このサイトは健康運動指導士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「健康運動指導士」

仕事内容
健康運動指導士は、病院などの保健医療機関と連携しながら、対象者の心身の状態に合わせて運動プログラムの作成と実践指導計画の調整をし、運動を通じた「健康づくり」に貢献する仕事です。子どもから大人まで幅広い年代の人と接し、生活習慣病の予防や肥満予防のための運動指導、高齢者の運動指導、食育指導などを行います。医学や栄養学、運動生理学等に関する専門知識と、対象者にわかりやすく、安全な運動指導を行うためのスキルが求められます。
なるには
健康運動指導士になるには、「健康運動指導士養成講習会」を受講するか「健康運動指導士養成校」の養成講座を修了したうえで、「公益財団法人 健康・体力づくり事業財団」が実施する健康運動指導士認定試験に合格する必要があります。養成講習会を受けるためには、4年制体育系大学を卒業するか、保健師や管理栄養士といった国家資格を取得するなどの条件が求められます。主な活躍の場は、病院などの医療機関や介護施設、健康増進施設、民間のフィットネスクラブやスポーツクラブとなっています。
給料
健康運動指導士の収入は、年収にして200〜400万円程度がボリュームゾーンといわれています。正社員のほか、契約社員や時給制のパート・アルバイトなどで働く人、なかには経験を積んでフリーランスになる人もおり、実力や経験で収入も変わります。現時点では、有資格者であることで大きく給料に反映されるケースはあまりないようですが、スポーツ関連施設でスポーツトレーナーとして働く場合など、職場によっては資格手当が付与されるところもあります。
将来性
生活習慣病の増加、高齢化社会の進展とともに、政府は国を挙げて「健康づくり」に取り組む方針を打ち出しています。このような中、専門知識を持って人々に正しい運動の指導を行うことができる健康運動指導士。とくに近年は介護施設、高齢者関連施設での需要が高まっており、今後もさらなる活躍が期待されます。まだ認知度はあまり高くない職業ですが、人々の健康に関する関心が高まっている現代において、必要とされる場面は増えていくことでしょう。