社会福祉士になるには? 資格は必要? 図解でわかりやすく解説

社会福祉士になるには社会福祉士国家資格を取得する必要があります。

この記事では、社会福祉士になるにはどのようなルートがあるかを図解で丁寧に解説します。

また、社会福祉士を目指す方が知っておくべき基本事項もまとめていますので、参考にしてください。

社会福祉士になるには国家資格が必要


社会福祉士になるには、社会福祉士国家試験に合格して国家資格を取得することが必要です。

国家試験を受験するために、まずは受験資格を得なければなりません。

受験資格を得る方法は全部で12通りありますが、代表的なものは以下の通りです。

  • 福祉系大学等(4年)+指定科目を修め卒業
  • 福祉系短大等(3年)+指定科目を修め卒業+相談援助実務を1年~2年以上経験
  • 福祉系以外大学(4年)+一般養成施設で1年以上学ぶ
  • 相談援助実務(4年)+一般養成施設で1年以上学ぶ

最短で4年以上かかること、そして大学や養成施設など、いずれかの教育機関で学ばなければならないことは共通しています。

社会福祉士の資格制度は複雑なうえ、改正も頻繁に実施されますので、常に最新の情報をその都度確認することをお勧めします。

詳細については、以下のリンク先を参照してください。

参考:社会福祉振興・試験センター 受験資格(資格取得ルート図)

社会福祉士になるには12通りのルートがある

上の図の通り、社会福祉士になるための国家試験受験資格を得るルートは12通りと多いですが、大きく分けると3通りです。

  • 1.福祉系大学・短大で指定の科目を修了する
  • 2.福祉系大学・短大で基礎科目を修了し短期養成施設などで学ぶ
  • 3.一般の大学や高卒から実務と一般養成施設で学ぶ

一つずつ解説します。

社会福祉士になるための学校の種類と費用(大学・専門学校・通信大学)

社会福祉士になる方法1.福祉系大学・短大等(指定科目履修)ルート

社会福祉士 なるには 指定科目履修

  • 福祉系の大学で指定科目を履修(4年)
  • 福祉系の短大などで指定科目を履修(3年)、相談援助の実務(1年以上)
  • 福祉系の短大などで指定科目を履修(2年)、相談援助の実務(2年以上)

4年制福祉系大学は、受験資格を得るルートの中で唯一、卒業後に実務経験を積む必要も、養成施設で学ぶ必要もなく最短で社会福祉士になることができます。

ただし、厚生労働省によって定められた指定科目を修めることが条件となっており、基礎科目だけでは卒業後に短期養成施設に入り直さなければならないので、履修漏れには注意する必要が必要です。

福祉系の短大や専門学校も有力な選択肢です。

ただし、国家試験の受験資格を得るには4年制大学とは異なり学業期間と合計して通算4年以上に達するまで、厚生労働省の指定施設において実務経験を積まなければなりません。

社会福祉士になる方法2.短期養成施設等ルート

社会福祉士 なるには 基礎科目履修ルート

  • 福祉系の大学で基礎科目を履修(4年)、短期養成施設など
  • 福祉系の大学で基礎科目を履修(3年)、相談援助の実務(1年以上)、短期養成施設など
  • 福祉系の大学で基礎科目を履修(2年)、相談援助の実務(2年以上)、短期養成施設など
  • 社会福祉主事養成機関(2年以上)、相談援助の実務(2年以上)、短期養成施設など
  • 児童福祉司など指定のの実務経験4年、短期養成施設など

福祉系の大学などを卒業し、厚生労働省によって定められた科目を履修して「短期養成施設」と呼ばれる学校で一定期間勉強して受験資格を取得します。

短期養成施設は全国にあり、通信制でeラーニングが可能など仕事や育児などと両立しやすいコースもあります。

短期養成施設の一覧は社会福祉振興・試験センターの公式サイトで確認できます。
短期養成施設の一覧

社会福祉士になる方法3.一般養成施設等ルート

社会福祉士なるには 一般養成施設ルート

  • 一般大学(4年)、一般養成施設など
  • 一般短大(3年)、相談援助の実務(1年以上)、一般養成施設など
  • 一般短大(2年)、相談援助の実務(2年以上)、一般養成施設など
  • 相談援助の実務(4年)、一般養成施設など

既に社会人の方、最終学歴が高卒の方も社会福祉士になることが可能です。

大学や養成施設のなかには、通学制コースだけでなく、通信制のコースもあるので、学費を安く抑えて働きながら資格を取得することもできます。

社会福祉士になるには試験合格と登録が必要

社会福祉士を名乗るには国家試験に合格し、登録が必要となっています。

社会福祉士の登録手順

  • 1.書類を試験センターへ簡易書留送付
  • 2.試験センターで審査・登録手続き
  • 3.社会福祉士の登録証が交付される

登録には登録免許税15,000円と、手数料4,050円の収入印紙を同封します。

必要書類の詳細は合格通知に同封されているので漏れのないように確認してください。

社会福祉士の国家資格は、名称独占資格と呼ばれるものであり、社会福祉士を名乗るためには資格取得が必須であるものの、相談業務自体は、資格がなくても行うことができます。

しかし、さまざまな相談内容に対応するためには、福祉はもちろん、行政や医学心理学などに関する幅広い専門知識が必要になりますので、社会福祉士の国家資格取得はぜひ目指すべきです。

就職する際にも、社会福祉士の資格保有が条件となっているところが多く、資格があったほうが有利なのは間違いありません。

社会福祉士国家試験の難易度

社会福祉士国家試験の難易度

  • 合格率は30%前後
  • 必要勉強時間は約300時間、1年程度

社会福祉士国家試験の合格率は、近年30%前後で推移しており、受験生の全員がいずれかの教育機関でしっかり学んできた人であるということを勘案すると、かなり難易度の高い試験といえます。

合格するために必要な勉強時間は300時間が目安とされており、およそ1年間ほど受験勉強にかけるケースが一般的です。

受験資格別に合格率をみると、平成31年の試験結果では、4年制福祉大学卒業者が28.5%であるのに対し、実務経験者などを含む一般養成施設卒業者が32.9%となっています。

この結果は、社会福祉士国家試験を突破するには、机上の知識ばかりでなく、現場での実務経験も非常に重要であるということを示しています。

社会福祉士に必要なのは学歴ではありませんので、福祉現場や介護現場のスタッフなどであっても、社会福祉士になれるチャンスは十二分にあります。

社会福祉士国家試験の難易度・合格率

社会福祉士の受験資格になる実務経験の積み方

社会福祉士_画像

資格取得ルートで実務経験として認められる職種は、厚生労働省の通知により決められています。

この章では、受験資格の対象になる職種の例を紹介します。

実務経験の対象になる施設

相談業務に該当する施設や職種は数が多いので、一部を抜粋して代表的なものを掲載しています。

社会福祉士の受験資格実務経験:児童分野

施設名 職種
児童相談所 児童福祉司・受付相談員・相談員・電話相談員・児童心理司・真理判定員・児童指導員保育士
母子生活支援施設 母子支援員・母子指導員・少年指導員・個別対応職員
児童養護施設 児童指導員・保育士・個別対応職員・家庭支援専門相談員・職業指導員・里親支援専門相談員
知的障害児施設 児童指導員・保育士
障害児通所支援事業 指導員・児童指導員・保育士・児童発達支援管理責任者・障害福祉サービス経験者
障害児相談支援事業 相談支援専門員
児童自立支援施設 児童自立支援専門員・児童生活支援員・個別対応職員・家庭支援専門相談員・職業指導員

社会福祉士の受験資格実務経験:高齢者分野

施設名 職種
介護保険施設<指定介護老人福祉施設、介護老人保健施設、師弟介護療養型医療施設> 生活相談員・支援相談員・相談指導員
地域包括支援センター 包括線事業に係る業務を行う職員・保健師・主任介護支援専門員等
指定夜間対応型訪問介護を行う施設 オペレーションセンター従事者
指定認知症対応型共同生活介護を行なう施設 介護支援専門員
介護予防支援事業を行なっている事業所 担当職員

社会福祉士の受験資格実務経験:障がい者分野

施設名 職種
身体障がい者更生相談所 身体障がいしゃ者福祉司・心理判定員・ケースワーカー
点字図書館 相談援助業務を行なっている専任の職員
精神保健福祉センター 精神保健福祉相談員・精神保健福祉士・精神科ソーシャルワカー
知的障害者更生相談所 知的障害者福祉司・心理判定員・職能判定員・ケースワーカー

社会福祉士の受験資格実務経験:その他の分野

施設名 職種
保健所 精神保健福祉相談員・精神保健福祉士
婦人相談所 相談指導員・心理技能判定員・専任の婦人相談員
更生保護施設 補導主任・補導員
救護施設・更生施設 生活指導員
授産施設 指導員

相談援助業務(実務経験)に該当するか否かは、以下のサイトで確認することができます。

相談援助業務(実務経験)一覧

実務経験の対象外の施設

以下は社会福祉士の受験資格の実務経験対象外なので注意してください。

 

職種・事業 実務経験に該当しない場合
指導員 「介護等の業務を行なう指導員」として介護福祉士国家試験を受験した方
児童指導員 保育士から継続して児童指導員となり、「入所者の保護に直接従事する児童指導員」として介護福祉士国家試験を受験した方
保育士 「保育士」のうち、「入所者の保護に直接従事する保育士」として介護福祉士国家試験を受験した方
障害福祉サービス経験者 「障害福祉サービス経験者」のうち、「介護等の業務を行なう障害福祉サービス経験者」として介護福祉士国家試験を受験した方
生活支援員、生活指導員、指導員 「介護等の業務を行なう生活支援員、生活指導員、指導員」として介護福祉士国家試験を受験した方
第一号通所事業(高齢者分野) 事業者指定を受けていないもの等
包括的支援事業(保健師、主任介護支援専門員等) 一部の事業

社会福祉士として働くにはどんな職場がある?

社会福祉士は、ありとあらゆる福祉に関する相談を受付けます。

したがって、社会福祉士の勤務先には介護や医療、障害者支援など、様々な選択肢が考えられます。

多くの人が働いているのは以下の4つです。

社会福祉士の勤務先

  • 高齢者福祉施設:約4割
  • 障がい者福祉施設:約2割
  • 医療施設:約1割
  • 独立して働く

それぞれ、仕事内容も含めて紹介します。

社会福祉士の活躍の場1.高齢者福祉施設

厚生労働省の統計によれば、最も多くの社会福祉士が働いているのは高齢者福祉施設で、全体の約4割が働いています。

高齢者福祉施設とは例えば以下のようなものです。

  • 介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム
  • ケアハウス
  • グループホーム

社会福祉士は生活相談員として、施設を利用する高齢者とその家族に対して、生活面や経済面、介護方法、福祉サービスなどに関する相談に応じます。

また、社会福祉士が介護職員を兼ねているケースも多いですし、介護報酬の計算といったデスクワークや、施設利用を検討している人の案内など施設運営全体の業務を行います。

社会福祉士の活躍の場2.障がい者福祉施設

社会福祉士の勤務先として、高齢者福祉施設の次に多いのが障がい者福祉施設で、2割弱が勤務しています。

障がい者福祉施設とは下記のようなものを指します。

  • 身体障がい者福祉センター
  • 障がい者グループホーム
  • 福祉作業所

公共の身体障がい者福祉センターに勤める場合、障がい者やその家族からの相談対応が主な仕事になります。

一方、障がい者グループホームなど、入所形式の施設の場合は、相談業務に加えて日常生活の介護業務が発生するケースが一般的です。

社会福祉士の活躍の場3.医療施設

社会福祉士の約1割が務めるのが病院などの医療施設です。

大きな総合病院などでは、「生活相談室」などの相談所があり、社会福祉士が常駐しています。

社会福祉士は、入院生活から退院後にわたり患者の生活に関する相談に応じます。

社会福祉士の就職先の種類・活躍の場

社会福祉士の活躍の場4.独立して働く

社会福祉士は、独立開業も可能な職種です。

相談業務のみで十分な収入を得ることが困難なので、多くの独立型社会福祉士は成年後見を受任したり、福祉サービスの第三者評価を受けおったりして生計を立てています。

社会福祉士に適性があるのはこんな人


社会福祉士の支援対象は、高齢者や要介護者、生活困窮者、虐待を受けている子ども、DV被害者など、なんらかの理由でつらい境遇に立たされ、福祉の手助けを求めている人たちです。

社会福祉士には、そうした厳しい状況に共感し、相手の立場で物事を考えられる、思いやりのある優しい人が向いているでしょう。

また、社会福祉士のおもな仕事は相談対応ですので、相手の話を聞くのが得意で、コミュニケーションスキルが高いことも大切です。

日常生活において、家族や友人などから、悩みごとや相談を持ちかけられやすい人は、社会福祉士の適性があるかもしれません。

社会福祉士に向いている人・適性・必要なスキル

社会福祉士を目指すなら知っておきたい基本事項

この章では、社会福祉士を目指す方が知っておきたいことをまとめました。

社会福祉士のキャリアプラン・キャリアパスは?

社会福祉士の業務には、さまざまな分野にわたる深い専門知識やスキルが必要になりますので、資格を取得しただけですぐ活躍できるわけではありません。

まずは上司や先輩の社会福祉士の指導を受けながら、ひとつずつ実務経験を積んでいくことが必要です。

数年間のキャリアを経て、一通りの実務をこなせるようになったら、管理職への昇進を目指すこともできますし、介護福祉士やケアマネジャー、精神保健福祉士などの関連資格取得を目指す道も考えられます。

なかには、勤め先を退職して独立し、自身の社会福祉事務所を開業する人もおり、自身の希望や信念に基づいて、多様なキャリアプランを描くことが可能です。

社会福祉士を目指せる年齢は?

社会福祉士の国家資格を取得するためのルートは複数ありますので、学歴や職歴によってさまざまな道を選択することができます。

いずれかの学校に通うことは必須であるものの、夜間課程や通信課程であれば、働きながら資格取得を目指すことも不可能ではありませんし、また年齢が気になることもないでしょう。

さらに、社会福祉士は就職先も多様ですので、資格さえあれば年齢を問わないという職場も珍しくありません。

とくに介護施設は、業界全体が慢性的な人手不足に陥っていることもあり、数多くの求人を見つけることができます。

従って、社会福祉士は、何歳からでも目指すことができる職業といえます。

ただ、公共施設への就職については、公務員試験に年齢制限がある関係上、おおむね40歳くらいが上限となるでしょう。

社会福祉士は高卒から目指せる?

高卒の場合、そのままでは社会福祉士国家試験の受験資格がありませんので、まずは受験資格を得ることが必要です。

高卒から受験資格を得るには、福祉施設などに就職し、実務経験を積んでから養成施設で学ぶ方法なども考えられますが、最も望ましいのは、4年制の福祉系大学に進学する道です。

経済的、または家庭的な事情で大学に通うことが難しい場合は、夜間課程や通信課程の大学を選択するとよいでしょう。

どのルートを辿るとしても、資格取得まで最低4年はかかる長い道のりとなりますが、中長期にわたって努力し続ける意思さえあれば、高卒から社会福祉士になることも十分に可能です。

高卒で社会福祉士の資格を取るには

社会福祉士は女性もなれる?

近年の社会福祉士国家試験合格者をみると、男女比はおよそ1:2程度となっており、女性のほうがかなり多くなっています。

相談業務がメインであり、体力的負担が少ないことや、土日祝日が休みの職場が多く、家庭生活とのバランスが取りやすいことなどが、女性からの人気を集めている理由です。

また、社会福祉士には公務員として働ける職場も多数ありますので、産休や育休を取得しやすい点も大きな魅力です。

病気や障がい、貧困など、つらい状況にある人と接する際には、女性ならではの優しさや包容力が生きるケースも多く、社会福祉士は女性に向いている仕事といえるでしょう。

女性の社会福祉士のキャリアパス・結婚後の生活

参考:社会福祉士登録者数の推移

社会福祉士の登録者数は年々増加しています。平成30年の登録者数は226,283人になりました。

社会福祉士登録者数の推移_30

出所:厚生労働省

社会福祉士になるには:まとめ

社会福祉士になるには、最短でも4年かけて受験資格を得て国家試験に合格する必要があります。

合格後に登録手続きを完了すれば、社会福祉士と名乗ることができます。

社会福祉士の試験に合格後は福祉施設などの勤務先で働きながら実務経験を積んでいくことになります。