「整体師」とは

手技で筋肉バランスや骨格を調整。人の自然治癒力を高め、肩こりなどの症状を和らげる。

整体師とは、肩こりや腰痛などを筋肉の矯正・緩和をさせる技術を用い、症状の回復を促す仕事です。

整体師の施術は、東洋医学を基礎としている手法療法となるので、直接手を使って患者の身体に整体を施していきます。

施術中は常に力を使うため、体力が要求される仕事です。

整体師になる一般的な方法は、整体師専門養成学校などに通ったのちに、整体院に就職するというものです。

整体師として働くときに必ずしも資格は必要ではありませんが、関連する国家資格として「柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩マッサージ指圧師」があります。

平均的な年収はあまり高くはありませんが、歩合制となっているところも多いので、実力次第である程度の給与を稼ぐことができます。

また、独立開業している人も多く見受けられます。

「整体師」の仕事紹介

整体師の仕事内容

整体師は、東洋医学の考え方を基に、指や手を使った手技によって全身の筋肉バランスや骨格を調整する仕事です。

身体を整えることによって、肩こりや腰痛、神経痛などを予防・改善し、人間がもともと持つ自然治癒力を高めることを目指します。

このような根本的な考え方 はどこも共通していますが、中には美容に重点を置いて女性の患者さんをターゲットにしていたり、アスリートを対象にしている整体院も存在します。

整体師になるには

整体師のおもな活躍の場は整体院ですが、「整体師」という国家資格はないため、誰でも整体師として働くことは可能です。

ただし、知識がなければ施術もできませんし、患者さんの身体に直接触れるため、やはり正しい知識と技術を身につけることは必須と言えます。

そこで、一般的には高校卒業後に整体師養成学校やスクールで学び、在学中もしくは卒業後に見習いとして整体院で働きながら、一人前の整体師を目指す人が多いです。

整体師の給料・年収

整体師の給料は、人によって大きく差があります。

独立開業して成功すれば1000万円以上を稼ぐこともできますし、見習いのうちは月収15万円前後でがんばっている人もいます。

歩合制の整体院も多いため、実力はもちろん患者さんからの信頼を集めることができれば、指名が増えてその分給料も上がっていきます。

未経験者の場合はアルバイトからスタートということも多いため、日々の地道な努力と知識や技術の向上が欠かせません。

整体師の現状と将来性・今後の見通し

ストレスや長時間に渡るIT機器の使用などによって、肩こりや腰痛などの悩みを抱え、整体院に駆け込む人が増えています。

自分が整体院に通った経験をきっかけに、会社員から整体師へ転職する人も少なくありません。

ただし整体師を目指す人が増え、独立開業したいと考える人も増加している中、競争は激化しつつあります。

そのため、柔道整復師や鍼灸師など、関連する国家資格の取得を目指すことも視野に入れる必要があると言えます。