このサイトはカイロプラクターを目指す人のための情報サイトです。

カイロプラクターとは?

カイロプラクターは、1895年にアメリカで発祥した「カイロプラクティック」という、代替医療の手技療法を施術する人のことをいいます。医師のように医学的な治療をするのではなく、自然治癒力を高めることを目的にした施術を行い、日本では厚生労働省医政局によって「医業類似行為」に分類されています。法的な資格制度はありませんが、専門技術を要することから、特定の講座を受けて民間資格を取得し、カイロプラクティック専門のサロンや施術院、整骨院などで働く人が大半を占めています。スタッフとして勤務する場合の年収は300万円〜400万円程度が相場といわれますが、独立開業して成功すれば高額な収入を得ることも可能です。自然治癒力を高めるカイロプラクティックのニーズは高まっており、人の健康に関わる仕事であるだけに、しっかりとした養成施設で学び、確かな実力を磨いていくことが重要です。

カイロプラクターの仕事内容

1895年にアメリカで発祥した「カイロプラクティック」という、代替医療の手技療法を施術することがカイロプラクターの仕事です。

カイロプラクティックでは、人体のなかで筋骨格系の障害および健康への影響を判断、改善、予防することを目的としています。

サブラクセーション(椎骨の異常)に着目し、さまざまな手技療法によって「関節アジャスメント」や「脊椎マニュピュレーション」を行います。

サロンや施術院などでテコの原理を応用した手技療法を用いて、脊椎や骨盤など関節のずれやゆがみを矯正していくことがカイロプラクターの仕事です。

西洋医療とは異なり、自然治癒力を高めることを目的としており、日本では厚生労働省医政局によって「医業類似行為」に分類されています。

カイロプラクターになるには・必要な資格は?

カイロプラクターは、アメリカなど約40ヵ国においては脊椎ヘルスケアの専門職として法制化されていますが、日本では国家資格などの公的資格は存在しません。

そのため誰でも自称することができます。

ただし、2014年から「日本カイロプラクティック登録機構」(JCR)による「登録カイロプラクター」認定制度が始まり、登録者名簿は厚生労働省(医政局医事課)へ提出されます。

民間資格ですが、世界保健機関(WHO)による教育基準を満たしていることが証明されます。

カイロプラクターは人体に直接触れる仕事であることから、確かな技術を持っている必要があります。

先に挙げた認定制度のほか、1997年「世界保健機関」(WHO)に認可された「世界カイロプラクティック連合」(WFC)の日本代表団体「日本カイロプラクターズ協会」(JAC)が正式に認定する「カイロプラクティック教育審議会」(CCE)などの教育機関でプログラムを学ぶことが望まれます。

カイロプラクターに向いている人

健康に関わるカイロプラクターは、民間の代替医療とはいえ、専門的な知識や技術が必要とされる専門職です。

人体の構造や機能、健康について深く追及することになりますから、「ヘルスケア」の分野に興味がある人に向いている仕事だといえるでしょう。

また、リラクゼーションを目的とした接客業という一面もあるため、コミュニケーションが重要なポイントになります。

身体的な状況を詳しく把握したり、生活習慣についてアドバイスしたりするなど、話を聞くことが得意な人、さまざまな人の気持ちを理解することができる人は適性があるでしょう。

さらに、人に喜ばれることが何よりもうれしいしい人というはカイロプラクターに向いています。

この仕事の最大のやりがいは人から感謝される点にあります。

人の役に立つことが好きな人は長く継続することができるでしょう。

カイロプラクターの就職状況・雇用形態

カイロプラクターと類似の職業としては、国家資格の「柔道整復師」や「あん摩マッサージ指圧師」「鍼灸師」、民間資格の「整体師」「セラピスト」などがあります。

国家資格と民間資格のあいだには、医療行為か否かという明確な違いが存在します。

ただ、カイロプラクターが働く現場は、カイロプラクティック専門のサロンや施術院ばかりとは限りません。

というのも専門のサロンや施術院の数は必ずしも多いとはいえないからです。

整骨院、整形外科、鍼灸院、複合サロンに就職する人が多いでしょう。

それらでの雇用形態は正社員、契約社員、アルバイト、パート、業務委託(個人事業主)とさまざまです。

新卒入社のフルタイムワークもあれば、主婦のパートや業務委託、あるいは独立開業者が多いという特徴もあります。

カイロプラクターの給料・年収・待遇

カイロプラクターの平均年収は300万円〜400万円程度といわれています。独立開業して成功すれば、年収1000万円以上になることもあるでしょう。

アルバイトやパートの場合は時給900円〜1300円程度の場合が多く、月収10万円〜20万円程度となります。

また業務委託(個人事業主)であれば施術した人数に応じて賃金が支払われ、勤務年数によって歩合が上がることもあります。

実力や経験、勤務形態によって、収入には大きな個人差が生じる職業であるといえるでしょう。

なお、保険適応外のため、1時間あたりの料金の相場は4000〜5000円程度です。

カイロプラクターの生活・勤務時間・休日

勤務先がカイロプラクティック専門の施術院、あるいは整骨院、整形外科、鍼灸院であれば、おおむね平日9:00〜12:00/14:00〜19:00前後の勤務時間帯で、土曜日は午前中のみ、あるいは土日が休みという場合が多いようです。

カイロプラクティック専門、複合問わずサロンであれば、勤務日は土日が中心で休みは平日1〜2日、勤務時間はシフト制というかたちが一般的です。

以上はフルタイムワーカーの場合であり、アルバイトなどであれば個人により異なります。

施術院やサロンによっては夜20:00や22:00まで営業しているところもあり、シフト制で非常に忙しい生活を送るカイロプラクターもたくさんいるようです。

カイロプラクターの現状と将来性

カイロプラクティックの技術は長く使えるもので、施術を重ねるほど実力も備わるため、結婚や出産でブランクがあっても、子育てが落ち着いてから復帰する主婦も多く、パートタイムワーカーが多数存在する傾向にあります。

反面、就職して経験を積み、独立開業するカイロプラクターも多くいます。

ストレスや高齢によって肩こりや腰痛を訴える人は年々増加しており、自然治癒力を高めるカイロプラクティックのニーズは高まっていると考えられます。

健康面から人々の役に立つことによって社会貢献できるカイロプラクターの役割はこれからもますます拡大するでしょう。

しっかりとした養成施設で学び、たしかな実力および経験を積み重ねることが重要です。