このサイトはホームヘルパーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ホームヘルパー」

仕事内容
ホームヘルパーは、高齢者や身体の障害を抱える人に対し、日常生活上で困難なことの援助やケアを行う仕事です。食事や入浴、排泄等の介護業務、通院やリハビリ施設への付き添い、洗濯や買い物など家事の手助け、相談助言まで、ホームヘルパーがサポートする業務範囲は幅広いものとなっています。ただし、利用者と介護サービスを提供する事業者間では常に契約が結ばれており、ホームヘルパーは契約以外のことに関わってはいけないという規定があります。
なるには
ホームヘルパーとして働くうえで絶対に必要な資格はありませんが、在宅介護における身体介護ができるのは「介護職員初任者研修」をはじめとする有資格者のみとなっています。ただし、無資格であっても訪問介護事業所(ヘルパーステーション)などの介護関連事業所や介護施設では、スタッフを募集しているところも多いため、働きながら資格取得を目指し、仕事の幅を広げることも可能です。アルバイトやパートでの雇用が中心となっていますが、介護職員初任者研修を修了したうえで、現場で一定以上の実務経験を積むと、サービス提供責任者や介護福祉士へのステップアップを目指すことができます。
給料
ホームヘルパーは過酷な仕事でありながら、それに見合った給料や待遇ではないという声もよく聞かれます。まず、正社員としての雇用が少ないため、非正規社員やパート、アルバイトで働く人が多くいます。正社員以外は時給制が基本となり、施設勤務は時給750円~1000円程度、訪問介護は1300円~2500円程度が相場となっています。年収300万円程度という人も多いですが、勤続年数や経験によって若干の昇給が望めます。
将来性
現代は介護を必要とする人が増えており、ホームヘルパーのニーズも高まっています。介護職は薄給激務のイメージが根強いですが、勤務先や雇用体系によっては安定した給料も望めます。ただし、体力的にも精神的にも厳しい面があるため、ボランティア精神や他人のことを思いやれる心を持っていることが、この仕事を続けるポイントになるでしょう。活躍の場は広がっており、若手の力も必要とされている仕事です。

仕事体験談