このサイトはメンタルトレーナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「メンタルトレーナー」

仕事内容
メンタルトレーナーは、クライアントが抱える悩みやストレスのケア、問題解決、目標達成などを目的として、「精神力(メンタル面)」からサポートをする仕事です。心と身体は密接につながっているため、心の状態を良くすることで、身体の動きやパフォーマンスを向上に導いていきます。スポーツ、ビジネス、芸術、教育、医療など多岐にわたる領域で活躍することができ、トレーニングではまずクライアントの話をよく聞いたうえで、「カウンセリング」や「コーチング」などといった心理学をベースにした専門的な手法を用い、目的達成へと導きます。
なるには
メンタルトレーナーは、絶対に必要とされる資格はありませんが、心理学をベースにしたメンタルトレーニングに関する専門的な知識や、カウンセリング技術などを備える必要があります。これらは大学・短大の心理学科や、民間のスクール、通信講座などで学ぶことができます。活躍の場はスポーツ団体、一般企業、医療機関などが中心となりますが、メンタルトレーナーとしての採用はさほど多くなく、他の仕事に就きながら身につけたスキルを生かしている人もたくさんいます。
給料
日本ではまだメンタルトレーニングを専門的に行う企業や団体はそう多くなく、たいていの人はスポーツ団体や一般企業、カウンセリング施設、医療機関などに所属するか、フリーランスの形で仕事をしています。そのため、働き方や仕事内容によって給料はまったく異なります。職場によっては「臨床心理士」の資格を持っていると優遇されることもあるようです。フリーになってセミナー講師や書籍執筆などが増えれば高い収入を得ることも可能ですが、仕事を見つけることは簡単ではありません。
将来性
最近はスポーツをはじめ、ビジネス、教育、芸能、芸術など、多岐にわたる分野でメンタルトレーニングを取り入れた人材育成プログラムやカウンセリングが実施されるケースが増えているようです。人々の価値観やライフスタイルが多様化する現代社会において、メンタルにアプローチするこの職業の重要性が次第に強く叫ばれるようになりつつあります。活躍の場については、まだ開拓する余地がたくさん残っている職業であるため、自分自身で進みたい道や方向を定めていく姿勢も求められるでしょう。