このサイトは社会福祉主事を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「社会福祉主事」

仕事内容
社会福祉主事は、福祉事務所や公立の福祉施設において、主に相談援助業務に携わる公務員のことをいい、「ケースワーカー」と呼ばれることもあります。具体的には、高齢や病気、障害、貧困などの理由によって社会生活を送ることが困難な人と面談を行い、何が問題なのかを把握します。そのうえで、必要に応じて医療機関や養護施設などの関連機関と連携を図りながら、生活保護の申請や福祉施設への入所手続きなどの援助業務を行います。
なるには
社会福祉主事になるには、(1)社会福祉主事任用資格を得ること(2)公務員採用試験を受けて採用されること、この2つの要件を満たす必要があります。社会福祉主事任用資格は、大学で指定科目を学ぶか、養成学校を卒業することで取得することが可能です。基本的には、公務員として働く人が社会福祉主事と呼ばれますが、この資格を取得したうえで、民間のデイサービスセンターや特別養護老人ホームで「生活相談員」として働く人もいます。
給料
地方公務員として働く社会福祉主事の給料は、各自治体の公務員給与規定に沿った額となります。社会福祉主事は「行政職」あるいは「福祉職」で採用されており、行政職のほうが若干給与水準が高くなっているものの、全体としては年収300〜500万円がボリュームゾーンといわれています。特別に高額な収入は期待しにくい仕事ですが、公務員としての安定した身分と待遇の下に働くことが可能です。民間施設で働く場合の給与も、だいたい各地域の公務員の給与水準に準じた額となっています。
将来性
生活保護の受給世帯が右肩上がりを続ける現代の日本では、社会生活を送ることが困難な人の援助を行う社会福祉主事の存在価値は、ますます大きなものとなっています。また、今後は高齢化によって老人福祉に関する仕事がさらに増えることが予想されているほか、福祉サービスが徐々に向上しているなか、社会福祉主事は相談者のニーズを素早く理解したうえで、社会福祉に関する最新の知識を駆使しながら、それらに適切に対応していくことが求められます。