社会福祉士の「倫理綱領」とは

倫理綱領とは何か

社会福祉士は、社会的に弱い立場にある人を支援するという、非常に重い役割を担う職業です。

その職務を全うするには、福祉や行政、医療などに関する専門知識はもちろん、一般的な職業以上に、高いモラルを備えていることが求められます。

社会福祉士としての倫理観や、業務上発生する責任など、決め事を取りまとめて明文化したものが、社会福祉士の「倫理綱領」です。

現在の倫理綱領は、1995年に日本社会福祉士会が採択した「ソーシャルワーカーの倫理綱領」を、2005年の同会第10回通常総会にて改訂・採択し直したものとなっています。

日本社会福祉士会のホームページから誰でも参照できますので、これから社会福祉士を目指す人は、ぜひ一度目を通してみるとよいでしょう。

参考:公益社団法人日本社会福祉士会の倫理綱領

倫理綱領の具体的内容

社会福祉士の倫理綱領は、「価値と原則」と「倫理基準」の2つについて記載されています。

価値と原則について

「価値と原則」は、文字通り、社会福祉士として業務にあたるうえで、常に念頭に置いておかなければならない行動原則を表したものです。

たとえば、「人間の尊厳」では、「社会福祉士は、出自や性別、年齢、社会的地位、経済的状況などにかかわらず、すべての人間をかけがえのない存在として尊重する」とあります。

日常生活レベルにおいては、自分よりも年下の人や、あるいは生活保護を受けている人などを、なんとなく下に見てしまうこともあるかもしれません。

しかし、社会福祉士として職務にあたるうえでは、どんな人であっても、各人の意見や考え方などを、可能な限り尊重しなければならないということです。

そのほか、差別や貧困、暴力のない、自由で平等な社会の実現を目指す、暴力や抑圧を排除し、社会正義に貢献する、向上心をもって専門性を高めるといった内容が記されています。

倫理基準について

倫理基準は、利用者に対する倫理責任、現場における倫理責任、社会に対する倫理責任、専門職としての倫理責任について、それぞれ複数項目にわたって定められています。

たとえば、利用者に対する倫理責任のなかには、「社会福祉士は、業務の遂行に際して、利用者の利益を最優先に考える」とあります。

たくさんの仕事に忙殺されているときなどは、つい簡単に解決する方法や、自分が得意としている慣れ親しんだ方法などを選択してしまいがちです。

しかし、そうした安易な方法が利用者にとって最善であるとは限りませんので、社会福祉士は、たとえどれだけ手間がかかるとしても、常に利用者にとって最もよい方法を模索していかなければなりません。

ほかにも、利用者にとってわかりやすい表現方法を工夫しなければならない、プライバシーに最大限配慮しなければならない、秘密を保持しなければならないといった内容が記載されています。

倫理綱領の重要性

社会福祉士として働き始めると、想像していた以上に厳しい福祉現場の実状を目の当たりにして、どう行動すればいいか、途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。

あるいは、長く勤め続けていくなかで、少しずつ日々の仕事に慣れるとともに、どこかで中だるみが生じ、ルーティンワーク化することもあるかもしれません。

そうしたときには、社会福祉士としての原理原則に立ち返って、何のために社会福祉士が存在し、社会福祉士として何をなすべきなのか、あらためて自分自身に問いかけてみることが必要です。

「社会福祉士としての自分」を見つめ直すにあたって、倫理綱領はほかの何よりも役に立つものであり、また倫理綱領はそのために存在しています。

自分本位ではなく、利用者本位で業務を行うために、折に触れては倫理綱領を見返すことが望ましいでしょう。