「ホームヘルパー(訪問介護員)」とは

ホームヘルパー_画像

高齢者や身体の障害を抱える人に対し、食事、排泄、入浴等身の回りのお手伝いをする。

ホームヘルパーは、高齢者や身体に障害を抱える人など日常生活を送ることが困難な人を援助する仕事です。

業務内容は、おもに「身体介護」「生活援助」「相談・助言」があり、利用者の依頼に基づいてトイレや入浴など身の回りの世話や、掃除や洗濯といった生活の手助けをします。

この仕事に就くうえで絶対に必要とされる資格はありませんが、在宅介護における身体介護ができるのは「介護職員初任者研修」をはじめとする有資格者のみとなっています。

ホームヘルパーはまだまだ人材不足の仕事であり、求人数は非常に多いものの、そのほとんどがアルバイト・パートでの雇用となっており、給料や待遇面が不安定な職場もあるようです。

しかし、介護職に関連する資格制度の変更により、介護職員初任者研修を経て実務者研修を修了し、さらに介護福祉士へとステップアップすることで、良い待遇の下に働ける可能性は高まります。

「ホームヘルパー(訪問介護員)」の仕事紹介

ホームヘルパー(訪問介護員)の仕事内容

利用者の自宅へ伺い介護や補助を通して生活を支える

ホームヘルパーとは、介護が必要な方の自宅へ訪問し、「身体介護」はもちろん、「生活補助」や「通院介助」などのサポートを行う仕事です。

身体介護とは、排せつ、食事、着替え介助、入浴などの身体に触れる介護を指します。

生活補助は、掃除、洗濯、調理など身体に直接触れない介護を指します。

通院介助とは、ホームヘルパーが車を運転し、利用者を乗せて病院へ向かい、診察や手続きなどの介助を行うことです。

家事代行などのサービスと混合しやすい点がありますが、ホームヘルパーは知識及び実務研修を経た介護職であり、介護のプロです。

身体の介護はもちろん、普段の生活が送れるようにサポートをする大切な役割を担っています。

ホームヘルパー(訪問介護員)の就職先・活躍の場

ホームヘルパーは、利用者の自宅や介護施設の部屋に伺ってケアをするため、主に訪問介護事業所や有料老人ホームが就職先となります。

訪問介護事業所はヘルパーステーションとも呼ばれ、介護保険の要介護(1~5)または、要支援(1~2)の認定を受けている方が利用できます。

訪問介護事業所では基本的に担当制となり、利用者の自宅に一人で訪問しケアを行います。

一方、有料老人ホームでは、その日に担当する利用者の部屋に伺い、介護や生活のケアを行います。

有料老人ホームでは施設内に職員がいるため、他の介護職に相談しやすいというメリットがあります。

ホームヘルパー(訪問介護員)の1日

訪問介護事業所に勤めるホームヘルパーの1日

8:00 出勤
出社し職員と今日のスケジュールを共有します。

8:30 朝礼、出発
大切な連絡事項や確認しておくべきことを全体で共有します。
朝礼後、準備が出来次第、車で出発します。

9:00 1件目 通院介助
利用者のご自宅へ伺い、利用者を車に乗せ通院介助を行います。
通院中も安心して診察が受けられるように、歩行補助も行います。

10:30 2件目 生活補助
2件目の利用者の自宅へ伺い、掃除、洗濯、食材の買い物を行います。

11:30 3件目 調理、食事の介助
3件目の利用者宅へ訪問し、流動食の調理、食事介護を行います。

12:30 昼食
事業所に戻り、午後も働けるようにしっかり昼食をとります。

13:30 4件目 入浴介助
利用者のご自宅へ伺い、入浴介助を行います。
あわせてご自宅の中の掃除、洗濯も行います。

15:00 担当者会議
ケアマネジャー、看護師、機能訓練士とともに、新しくサービスが導入される利用者の体の状態、課題や改善していくべきことを話し合い、共有します。

16:00 5件目 買い物などの生活補助、調理
買い物などの生活補助を行います。
その後、購入した食材の調理補助も行います。

17:00 事務作業、電話
戻り次第カルテの記入、医師や看護師、ケアマネジャーと連携を行います。

17:30 退社
準備が出来次第、帰宅します。

ホームヘルパー(訪問介護員)になるには

介護職員初任者研修を取得すると身体介助が可能

ホームヘルパーとして働くうえで絶対に必要な資格はありません。

しかし、在宅介護で身体介護ができるのは、介護職員初任者研修をはじめとする有資格者のみと定められています。

生活補助だけでなく、いずれ身体介護を行うことを考えると、介護職員初任者研修は取得しておいた方が便利でしょう。

介護職員初任者研修は、以前ホームヘルパー2級として試験が行われていましたが、制度改定により廃止され、介護職員初任者研修へと変更されています。

訪問介護事業所や有料老人ホームでは、無資格でもスタッフを募集しているところも多いため、働きながら介護職員初任者研修を取得することもできます。

また、実務を積めばそのうえの実務者研修も取得することができます。

ホームヘルパー(訪問介護員)の学校・学費

資格を取得するなら通学や通信講座も

介護職員初任者研修は取得にあたり、学歴や実務は必要とせず誰でも受けることができます。

介護職員初任者研修を取得する方法は、一般的に専門学校に数か月通うスクーリングと、通信講座とスクーリングを含めた方法があります。

この資格を取得するためには実務があるため、通信講座であっても15日間ほどスクールに通う必要があります。

費用は通信講座が主体であれば数万円、スクーリングが中心であれば15万円程度が相場といわれています。

ホームヘルパー(訪問介護員)の資格・試験の難易度

介護系資格のファーストステップ

介護職員初任者研修は介護系資格のなかで最初にチャレンジする資格で、簡単に取得することができます。

スクーリングや通信講座、実務研修を受講し、終了試験を受ければ資格を取得できます。

具体的な合格率、試験の難易度は公開されていませんが、ほぼ受験者全員が受かるように考えられています。

真面目に受講し、ご自身で復習を行っていれば落ちることはないと考えて問題ないでしょう。

万が一落ちてしまっても追試制度がありますので、安心して受験することができます。

ホームヘルパー(訪問介護員)の給料・年収

平均年収は320万円前後

ホームヘルパーの平均年収は、約320万円前後といわれています。

訪問介護事業所でも有料老人ホームなどの介護施設でも、大きく年収が変わることはないようです。

ホームヘルパーは過酷な仕事内容も多いため、それに見合った給料や待遇ではないと考える方もいますが、経験を積む、役職に就くなどで年収を上げることもできます。

実務者研修を終了したり、介護福祉士の資格を取得したりすると、サービス提供責任者になることができます。

サービス提供責任者になると、平均年収が350万円前後になりますので、年収アップを狙うことができます。

また、経験を積んでケアマネジャーにチャレンジすることで、さらに仕事の幅と収入を増やすことも可能です。

ホームヘルパー(訪問介護員)のやりがい、楽しさ

深い関わりができ、その人に合ったケアができる

ホームヘルパーのやりがいは、一人ひとり深い関わりができ、その人に合ったケアができる点でしょう。

施設では異なりますが、訪問介護では自宅に伺うのはホームヘルパーだけですので、利用者の方と濃い時間を過ごすことができます。

お互いが慣れない間は緊張してしまうこともありますが、信頼関係を築くと笑顔が見られ、どんなケアをされるのが嬉しいのか、気持ちを理解できるようになります。

訪問介護はまさにオーダーメイドのケアですので、利用者ごとにぴったり合ったケアを実施できて喜んでもらえたときに、大きなやりがいを感じられます。

ホームヘルパー(訪問介護員)のつらいこと、大変なこと

信頼関係を築くのに時間がかかることも

ホームヘルパーは、利用者の自宅に伺い、身体介護や生活補助を行います。

利用者の性格や人柄によっては訪問介護に来るのを嫌がり、ケアはもちろん、話させもしてくれない、という方もいらっしゃいます。

どんな利用者と出会っても根気強く関わり、少しずつ信頼関係を築いていくことが大切です。

最初はまったく打ち解けられなかった方でも、半年、1年と時間をかけて話せるようになったという方もいらっしゃいます。

焦らず、利用者のペースに合わせて信頼関係をつくっていきましょう。

ホームヘルパー(訪問介護員)に向いている人・適性

人と深く関わることが好きな方に向いている

ホームヘルパーは、信頼関係を築いていくと、より深く利用者と関わることができる職種です。

ときには家族に話せない家庭の悩み、経済的な悩み、将来の悩みなどを打ち明けてくれることもあります。

身体的なケアはもちろん、悩みを傾聴するという精神面のケアも大切ですので、人と向き合い続けることが好きな方に適性があるでしょう。

また、1件1件の訪問ごとに利用者が異なりますので、訪問ごとに気持ちを切り替えてケアすることも大切です。

ホームヘルパー(訪問介護員)志望動機・目指すきっかけ

利用者にどんなケアをしたいのか熱意を言葉に

ホームヘルパーを募集している訪問介護事業所、あるいは有料老人ホームなどの施設に応募する際は、一般的に書類選考、面接の順で選考を行います。

まずは履歴書、必要に応じて介護職員初任者研修の資格証のコピーも郵送しましょう。

履歴書の志望動機には、どうしてホームヘルパーになろうと思ったのか、きっかけを含めて熱い気持ちを文章にしてみましょう。

書類選考が通過すれば面接となり、基本的には1回の面接で終わることが多いですが、企業によっては現場責任者や最後には代表など、面接が複数回になることもあります。

ホームヘルパー(訪問介護員)の雇用形態・働き方

正社員以外にもアルバイト、パートの需要あり

ホームヘルパーの雇用形態は正社員以外にも、女性が多い職種のため、アルバイトやパートとして働いている方も多い職種です。

家庭や子育てと両立したい方は、時間に融通が利くアルバイト、パートとして働く傾向があります。

アルバイト、パートの場合の平均時給は、都道府県によって変わりますが平均1200円~1400円前後です。

身体介護や生活補助のできるホームヘルパーの数は、足りない状況が続いており、これから超高齢社会を迎える日本にとって、ますます必要な職種といえるでしょう。

ホームヘルパー(訪問介護員)の勤務時間・休日・生活

正社員、アルバイト、パートともにシフト制

訪問介護事業所、有料老人ホームなど福祉施設に勤める場合でも、利用者の生活に合わせて訪問、ケアを行うため、勤務形態はシフト制が一般的です。

アルバイト、パートの方も週何日働けるかに応じてシフトが作られますが、会社によって固定休にすることもできます。

訪問介護事業所では日勤のみになりますが、有料老人ホームでは早番、中番、遅番、夜勤などの時間帯に分かれて勤務することになります。

ご自身のライフスタイルに合わせて、希望の就職先を決めると良いでしょう。

ホームヘルパー(訪問介護員)の求人・就職状況・需要

人員不足により、引く手あまたの状態

実践的な身体介護も生活補助もできるホームヘルパーは、訪問介護事業所でも有料老人ホームなどの施設でも人手が不足しており、ニーズがますます高まっています。

介護職員初任者研修の資格を持っていない未経験でも、志望する方がいれば積極的に採用する企業も多いです。

日本は超高齢社会を迎えますので、今以上にホームヘルパーが足りなくなると予想されています。

需要の高い介護職の1つですので仕事がなくなることは考えにくく、どこにでも就職しやすいメリットがあります。

ホームヘルパー(訪問介護員)の転職状況・未経験採用

転職もしやすく、未経験採用も好調

人員不足からホームヘルパーの転職はかなりしやすい状況です。

特に経験を積んだホームヘルパーであれば、どこの企業、施設でも内定がもらえやすいでしょう。

施設から訪問介護事業所へ転職する方、訪問介護事業所から施設へ転職する方も多くいらっしゃいます。

未経験者や無資格者の採用も活発で、どこの企業も採用難から、初めての方を育てていく採用方法をとり、一人でも多くのホームヘルパーを輩出できるように実務教育に力を入れています。

ホームヘルパー(訪問介護員)の現状と将来性・今後の見通し

需要は拡大、若手の力がさらに必要に

高齢化が進み、介護を必要とする人がますます増加しているため、ホームヘルパーのニーズも高まっています。

介護職は薄給激務のイメージが根強いですが、勤務先や雇用体系、役職を上げる、資格取得するなどで安定した収入を得ることができます。

ただし、体力的にも精神的にも厳しいときもありますので、ボランティア精神や人を思いやる心を持つことが、この仕事を続ける大事なポイントになります。

今後は若手にも介護の魅力を知ってもらい、この仕事に関わる人を増やすことも大切でしょう。