このサイトはケアマネジャーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ケアマネジャー」

仕事内容
ケアマネジャーは正式名称を「介護支援専門員」と言い、要介護認定を受けたお年寄りに対して、ケアプランを作成する仕事です。医療・介護・福祉の分野に関するトータル的な専門知識を生かし、要介護者の状況に合わせたサービスを計画し、市町村等とも連絡調整を行いながら要介護者が自立して生活できるようにサポートを行います。その他には、要介護認定の申請代行や介護報酬の給付管理も行います。
なるには
ケアマネジャーになるには、都道府県が実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」への合格が必要です。試験を受験するためには、看護師や保健師、理学療法士、社会福祉士等、保健医療系・福祉系の国家資格を持った上で実務5年以上、900日の経験を有しているか、老人福祉施設や在宅介護サービス業などでの実務経験5年~10年が必要となります。さらに、試験合格後は実務研修を受け修了することで、ケアマネジャーの資格が得られます。
給料
正社員の場合、平均月収20万円~25万円程度、平均年収300万円~370万円程度が一般的です。介護業界は全般的に給与水準が低めとなっていますが、ケアマネジャーの資格を持っていることで、基本給に加えて資格手当が付くケースは多いです。正社員雇用ではなく、パートなど非正規社員として時給制で働く人もいます。また、介護福祉士など、他の福祉・介護系の仕事と兼務している人が多いという特徴もあり、働き方によって給料は大きく異なります。
将来性
ケアマネジャーは介護保険制度と同時に生まれた資格で、まだ歴史の浅い仕事ですが、高齢化社会によって要介護者が増える中、この仕事への期待は大きく高まっていると言えます。また、介護サービスが多様化する現代は、個々に最適なケアプランを作成するのも決して簡単なことではありません。高い専門知識を身につけ、適切なケアプランを作成できる人材は、今後ますます必要とされていくでしょう。

仕事体験談