このサイトはアロマセラピストを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「アロマセラピスト」

仕事内容
アロマセラピストとは、天然の植物から抽出したエッセンシャルオイルを使い、アロマテラピーを行う施術者やアドバイザーのこと。香りによるヒーリング効果で心と身体をリラックスさせたり、ストレス解消やさまざまな身体の不調を改善に導く仕事です。勤務先はアロマ専門ショップや美容サロン、アロマトリートメントサロンのほか、治療院や心療内科などの医療関係施設でアロマアドバイザーとして従事する人も増えています。また、アロマスクールで後続のアロマセラピストを育てる講師として働くことも可能です。
なるには
アロマセラピストには国家資格が設けられていませんが、アロマテラピーは人の心身に少なからず影響を与えるものなので、しっかりした知識を持った上で施術を行うことが大切です。「アロマテラピーアドバイザー」「アロマセラピスト」「アロマテラピーインストラクター」などの民間の資格を取得していると、しっかりした知識が備わっている証明になります。また、資格を持たずにサロンなどに就職し、働きながら一から学んでアロマセラピストの地位を獲得する方法もあります。
給料
サロンなどで働くアロマセラピストの場合、初任給は資格の有無、経験の有無によって異なります。平均月収は15〜16万円程度、年収にすると200〜300万円程度といわれおり、事務職と比べると若干下回るようです。勤めながらでも、より上位の資格試験に合格すると給料が上がるシステムを採用している企業も多く見受けられます。また、長年勤めると給料は上がる傾向にあり、チーフや店長などの管理職になると比較的高収入が得られることも多いようです。経験を積んで、独立して働いている人も少なくありません。
将来性
アロマセラピストにとってもっとも深刻な問題は、アロマテラピーやエステティックでマッサージ行為を行うことは法律で禁じられているという点です。日本においてマッサージを行うことが法的に許されているのは、「あん摩マッサージ指圧師」の国会資格を持った人のみ。このことから考えると、「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格の取得を第一目標とし、合格してからさらなるスキルアップとしてアロマセラピストの資格取得を目指すのも一つの方法です。