「ケアマネジャー」とは

ケアマネジャー_画像

要介護認定を受けた高齢者に対し、適切な支援を受けるための「ケアプラン」を作成する。

ケアマネージャーは正式名称を「介護支援専門員」と言い、介護保険制度に基づき、要介護認定を受けたお年寄りに対して、ケアプランを作成する仕事です。

ケアプラン作成の他にも、要介護認定の申請代行や介護報酬の給付管理も行います。

ケアマネジャーになるには、都道府県が実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが必要です。

受験資格を得るためには、実務経験が必要なこともあり、介護福祉士として働く人が資格の取得を目指すケースが大半です。

合格率は20%ほどで、資格の取得も簡単ではないため、他の介護職よりも良い待遇で働くことができます。

介護のサービスが多様化する中で、最適なケアプランを作成することができるケアマネージャーへの要望は高まっています。

「ケアマネジャー」の仕事紹介

ケアマネジャーの仕事内容

医療、介護、福祉の知識を活かして総合的に利用者を支援

ケアマネジャーとは、正式な名称は介護支援専門員と言い、利用者が介護保険を使用する際に、その利用に合ったサービスをさまざまな視点から考え、ケアプランを作成する仕事です。

通称、ケアマネと省略して呼ばれることも多い職業です。

ケアプランを作る際に市区町村や医療機関、福祉施設と連携を行い、利用者の介護サービスを総合的にマネジメントする役割を持っています。

どの介護サービスが利用者にとって必要なのか、医療面、介護面、福祉面から考えなければいけないため、幅広い知識が必要な職業です。

介護保険の仕組み、料金についての知識も持ち、給付の上限額の範囲内でサービスを組み合わせられるように、正確な計算もできなければなりません。

ケアマネジャーの就職先・活躍の場

施設ケアマネと居宅ケアマネに分かれる

ケアマネジャーの就職先は、主に「特別養護老人ホーム」などの施設と、「居宅介護支援事業所」で働く場合の大きく2つに分かれます。

施設で働くケアマネジャーのことを通称、「施設ケアマネ」と呼び、入居者のケアプラン作成を行います。

施設の場合、居宅介護支援事業所より多数の利用者を担当することが多いため、多くの経験を積むことができるメリットがあります。

しかし、夜勤勤務があったり、介護職員の人手不足から送迎業務や介護業務を行うこともあります。

居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーを通称、「居宅ケアマネ」と呼びます。

利用者のケアプラン作成はもちろん、訪問看護や訪問介護、デイサービスなどの介護サービスの日程調整、連携を行います。

居宅ケアマネは日勤のみとなりますので、生活リズムが整いやすい傾向があります。

ケアマネジャーの1日

特別養護老人ホームに勤めるケアマネジャーの1日(日勤の場合)

8:30 出社
出社し、職員と今日のスケジュールを共有します。

9:00 朝礼
職員の1日の流れを確認し、夜勤の介護職員から入居者の健康状態について申し送りを受けます。

9:30 ケアプラン作成業務、電話対応
ケアプランの作成はもちろん、要介護認定申請などの書類を作成するなどの事務仕事を行います。

12:00 昼食
午後もしっかり勤務できるよう、昼食をとります。

13:00 入居者の部屋に訪問
入居されている方の部屋に伺い、サービス導入後、不便がないか、困りごとがないかを伺います。

15:00 入居者の介護業務
介護士の状況に応じて、入居者の歩行の補助などの介護業務を行います。

16:00 担当者会議
看護師や担当の介護士とともに、入居されている方の体の状態、課題や改善していくべきことを話し合い、ケアプランの見直しに役立てます。

17:00 事務作業
ケアの記録を作成し、見直したケアプランを入力するなどの事務作業を行います。

18:00 退社
翌日の準備を行い、退社します。

ケアマネジャーになるには

ケアマネジャー資格の取得が必須

ケアマネジャーとして働くためには、ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格が必要です。

ケアマネジャーは国家資格ではありませんが都道府県が行っている試験で、ケアマネジャーの受験資格は、大きく2つあります。

1つ目は、医師、看護師、機能訓練士などの国家資格を有する業務を5年以上かつ、900日以上実務経験がある者

2つ目は、生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談専門員、介護福祉士、ヘルパーなどの業務で5年以上かつ、日数が900日以上の実務経験がある者です。

どちらの方法でも、長い実務経験が必ず必要なため、受験をするのにもレベルが高い資格といえるでしょう。

ケアマネジャーの学校・学費

5年以上の実務があれば学歴は不要

ケアマネジャーなるには、指定されている業務で5年以上かつ900日上の経験があれば、学歴などは関係なく受験することができます。

ケアマネジャーは実務経験が必須なため、受験者も社会人となり、多くの方が働きながらケアマネジャー資格にチャレンジしています。

独学で試験対策をする方もいれば、通信講座や専門学校で行う短期講座に通う方もいます。

学歴は必要ないものの、試験合格のためにさまざまな試験対策をする方が多いようです。

ケアマネジャーの資格・試験の難易度

介護系資格のなかで最も難易度が高い

ケアマネジャー試験は介護系資格のなかで最も難しい試験といわれています。

合格率は平均17%前後で、試験受験者の2割未満の合格率となっています。

ケアマネジャー試験の難易度が高い理由として、2つが考えられます。

1つ目は、ケアマネジャー自体が量よりも質を求められるようになり、試験が厳しくなっている点です。

2つ目は、働きながら受験する方が多いため、試験勉強が間に合わない方が半数いるという点です。

試験を受けるのであれば余裕を持ったスケジュールで、しっかり受験勉強をしていきましょう。

ケアマネジャーの給料・年収

平均年収は330~420万円

ケアマネジャーの平均年収は、約330万円~420万円といわれています。

特にケアマネジャーは、さまざまな症例、難ケースなどを対応するため経験がとても大事な職種です。

ケアマネジャーとして経験を積むほど、年収が上がる傾向にあります。

施設ケアマネと居宅ケアマネでは、夜勤がある施設で働く方が、年収が高くなる傾向があります。

夜勤で働く場合は生活リズムも変わりますので、ご自身にとってどちらが働きやすいのかを考え職場を選びましょう。

ケアマネジャーのやりがい、楽しさ

利用者と信頼が築けたときに嬉しさを感じる

ケアマネジャーは、最初に利用者やご家族と面談を行い、悩みや課題、困っていることを伺いケアプランを作成していきます。

しかし、初めて会う方には、人はなかなか本音で話せないものです。

ケアマネジャーは時には何度も訪問し、少しずつ利用者と信頼関係を築いていきます。

患者さんやご家族から不安に感じていること、悩みを聞き出せたときに、とてもやりがいを感じる仕事でしょう。

ケアマネジャーのつらいこと、大変なこと

根気強く利用者に関わることが大切

ケアマネジャーは、利用者やそのご家族の悩みを伺いながら、解決をしてくれる医療機関、介護サービスと連携をしてケアプランを作成していきます。

連携している医師、看護師、機能訓練士などの職種は、利用者の将来や家庭内全体を見てアドバイスをしているため、ときには利用者の意にそぐわない場合があります。

そんなときにも、利用者に寄り添い、作成したケアプランを理解してもらえるように根気強く関わっていく必要があります。

ケアマネジャーに向いている人・適性

全体を通してみる広い視野が大事

ケアマネジャーは、悩んでいる、困っている人の役に立ちたい、サポートをしたいという気持ちを持った方に向いています。

利用者やご家族、医師、看護師、機能訓練士、介護士などのほかの職種の意見も伺いながら進めていきますので、広い視野で考え、ほかの職種の意見を参考にケアプランに活かす必要があります。

ときには利用者が作成したケアプランに納得してもらえず、拒否されてしまうこともあります。

時間をかけて利用者に寄り添っていく忍耐力が大切でしょう。

ケアマネジャー志望動機・目指すきっかけ

どんなケアマネジャーになりたいか思いを伝えよう

ケアマネジャー試験に合格し、免許が届いたらいよいよケアマネジャーとしての就職活動が始まります。

施設ケアマネ、居宅ケアマネともに、一般的に書類選考となりますので、志望動機を書いた履歴書、ケアマネジャー免許証のコピーなどの必要書類を郵送します。

まずは書類選考の通過が重要なため、どんなケアマネジャーになりたいのか、熱い思いを文章で伝えましょう。

選考が通過すれば面接となり、基本的には1回の面接で終わることが多いですが、企業によって複数回行うこともあります。

ここでも口頭で、志望動機や自己PRをしっかり伝えましょう。

施設や居宅によって業務が異なることもありますので、面接でも業務内容について確認しておきましょう。

ケアマネジャーの雇用形態・働き方

正社員、アルバイト、パートと働き方いろいろ

ケアマネジャーの雇用形態は、正社員が多いですが、それ以外にも契約社員、アルバイト、パートなど多岐に渡ります。

正社員として勤め、いずれ子どもが生まれたら子育てと両立しながら、パートで働くというケアマネジャーも増えています。

アルバイト、パートの場合の平均時給は1200円ほどで、ほかの介護職よりも高い傾向にあります。

超高齢社会を迎えるにあたり、施設や居宅の増加が考えられるため、どの雇用形態でもニーズは上がってくるといえるでしょう。

ケアマネジャーの勤務時間・休日・生活

施設はシフト制、居宅は日勤土日休み

施設ケアマネの場合、勤務時間は日勤、夜勤とさまざまで、24時間体制の施設の場合は早番、中番、遅番と始業時間も日によって変わる可能性があります。

居宅ケアマネに場合は日勤のみで、休日も土日祝休みが基本的に多いでしょう。

ただし、施設と異なり交代制ではないため、休みの日に面談のため出勤をすることもあります。

子育て中の方や生活リズムを重視する方は、居宅介護支援事業所を選ぶ方が多いようです。

ご自身のやりたい仕事内容、ライフスタイルで選ぶと良いでしょう。

ケアマネジャーの求人・就職状況・需要

現在飽和状態だが、今後ニーズが上がる可能性も

現在は難易度が高いケアマネジャー試験ですが、以前のケアマネジャー試験の合格率は40%とも言われ、そのため現状飽和しているといわれています。

しかし、年々ますます施設や居宅が増え続け、ケアマネジャーが活躍できる場所が増加しています。

日本は超高齢社会を迎えますので、近い将来ケアマネジャーがまた足りなくなると予想されています。

ただし、介護士の人手不足のため、ケアマネジャーをしながら介護業務も行う可能性はさらに増えると考えられています。

ケアマネジャーの転職状況・未経験採用

経験があれば施設、居宅ともに転職しやすい

ケアマネジャーの転職は、経験年数が有利になる職種のため、実務経験があれば施設、居宅ともに転職しやすい職種です。

経験を増やすため、施設から居宅、居宅から施設へ転職する方も増えています。

一方、試験の合格率が低いため、企業の将来を担う若手のケアマネジャーが採用しにくいという問題があるようです。

そのため、普段は経験者を募集しているが、未経験でも若手ケアマネジャー採用を行う企業が増加しています。

ケアマネジャーの現状と将来性・今後の見通し

少しずつケアマネジャーの需要は増加

飽和状態であるケアマネジャー採用ですが、超高齢社会に伴い少しずつ需要が高まっていくと考えられます。

企業も次世代リーダーを育てるため、未経験や経験が浅い方向けの求人広告も目立つようになってきました。

若手はもちろん、経験があれば、何歳でも仕事ができるのがケアマネジャーの魅力です。

今すぐに需要が増加するわけではありませんが、年々ニーズが増え、ケアマネジャーの活躍の場が広がっていくといえるでしょう。