このサイトは福祉住環境コーディネーターを目指す人のための情報サイトです。

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者が安全かつ快適に暮らせるよう、より住みやすく、使いやすい住環境を提案する仕事です。ケアマネージャーや建築士、工務店などと連携して、段差の解消や手すりの設置などといった住まいのコーディネートを行ったり、車いすや介護ベッドなどの福祉用具や介護用品などの提案、適切な使い方のアドバイスをしたりもします。福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所が認定する民間の検定資格ですが、まだ歴史が新しく、介護や福祉、建築などの分野に就職した後、その職場において資格を生かせる業務を見つけていく働き方になるでしょう。今後、この資格の認知度が高まれば、福祉や建築関係の領域で、活躍できる場がさらに広がっていくものと考えられます。

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者が安全かつ快適に暮らせるよう、より住みやすく、使いやすい住環境を提案する仕事です。

バリアフリー住宅の新築やリノベーションを希望する顧客の相談に応じ、ケアマネージャーや建築士、工務店などと連携して、段差の解消や手すりの設置などといった住まいのコーディネートを行います。

また、車いすや介護ベッドなどの福祉用具や介護用品などの提案、適切な使い方をアドバイスするのも福祉住環境コーディネーターの仕事です。

個人住宅に限らず、グループホームやケアハウスのコーディネートを任されることもあります。

福祉住環境コーディネーターになるには・必要な資格は?

福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所が認定する民間の検定資格です。

福祉と住環境の関連分野の知識を認定する資格で、1~3級があり、2級以上を取得していると仕事に役立てることができます。

2001年に出された厚生労働省の通達により、ケアマネジャーや作業療法士にしか認められていなかった「住宅改修を必要とする理由書の作成」が、福祉住環境コーディネーター2級合格者にも行えるようになりました。

この理由書により、介護保険制度給付金で住宅改修費の助成を受けることが可能になるため、民間資格とはいっても準公的な権限を持つ資格だということができるでしょう。

福祉住環境コーディネーターに向いている人

高齢者や障害者と接することが多いため、性格面では親身になって相手のことを考えられる、優しく思いやりのある人に向いています。

インテリアや建築に興味があり、なおかつ少子高齢化社会や、介護・介助、医療について関心があったり、問題点が見えていたりする人には最適な職種だといえるでしょう。

また、顧客やケアマネージャー、建築関係者などたくさんの人と話し合い、それぞれの立場に立った考えのもとにとりまとめや提案を行う職種であるため、コミュニケーション能力や交渉力も必要です。

アイディアマンやクリエイティブな発想力を持つ人も、この仕事には適しているでしょう。

福祉住環境コーディネーターの就職状況・雇用形態

福祉住環境コーディネーターの1級検定が行われるようになったのは2003年度からなので、まだそれほど認知度が上がっていないという現状があります。

そのため、職種として福祉住環境コーディネーターを募集する企業は少なく、現時点では、介護や福祉、建築などの分野に就職した後、その職場において、資格を生かせる業務を見つけていくような働き方になるでしょう。

中でももっとも資格が役立つ可能性が高いのは、比較的求人件数の多い建設関係です。

インテリアコーディネーターの資格を併せて習得していれば、その職種で就職後、福祉住環境整備の業務もこなせるという貴重な人材として活躍できるでしょう。

この場合、雇用形態は正社員が多いようです。

福祉住環境コーディネーターの給料・年収・待遇

福祉住環境コーディネーターを専任する人がまだ極端に少ないため、平均年収を割り出すことはできません。

他の職種に就きながら福祉住環境コーディネーターを兼業し、業務のひとつである「住宅改修を必要とする理由書の作成」を請け負った場合、自治体から支払われる報酬は一通につき2,000円。

顧客との打ち合わせや住宅に赴いての見積もりなどといった手間を考えると、非常に低い印象を受ける報酬額です。

また、実際にリノベーションを行う段になっても、住宅改修に利用できる介護保険制度給付金は限度額が20万円に定められているため、施主は改修費用を20万円以内に収めようとする傾向にあります。

その予算の中から福祉住環境コーディネーターに支払われる報酬には、それほど期待はできないでしょう。

福祉住環境コーディネーターの生活・勤務時間・休日

まだ認知度が低い現状では、福祉住環境コーディネーターの資格を持つ人は他の職種を兼任し、主に介護・福祉関係、または建築関係の職場で働いています。

介護・福祉関係の職場の場合は24時間動いていて、スタッフは交代制で働くことが多く、時間的に不規則です。休日も曜日が決まっておらず、シフトに合わせて取ることになるでしょう。

建築関係の職場の場合は9時から18時など、勤務時間が決まっていますが、顧客の都合に合わせて残業することもたびたびあります。

また、現場には何度も足を運ぶ必要があり、取引先に出向くこともあるため、外出や移動が多い環境です。土日でもアポイントがあれば出勤し、後日代休を取ることもあるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの現状と将来性

日本の人口の4人に1人が65歳以上だという超高齢化社会において、福祉住環境コーディネーターは比較的新しい資格ではあるものの、福祉や建築の現場における潜在的なニーズは非常に高いと考えられています。

今後さらに高齢化が進むことが予想される中、福祉住環境コーディネーターは認知度アップとともに活躍が期待される職種であり、数年後には福祉住環境の整備を専任に行うコーディネーターもたくさん現れるでしょう。

しかし現時点では、福祉住環境コーディネーターの資格のみでは就職に有利だとはいい切れません。

福祉や建築関係の仕事に就いてから業務を充実させ、収入の増加やキャリアアップに役立てるための資格だといえそうです。