このサイトは音楽療法士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「音楽療法士」

仕事内容
音楽療法士は、身体や精神上の障害を持っている人に対して音楽の持つ力を生かしたリハビリテーションを行い、障害の回復や生活の質の向上を図る仕事です。リハビリの具体的な手法としては、クラシック音楽などを聴かせる「受動的音楽療法」と、音楽に合わせて身体を動かしたり歌を歌ったりする「能動的音楽療法」があります。乳幼児から高齢者まで、自閉症や脳性まひ、認知症などさまざまな障害を抱える人と接します。
なるには
音楽療法士には国家資格がありませんが、代表的な民間資格として、日本音楽療法学会の「認定音楽療法士」の資格があります。この資格を得るには高校卒業後に大学、短大、専門学校で学び、さらに医療や福祉などの現場で5年以上の臨床経験が必要となります。その上で、日本音楽療法学会の講習会に参加する必要もあるなど、簡単な道ではありません。他に、全国音楽療法士養成協議会の「音楽療法士専修・1種・2種」といった民間資格も存在します。
給料
医療施設や福祉施設で働くケースが多いですが、その場合の年収は300万円程度となっています。音楽療法士の仕事だけで生活をするのは難しく、他の心理系、福祉系の資格を持った上で音楽療法も行うのが一般的です。その場合、所持している資格によって資格手当が付くことがあります。作業療法士や臨床心理士など、他のリハビリ系資格や心理系資格を持っていると強みになるでしょう。
将来性
まだまだ社会的認知度の低い仕事ですが、海外ではメジャーな療法であり、音楽療法に対する注目度は年々高まっています。ただし、この仕事は音楽の勉強だけでなく、心理療法に対する知識も必要となるため、未経験から正社員としての就職するのは難しいようです。そのため、音楽療法士一本で生活していくのは厳しいですが、作業療法士など、他のリハビリテーション関連の資格を持った上で音楽療法士の資格を得ればより仕事の幅が広がっていきます。