「鍼灸師」とは

鍼灸師_画像

全身のツボに刺激を与える「はり」と熱を与える「きゅう」の施術で、諸症状を改善に導く。

鍼灸師とは、「はり師」、「きゅう師」の両方の国家資格を持つ人のことを指します。

東洋医学に基づき、人が本来持っている自然治癒力を活性化させることを目的とした施術を行います。

患者の症状に合わせて、適切な場所のツボ(経穴)に金属の針を刺して、刺激を与える「はり」と、もぐさを燃焼させることによって、ツボに熱を与える「きゅう」を用います。

鍼灸師になるためには、はり師、きゅう師の国家試験を別々に受験することが必要です。

はり師、きゅう師の養成所で3年以上学ぶことによって受験資格を得ることができます。

鍼灸治療院は、個人で開業しているところが多く、鍼灸師を募集しているところは少ないため、基本的には独立開業を目指すこととなります。

「鍼灸師」の仕事紹介

鍼灸師の仕事内容

身体のツボを刺激し、人間の自然治癒力を高める

針灸師は、身体にあるツボに鍼(はり)や灸(きゅう)を用いた刺激を与えることで、さまざまな疾病の治療や健康増進を促す仕事です。

針を使う技術者は「針師(はりし)」、お灸を使う技術者は「灸師(きゅうし)」とそれぞれ呼ばれていますが、両方の国家資格を持つ人が多く、そのような人が「鍼灸師」と呼ばれます。

針や灸の施術は東洋医学に基づくものであり、人間が本来持っている自然治癒能力を高めて、身体の不調を改善に導くことが鍼灸師の役割です。

針や灸の治療は副作用の心配がほとんどないことから、妊婦さんや子ども、高齢者でも安心して施術を受けることが可能です。

鍼灸師の就職先・活躍の場

スポーツや美容の世界などでも活躍できる

針灸師の国家資格を取得すると、鍼灸治療を専門的に行う針灸院や針灸治療院に勤める人が多いとされています。

また、整形外科のリハビリや、内科や神経内科などの疾患の治療に鍼灸を取り入れているような病院に勤務する鍼灸師も多いです。

また、最近では美容針灸としてエステサロンやリラクゼーションサロンなどでも針灸師のニーズが増していますし、鍼灸治療を行うスポーツトレーナーとして、アスリートのサポートに携わることも可能です。

将来的には経験を積んで独立開業を目指していく人も多数います。

鍼灸師の1日

勤務先や雇用形態等によって変わってくる

さまざまな現場で活躍している針灸師は、就職した施設などによって1日の過ごし方に違いが出てきます。

ここでは針灸治療院で働いている針灸師の一般的なスケジュールを紹介します。


08:30 出勤
院内の掃除や1日の予定を確認。他のスタッフとの情報共有などを行います。

09:00 診療開始
笑顔で元気よく患者さんをお迎えし、一人ひとりの状態に応じて適切な施術を行います。

12:30 昼休憩
午前の治療がすべて終わると、昼休憩に入ります。

14:00 午後の施術
午後の患者さんの施術を行います。施設によっては、訪問しての施術も行います。

18:30 退勤
院内の掃除や器具を片付けて1日の仕事が終了です。

夜間も営業している施設の場合は、夜のスタッフへの引き継ぎも行います。

鍼灸師になるには

はり師ときゅう師の国家資格を取得する

針灸師になるためには、「はり師」「きゅう師」の国家試験に合格して免許を取得しなければなりません。

どちらの国家試験も、高校を卒業してから厚生労働省や文部科学省が認めた大学・短大・専門学校の養成課程で学ぶことで受験資格が得られます。

はり師ときゅう師の試験を同時に受験する場合、共通する科目については免除の規定があります。

国家資格を取得し、鍼灸院や病院、介護施設などへ就職を目指すのが一般的なルートとなります。

鍼灸師の学校・学費

3年制以上の養成課程で学ぶ

「はり師」「きゅう師」それぞれの国家試験への受験資格を取得するには、厚生労働省や文部科学省が認定した養成施設や大学、短大、専門学校に通わなければいけません。

鍼灸大学は4年制、専門学校の養成機関は3年制となっており、日本全国に約80〜90の学校が存在します(新設校・廃校があるため、年によって変動します)

なお、針灸師は通信教育では受験資格が得られないため通学する必要がありますが、働きながら学べる夜間の学校は存在します。

学費は、最低でも400万円から500万円程度はかかると見ておいたほうがよいでしょう。

また、就職先の選択肢や施術の幅を広げるため、あんま・マッサージ・指圧を行う「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格も併せて取得できる養成学校に通う人もいます。

鍼灸師の資格・試験の難易度

養成学校でしっかりと学べば合格できる

針灸の施術を行うためには、「はり師国家試験」「きゅう師国家試験」のそれぞれに合格して免許を取得しなければいけません。

合格率は年度によって変動がありますが、どちらも60%~80%程度の間を推移しています。

国家試験であるため決して簡単というわけではありませんが、養成学校でしっかりと勉強していれば合格できる難易度といえるでしょう。

試験内容は筆記試験のみで、実技試験は行われません。

鍼灸師の給料・年収

腕を磨くことが給料アップにつながる

鍼灸院のスタッフとして働く場合、平均年収は350万円〜400万円くらいが相場だといわれています。

とくに新人時代や経験が浅いうちはそこまで高い給料が望みにくい仕事ですが、歩合制の場合、鍼灸師の実力や患者さんからの指名によって給料が変動します。

腕を磨き、たくさんの患者さんを治療できるようになれば、他の同年代の鍼灸師よりも大きな収入を得ることが可能です。

また、独立開業してたくさんの患者さんを集めるようになると、大幅な収入アップも夢ではなくなります。

鍼灸師のやりがい、楽しさ

東洋医術で多くの人の症状を改善に導くことができる

鍼灸をはじめとする東洋医学は、とくに不定愁訴の改善に効果があるといわれています。

原因不明でありながら、たとえば「身体が重い」「頭が痛い」「下痢が続く」といった慢性的な症状が続いている場合、西洋医学よりも東洋医学の施術によって効果が出ることもあります。

悩んでいる患者さんを、自分の施術で元気にすることができることが、この仕事の最大のやりがいといえます。

また、かつては鍼灸というと若い人にはとっつきにくいイメージがあったようですが、最近ではスポーツ業界や美容業界で活躍する針灸師も徐々に増えており、活躍の場が広がっていることも魅力だといえます。

鍼灸師のつらいこと、大変なこと

一人前になるには時間がかかる

鍼灸師は、なるまでに最低3年という時間をかけて養成学校に通い、勉強していく努力が必要ですが、本当の厳しさは資格を取得してから感じることでしょう。

鍼灸師は個人で開業する人が多いため、就職事情はかなり厳しいものであるとされています。

せっかく養成学校を出ても就職先が見つからないという人や、アルバイトとして無資格者と同様の雑務しか任せてもらえないといった人もいるようです。

一人前になるまでは給料も低く、厳しい労働環境で下積み生活を送る覚悟も必要になります。

せっかく鍼灸師になりたいと思ったのであれば、すぐに活躍できなくても地道に技術を磨いていく気持ちが欠かせません。

鍼灸師に向いている人・適性

患者さんの信頼を得るために

鍼灸師は医療職のひとつであるため、「人の病気を治したい、病気で苦しんでいる人を癒したい」という気持ちを持てる人が、この仕事に向いているといえます。

また、針や灸の施術にやってくる患者さんたちの年代や立場はさまざまです。

何気ない気配りや優しさ、言葉使いはもちろんのこと、ユーモアのセンスも持ち合わせていると、患者さんの支持を得やすいでしょう。

また、この仕事は技術を要する専門職であるため、いざ働き始めてからもスキルアップのために、継続的に学習する意欲と熱意があるかどうかも重要なポイントとなります。

鍼灸師志望動機・目指すきっかけ

自ら鍼灸治療を受けたことがある人が多数

針灸師を目指していく人の多くが、「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」という気持ちを持っています。

また、過去に自分がケガをしたり身体の調子が悪かったりして、針灸の治療を体験したことがあるというケースも目立ちます。

最近では鍼灸師の活躍の場が美容やスポーツの分野まで広がっているため、鍼灸師を見かける機会も増えたことも、鍼灸師になりたいと考えるきっかけのひとつになっているかもしれません。

この仕事は自分が健康である限り、歳をとっても長く続けていくことができるため、ある程度の年齢になってから鍼灸師への転身を志す人も決して少なくありません。

鍼灸師の雇用形態・働き方

国家資格を持ち、多彩な働き方をする人がいる

針灸師は鍼灸院などに就職して正社員や常勤で働くことができる一方、アルバイトやパート、また派遣などの形で働く人もいます。

どのような雇用形態で働く場合でも、鍼灸の施術を行う場合には鍼灸師の国家資格が必要です。

高いレベルの技術や経験を持っていれば、正社員以外でも高い給料で働ける可能性はあります。

また、鍼灸治療の知識や技術を持っている人が、普段は鍼灸師としてではなく整体やマッサージの仕事をメインにしながら、鍼灸治療も行っている例は珍しくありません。

鍼灸と他の手技を組み合わせることで、より患者さんの幅広いニーズに対応することができ、提供できる治療の幅も広がります。

鍼灸師の勤務時間・休日・生活

勤務先によって勤務時間も休日も変わってくる

針灸師の勤務時間帯や休日は、勤務先によって変わってきます。

一般的な鍼灸院であれば朝から夕方過ぎくらいかけての勤務が基本となりますが、都市部などでは夜遅くまで診療を行う院もあります。

患者さんからの依頼に応じて出張訪問を行う場合は、患者さんの都合に合わせて働くこともあります。

鍼灸院に勤める場合の休日は、鍼灸院の休業日となります。

日曜や祝日は休みのところが多いようですが、患者さんの層やニーズに沿うため、土曜日は午前中のみ営業している鍼灸院が比較的目立ちます。

鍼灸師の求人・就職状況・需要

ニーズは多いが、実務経験が重視されやすい

鍼灸師が活躍できるフィールドは広がっている一方、鍼灸院での新卒の募集数が少ないのが実状です。

その理由としては、個人開業する人が多く、業界全体として未経験者を一から育て上げるというよりも、即戦力となれる人を求める院が多いということが挙げられます。

鍼灸院によっては徒弟制度が設けられているところもあるようで、見習いからのスタートとなる場合、給料が低く抑えられていたり無給であることもあるとされています。

鍼灸師はもともとの募集が少ないため、採用状況についてもそれほどよいとはいえないのが現状です。

確実な就職や安定した働き方を考えたいのであれば、学生にうちにできるだけ実力を高めて開業を目指すか、「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」などの資格をあわせて取得し、就職先を探していくほうがいいかもしれません。

鍼灸師の転職状況・未経験採用

年齢を重ねてからの転職も十分に目指せる

鍼灸師の養成学校には、下は高校を出て間もない10代後半の若者から、働き盛りの30代や40代の人、そしてもっと上になると60代で入学する人もいます。

この仕事は、異業種からの転職を目指す人が比較的多く、ある程度の年齢に達してから一生続けられる仕事を探して鍼灸師になろうと決意する人も少なくありません。

国家資格の取得に年齢制限はないため、努力をすれば、いくつになっても鍼灸師へと転職することは可能です。

ただし、実務未経験者を受け入れる先はあまり多くないため、養成学校在学中に確かな知識と技術を身につけ、その先の進路についても早いうちからよく考えて準備をしておくことが重要です。

鍼灸師の現状と将来性・今後の見通し

東洋医学の可能性に注目が集まっている

ぜんそくやアレルギーの人が増えている現代では、即効性を期待する西洋医学だけではなく、自然治癒力を高める鍼灸のような東洋医学への期待が高まっています。

また、スポーツ選手の治療や美容、リラクゼーションなどの分野でも、鍼灸が導入される場面は増えています。

さらに高齢化社会が進むなか、老人保健施設や有料老人ホームにおいても健康維持、リハビリを目的とした鍼灸の需要が増えています。

東洋医学はまだ西洋医学に比べて人々の日常生活に馴染みがないといわれますが、鍼灸師自身が多様な可能性を探っていくことによって、鍼灸師の可能性は大きく広がっていくものと考えられます。