「義肢装具士」とは

義肢装具士_画像

体幹機能に不自由を抱える人に向けて、人口の手足となる義肢・装具を作成する職人。

義肢装具士とは、ケガや病気などで手足を失ってしまったり、体幹の機能に問題が生じている人に対して、患者の身体に適合する義肢や装具を作成する仕事です。

義肢とは、人工の手足のことであり、装具とはギブスやコルセットなどのことです。

義肢装具士は単に器具を作るだけではなく、患者の採寸からリハビリのサポートまで行います。

義肢装具士になるためには、義肢装具士養成所で学ぶなどして、国家試験の受験資格を得た後、試験に合格する必要があります。

資格取得後は、一般的に義肢装具製作会社に就職をします。

義肢装具士国家試験の受験者数は、毎年100〜200人と少ないですが、義肢装具の技術の発展は著しく、リハビリテーションや介護などの分野で注目を集めつつあります。

「義肢装具士」の仕事紹介

義肢装具士の仕事内容

義肢・装具づくりで不便を解消する仕事

義肢装具士は事故や怪我などで手足を失ったり、障害などで体の機能に支障が生じている人の助けとなる装具を作る仕事です。

義肢は義足や義手など欠損した部分を補う手足、装具は低下してしまった身体の機能を補うギブスやコルセットなどでこれらをあわせたものを義肢装具と呼びます。

これらの義肢装具を作るためには、まず患者さんの身体を採寸することから始まります。

この採寸をしっかりとおこなうどうかで、義肢や装具の出来に差が出ます。

丁寧に採寸をおこなったあとは、採寸をもとに義肢や装具を作成します。

そして、出来上がった義肢や装具を実際に患者さんに装着してもらい、調整しながら身体にフィットしたものを作り上げていきます。

義肢装具士の就職先・活躍の場

病院やスポーツ分野で海外でも活躍可能

義肢装具士の就職先には、義肢装具の製作会社や医療機関、パラスポーツ専用の義肢を作る工房などがあります。

義肢装具士は日本全国だけでなく海外でも活躍できる仕事です。

そのうえ、義肢装具士の国家資格を保有している人が、そこまで多くないので、競争率はそこまで高くありません。

就職先としては義肢装具会社が多いですが、外科やリハビリ施設などのある医療機関が直接雇用することもあるので、医療機関への就職も可能です。

義肢装具士の1日

作るだけでなく患者さんと会うことも

義肢装具士は装具製作が主な仕事ですが、患者さんとお会いして型取りや装着しての調整などもします。

9:00 出勤

10:00 病院へ出向き患者さんに合うように型どりをおこないます。

12:00 昼食

13:00 会社へ戻り製作作業をします。

16:30 製作した装具を納品できるよう準備します。

18:00 作業スペースの片付けをします。

19:00 退勤

納期が迫っている場合は、間に合わせるため残業して作業することもあります。

義肢装具士になるには

修行し、国家試験に合格することが必要

義肢装具士になるには国家資格が必要で取得するには、国家試験を受験して合格しなければいけません。

しかし、国家試験には受験資格があり、それを満たさなければいけません。

受験資格を得るにはいくつかの方法があります。

一般的な方法としては、高校卒業または高卒資格を取得した後、義肢装具士の養成学校で2~3年、知識や技術を学んで、規定の単位を修める方法があります。

義肢装具士の学校・学費

実習があるので学費は400万~と高め

義肢装具士となる国家試験を受験するためには、高校卒業または高卒認定試験に合格している必要があります。

そのうえで、義肢装具養成所や学校で2~4年間学はなければいけません。

義肢装具士養成所や学校で学ぶ期間は、一般的な専門学校や短大・大学と変わりません。

しかし、義肢装具士になるには、実習が必要なため学費は400~600万円程度と一般的な大学よりも少し高めです。

また通信教育や通信講座だけで義肢装具士になることはできません。

義肢装具士の資格・試験の難易度

しっかり学んでおけば8割以上が合格

義肢装具士の国家試験を受けるには、養成施設で定められた期間、学ぶことが条件となっており、誰でも受けられるわけではありません。

そのため、受験資格を持っている人は最低限の知識を学んでいることが前提となっているので、合格率が80%以上と高めの数字となっています。

しかし、ただ養成施設で学べば誰でも合格できるというわけではなく、学んだことをしっかりと理解して身につけておく必要があります。

義肢装具士の給料・年収

給料は低めだが腕次第で高収入も可能

義肢装具士は専門的な知識や技術を必要とするプロフェッショナル職です。

そのため、医師や看護師などのように高いお給料をもらえるのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの場合、最初は基本給が20万円前後とほかの医療系の職業と比べても低くなっています。

しかし、義肢装具士は実力の世界なので技術力が高く評判が良くなると給料アップも期待できますし、独立することも可能です。

義肢装具士のやりがい、楽しさ

頼んで良かったありがとうが最高の魅力

事故や災害などで手足を失ったり、身体が不自由になると患者さんは不便さを感じるだけでなく、心理的なストレスも感じるようになります。

そんな患者さんが、自分が作成した義肢を使うことによって「自分でできることが増えた」、「新しいことにチャレンジしたい」など前向きな気持ちになってもらえた時にやりがいを感じます。

患者さんの「頼んでよかった」、「ありがとう」という言葉をもらえるのが、この仕事の魅力です。

義肢装具士のつらいこと、大変なこと

納品に間に合わせるため徹夜で作業も

義肢装具士の仕事は、義肢製作のほか、義肢の調整やメンテナンスなども義肢装具士の仕事です。

しかも、義肢は患者さんにとって欠かせない身体の一部なので、出来るだけ早くお届けすることが大切です。

そのため、依頼が多く納品がせまっている時などは、夜間でも作業場に泊りこんで作業することもあります。

そのため、肉体的につらいと感じることもあります。

義肢装具士に向いている人・適性

ものづくりやチャレンジが好きな人向き

義肢装具士はものづくりが好きな人に向いている仕事です。

採寸から製作・調整、メンテナンスにいたるまで全ての工程のほとんどが手作業です。

そのため、何よりもものづくりが好きという気持ちが大切です。

さらに患者さんにあわせて、納得いくまで微調整したり、試行錯誤することが求められます。

そのため、根気強さや創意工夫できることも必要になります。

また、患者さんと対話することも多いのでコミュニケーション力も重要です。

義肢装具士志望動機・目指すきっかけ

ものづくりで人の役に立ちたいが動機

義肢装具士という仕事は健康な方にとって身近な職業ではありません。

そのため、普段の生活で義肢装具士の仕事を目にすることはあまりないでしょう。

義肢装具士という仕事をしている方は、ほかの職業から転職した方も多いです。

義肢装具士を志した、きっかけは様々で「人の役にたちたい、モノづくりが好き、手に職をつけたい、将来独立したい、パラリンピックの装具を見て憧れた」など色々なものがあります。

義肢装具士の雇用形態・働き方

雇用形態は様々、スキルを磨き正社員へ

義肢を製作する会社の多くは小規模な会社が多いです。

そのため、資格を持っているからといって必ずしも正社員で雇用されるとは限りません。

契約社員やアルバイトとして雇用されることもありますが、その間に経験やスキルを磨いて正社員を目指しましょう。

また、義肢装具製作の世界は実力勝負の世界ですので、「○○さんに作ってもらいたい」と言われるようなスペシャリストになれば、独立することも夢ではありません。

義肢装具士の勤務時間・休日・生活

仕事の進捗で休みが不定期になることも

義肢装具製作会社の場合は通常8時間程度の勤務が基本です。

病院や義肢の使用者の方との打ち合わせもする義肢装具士と、製作だけする義肢装具士では勤務状況も異なります。

打ち合わせをおこなう義肢装具士の場合、相手となる医療機関などの休診日が休みになることがあります。

製作作業を主におこなう義肢装具士は、納品前だと忙しく夜間まで作業することもあり、休みが不定期になることもあります。

義肢装具士の求人・就職状況・需要

資格保有者も少なく需要が多い仕事

義肢装具士が資格化されてからまだ25年しかたっていないため、資格保有者が5000人程度とほかの資格保有者と比べても少ないのが実状です。

しかしながら、生活習慣病などによる手足の切断で義肢が必要な人などもおり、需要は絶えません。

そのため、義肢装具士を募集する求人が多く、資格を持っていれば就職しやすくなっています。

また義肢の技術を生かすロボット開発などの分野でも採用されることがあります。

義肢装具士の転職状況・未経験採用

未経験でも採用可のチャンスが多い世界

義肢装具士は年間、通じて求人募集がおこなわれています。

こうした求人の中には、経験者優遇のものもありますが、資格取得見込み予定者など未経験者でも可というものも多数あります。

さらに、義肢装具士は病院等へ出向いたり、夜遅くに帰宅することも多いので、運転免許証を保有していることが条件になっているものがあります。

また、医療・健康関係の資格や医療関連施設での実務経験があると有利になることもあるでしょう。

義肢装具士の現状と将来性・今後の見通し

義肢装具士のロボット分野などでも求められる仕事

これまでに義肢装具士の国家試験に合格した人は5300人程度と、ほかの国家資格と比較しても多くありません。

しかし、その一方で高齢化社会などの影響で義肢や装具を必要としている人の数が増え、ニーズが高まっています。

さらに、ロボット開発やスポーツ用義肢、ペット用義肢などでも義肢装具士の技術が活用されています。

新しいジャンルにもチャレンジできる職業ともいえます。