このサイトは介護事務を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「介護事務」

仕事内容
介護事務は、介護老人保健施設、デイサービスセンターグループホームなどの介護関連施設で、介護サービスに関する事務全般を行う仕事です。中心業務は「介護報酬請求業務(レセプト作成)」で、介護保険制度に基づき、国や自治体と利用者がそれぞれ負担する介護サービスの代金を計算します。そのほか、受付・会計、経理、総務など多岐に渡る業務をこなします。「介護福祉士」などの資格を持ち、介護職と兼務して働く人も大勢います。
なるには
介護事務として働くうえで、絶対に必要な資格や学歴はありません。関連する民間資格に「介護事務管理士」や「ケアクラーク」がありますが、資格がなくても就職することは可能です。ただし、実際には介護事務としての求人はあまり多くなく、「介護福祉士」や「介護職員」となって利用者の方の介護をしながら事務仕事も兼任できる人が求められることが多いです。大規模の施設では、専任の介護事務を雇っていることもあります。
給料
別職種と兼任で事務を行う場合の平均的な収入は、介護福祉士であれば年収250万円〜400万円程度、ヘルパーは年収300万円程度、ケアマネジャーは年収400万前後となっています。施設によっては事務を行う分だけ若干給料がアップしたり、介護事務関連の資格を取得することで手当が上乗せされたりすることもあります。事務専業で働く場合の平均年収は250万円程度といわれていますが、施設によっては資格手当やボーナスも支給されます。パートやアルバイトとして働くこともできます。
将来性
2000年からスタートした介護保険制度により、「介護報酬請求業務」を専門的に行える介護事務への注目度が高まっています。高齢化社会も年々進んでおり、介護サービスの需要は今後さらに高まることが予想されますが、介護業界はまだまだ人手不足であり、状況に応じて介護から事務まで幅広く仕事ができる人のほうが優遇されやすいことは事実です。介護事務のスキルと同時に、ヘルパーなどの資格まで併せ持っておくと、より可能性は広がるといえるでしょう。