「介護福祉士」とは

介護福祉士_画像

要介護者の身体介護と生活援助を行い、本人とその家族の日常生活を支援する。

介護福祉士は、高齢者や身体、精神に障害のある人が日常生活をできるように介護する仕事です。

同様の資格として、ホームヘルパーがありますが、ホームヘルパーが公的認定資格であるのに対して、介護福祉士は国家資格となります。

資格がなくても介護の仕事をすることは可能ですが、資格を取得していると就職や給料の面でやや有利になります。

介護福祉士になるためのルートは複数ありますが、1.介護福祉士国家試験を受験し合格する、2.介護福祉士養成施設を卒業するの2つに大別されます。

介護の現場は過酷であり、忍耐力、体力が求められます。

高齢化社会において、需要が高まっている職業あり、待遇の改善が少しずつ進められています。

「介護福祉士」の仕事紹介

介護福祉士の仕事内容

国家資格を持って働く介護のエキスパート

介護福祉士は、高齢者や身体および精神に障害のある人の入浴、食事、排泄などの介護を行う仕事です。

一般的には、「社会福祉士及び介護福祉法」に基づいた介護福祉士の国家資格を持って働く人のことをいいます。

介護福祉士は、当事者の身体的・精神的自立のサポートをするのはもちろん、その家族などの介護者とも接し、介護についての指導や助言を行います。

介護の仕事をする代表的な仕事として、他にも「ホームヘルパー」などが挙げられますが、より専門的な知識を持つ介護福祉士は現場のリーダーとなって働くことが多くなっています。

介護福祉士の就職先・活躍の場

介護施設を中心に活躍できる

介護福祉士は、老人保健施設をはじめとした介護施設がおもな就職先となります。

介護職員の一員として働いたり、居宅サービスの事業所ではホームヘルパーのリーダー役となる「サービス提供責任者」を務めることもあります。

国家資格が必要なる職種であることから正社員として採用されることも多く、ホームヘルパーとの待遇は明らかに違ってくるのも特徴です。

介護施設といってもさまざまな種類があり、特別養護老人ホームなどの入居型介護施設の場合は、24時間体制の介護が求められますし、訪問介護やデイサービスでは夜の活動はほとんどありません。

また、介護福祉士の資格を取得していると、障害を持った方が利用する施設でも働くことができます。

介護福祉士の1日

1日中あわただしく働く人が多い

介護福祉士の1日のスケジュールは、ハードなものです。

それというのも、一部の介助業務はスケジュールを組むことができますが、排泄の介助などは、利用者が希望する際にその都度対応しなければならないからです。

ここでは、老人保健施設で働く介護福祉士のある1日を紹介します。

09:00 出勤
夜勤スタッフからの申し送りを聞いて、利用者の夜間の様子を把握します。

09:30 勤務開始
朝食の片付けを済ませます。

10:00 利用者の状況を確認
担当利用者の居室へ行き、利用者のバイタルチェックや居室の掃除、環境整備を行います。

11:00 昼食準備
昼食を用意し、その後は食事の介助を行います。

12:00 各種介助業務
休憩をとったのち、清掃や入浴介助、排泄介助などを状況に応じてこなしていきます。

15:00 レクリエーション
身体機能維持や認知症予防のためのレクリエーションを実施します。

17:00 勤務終了
夜勤スタッフへの引き継ぎ、介護記録簿への記載などに対応して業務終了です。
夜勤シフトの場合は、食事の介助から服薬の介助、着替えの手伝いなど、入居者の就寝までが忙しい時間帯になります。
さらに夜間にも安否確認を行います。

介護福祉士になるには

国家資格の取得方法は複数ある

介護福祉士の資格を得るための方法は、「国家試験を受験して合格すること」と、「養成施設を卒業すること」の2種類があります。

前者の場合、まずは国家試験の受験資格を得るために、3年以上の実務経験を積むか、福祉系高校を卒業する必要があります。

後者の場合、厚生労働大臣が指定する介護福祉士の養成施設(一般にいう学校)を卒業することで、介護福祉士の資格を取得することができます。

ただし、この先2022年度の卒業生からは養成施設ルートを選んだとしても、国家試験を受けることが義務化される見通しです。

介護福祉士の国家資格に関する方針は日々議論が進められているため、介護福祉士関連の団体や養成施設が発表する記事などで最新の情報を確認してください。

介護福祉士の学校・学費

学校の種類ごとに特色が異なる

介護福祉士になる代表的なルートのひとつは、介護福祉士の「養成施設」で学ぶ方法ですが、この養成施設には専門学校・短期大学・大学などの教育機関があります。

このうち、専門学校では将来の仕事に直結した教育がなされる傾向にあり、短大や大学では介護や福祉に関する専門的な科目以外に、教養科目も学ぶことができます。

とくに4年制大学では幅広い勉強ができ、また同時に「社会福祉士」の養成課程も組まれていることが多いため、進路の選択肢が広げやすいことが特徴です。

大学の場合は約400万円、短大や専門学校の場合は約200万円程度の学費が必要になってきます。

介護福祉士養成施設からの資格取得は、選択した学校によって試験内容や合格までの道のりが変わってくるため、事前に確認しておきましょう。

介護福祉士の資格・試験の難易度

数ある介護系資格のなかでも信頼度は高い

介護福祉士国家試験の合格率は60%~70%程度を推移しています。

国家試験のなかでは難関という部類に入るものではなく、しっかりと勉強しておけば合格できる難易度といえるでしょう。

ただし試験範囲が広いため、不得意分野をできるだけなくしておき、計画的に勉強を進めておく必要があります。

介護の仕事をするうえで必ずしも資格が必要なわけではありませんが、介護福祉士の資格は名称独占資格であるため、この資格を持っている人だけが「介護福祉士」と名乗ることができます。

介護業界の数多くある民間資格に比して、国家資格の介護福祉士はこの業界内では信頼度が高く、上位の資格として位置づけられています。

介護福祉士の給料・年収

給与面で不安を抱える人が多い職場も

施設で働く正規職員の介護福祉士の月給は手取りが15万円~17万円前後で、年収は250万円~400万円程度とされています。

変則勤務で肉体的・精神的にハードな仕事に対して給与が見合っていないといわれることも多く、実際、給与面に満足できずに離職をする人もいるようです。

ただし、国家資格を持っていることから、他の介護職員よりもよい待遇で働ける職場も多く、正社員雇用が中心となっています。

また、介護職は他の資格を取得したり、経験を積むことでも給与が上がっていきます。

より上位の資格である介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得していると、給料アップや待遇面で優遇される可能性があります。

介護福祉士のやりがい、楽しさ

利用者の笑顔が何よりのやりがいに

介護福祉士の最大のやりがいは、やはり「人の役に立てること」だといえるでしょう。

介護は、介護者本人だけでなく、家族にとって大きな負担となっていることが多いです。

心が行き届いた介護を届けることができれば、介護者や家族の負担を軽減するだけでなく日常生活を豊かにすることもできます。

決して楽な仕事でもありませんが、お客さまに「ありがとう」と頭を下げてもらえることもあり、どれだけつらくても、誰かのために役立つことを感じられる仕事だからこそ続けられると話す人もいます。

介護福祉士のつらいこと、大変なこと

やりがいとストレスが紙一重の現場

介護福祉士の仕事のつらい部分は、やりがいと表裏一体だといえます。

介護は利用者の方の生活を支える一部でしかなく、特別なことというよりも、日々の繰り返しの中で行われています。

ものすごく頑張ってつらい仕事をしていても、毎日毎日、自分がやったことに感謝されるとは限りません。

とくに認知症などを患っている方など、自分の状況がわからない介護者からは直接的な感謝の気持ちを表現してもらえず、介護の内容を家族から評価されないということもありえないことではありません。

しかし、介護福祉士は人の生活や命に関わる責任の重さを抱えて働いています。

誇りを持ち、自らモチベーションを保って働く努力が求められるといえるでしょう。

また、介護福祉士が働く多くの施設では24時間体制での業務があるため、不規則な生活パターンになりやすいところも大変な一面だといえます。

介護福祉士に向いている人・適性

人のために働きたいと心から思える人

介護福祉士に向いているのは、やはり「人の役に立ちたい」などの福祉の精神を持っている人だといえます。

困っている人や苦しんでいる人を助けて喜んでもらいたい気持ちがあれば、介護福祉士の適性の一部があるといえるでしょう。

しかし、どんなに人と接することが好きでも、実際に介護をしていくと対象者から怒られてしまったり、家族の方からの苦情を受けたりすることもあり、苦しさを感じることもあるかもしれません。

思いやりだけではなく、忍耐力も必要とされる仕事です。

介護福祉士志望動機・目指すきっかけ

職業体験でのふれあいがきっかけになる人も

介護福祉士を目指すきっかけは人によって異なりますが、家族など身近で介護の様子を見てきた場合や、職業体験などで介護職員や利用者と直接触れ合ったことがきっかけになることがあるようです。

また高齢化社会が進むなか、手に職をつけ、時代に必要とされている仕事がしたいという思いで、介護福祉士を志す人もいるようです。

介護福祉士は国家資格という強みがあり、他の介護職の人よりもよい給料や待遇で働けるチャンスも手にしやすいため、そういった点で介護福祉士になろうと考えるケースも増えているとされます。

介護福祉士の雇用形態・働き方

正社員として採用されることは多い

介護福祉士は国家資格であることから、各施設では有資格者を正社員として採用するケースが目立ちます。

立場としてもヘルパーをまとめる責任者となるため、やりがいを感じやすいでしょう。

一方、正社員以外のパートなどの形で働くことも可能です。

たとえば訪問介護事業所のホームヘルパー、デイサービスの介護スタッフ、施設の入浴時の介護スタッフなどは、その多くが短時間の時給制の仕事となっています。

パートであっても、介護福祉士の国家資格を持っていれば専門性のある人材として待遇面で優遇されることもあるようです。

介護福祉士の勤務時間・休日・生活

勤務先によっては夜勤が入ることも

介護福祉士の勤務時間は、勤務する施設によって少しずつ変わってきます。

訪問介護やデイサービスの施設で働く場合は、一般的な日勤のサラリーマンと同じような勤務時間になります、入居型介護施設の場合は24時間体制で介護を行うため、日勤と夜勤のシフト制が敷かれている施設が多くなっているようです。

この場合、どうしても生活パターンが不規則になる場合があります。

休日については確保はされていますが、休みの日数は施設によって異なり、土曜や日曜が確実に休みになるとも限りません。

介護職員が不足している施設も少なくないため、職場によっては激務となる可能性も頭に入れておいたほうがよいでしょう。

介護福祉士の求人・就職状況・需要

人材不足が深刻だが、待遇は改善傾向

介護福祉士のニーズは、人材不足が悩みとなっている介護の現場ではかなり高くなっています。

とくに専門学校や短大、大学で介護福祉士の養成課程で学んでいる学生は、他学部や他専攻と比べ、圧倒的に就職率が高くなっているようです。

ただし介護職は決して楽な仕事ではなく、全体的に離職率も高いため、働く施設を選ぶ際には待遇などをしっかりと見比べておく必要もあります。

最近は優秀な人材を採用して職場に定着させるために、待遇改善に努める施設も増えつつあるようです。

介護福祉士の転職状況・未経験採用

実務を重視した転職が近道

介護福祉士への転職は、同業種から行われることが多くなっています。

また、介護施設で働いた実績などから介護福祉士国家試験の受験資格を保有したことをきっかけに、介護福祉士になるケースもあります。

まったく別の職業から資格を取ることも可能ではありますが、試験資格の取得条件を考えると、まずヘルパーとして介護職に転職し、そこから資格の取得を目指したほうが現実的だといえるでしょう。

中途採用については、離職率が高いことと有効求人倍率が高いこともあり、多くの人材が募集されています。

熱意や向上心があれば、働き口を見つけることは難しくないでしょう。

介護福祉士の現状と将来性・今後の見通し

専門性を持った人材がますます求められるように

介護保険制度の誕生によって、多くの民間事業所が介護サービスの提供を行うようになり、介護福祉士の活躍の場はどんどん広がっています。

介護施設だけではなく、在宅介護の事業所、行政や地域包括支援センターなど、介護福祉士の専門知識を必要とする場は多くあります。

また、2025年には後期高齢者が全体の20%を超えると予想されており、介護を専門的に行える人材がさらに求められてくるでしょう。

介護業界全体として、離職を抑えるための待遇改善への取り組みも徐々に進んでおり、この先の働きやすさの改善に期待が集まります。