャルワーカーは、「社会福祉士」「精神保健福祉士」などの介護職資格の中でも専門的な国家資格を持っている方が多いため、ニーズが伸び続けています

一方、人手不足からソーシャルワーカーとして就職しながらも、介護職員として業務することが増えている現状があります。

ソーシャルワーカーの転職状況・未経験採用

資格があれば未経験からでもソーシャルワーカーに

介護業界全体が人手不足のため、ソーシャルワーカーも転職しやすくなっています。

公立の医療ソーシャルワーカーとして勤務後、新しい経験を積むために民間に勤める方が増えてきています。

最近では経験者の雇用が難しいため、中途採用でも有資格者且つ未経験者を募集し、働きながら経験を積んでもらおうと考えている企業が増加しています。

資格があれば、新卒でなくても就職、転職がしやすいのもソーシャルワーカーの強みといえるでしょう。

ソーシャルワーカーの現状と将来性・今後の見通し

病院や福祉施設からのニーズが増え続けている

高齢化社会が進み続けるなか、公立、民間を含めて病院や福祉施設で働くソーシャルワーカーの需要が伸びています。

高齢化社会を迎える日本にとって、ソーシャルワーカーは景気には左右されにくい介護分野であり、ますますニーズが増加すると予想されています。

また、立場の弱い人に対する思いやりや細やかさや求められることから、男性のみならず女性にとっても力を発揮しやすい職種です。

資格や実務経験があれば、何歳になってもソーシャルワーカーとして活躍できるのも、この仕事の魅力でしょう。