「児童指導員」の仕事とは

児童指導員の仕事内容

施設で過ごす子どもの保護や支援をする

児童指導員とは、児童養護施設や児童発達支援センター、乳児院といった児童福祉施設に所属する、0〜18歳までの未成年者の援助や育成、療育などをする職種です。

何らかの事情により施設で過ごす子どもたちの親代わりとなり、彼らの健全な成長を支援したり、心身に障害を持つ子どもの療育を行います。

児童相談所や学校と連絡を取り合ったり、児童の引き取りに関して保護者との面接を行ったり、対外的な折衝を行うことなども、児童指導員の重要な仕事の一部です。

児童指導員の就職先・活躍の場

児童養護施設、発達支援センターなど

児童指導員の勤務先は、さまざまな事情によって親と生活することが難しい子どもを受け入れ、保護・養育するための児童養護施設が主な勤務先となります。

また、児童福祉法の改正にともない、発達障害児の療育を目的とした支援センターなどにも児童指導員の配置が求められるようになりました。※

児童養護施設で働く児童指導員は、子どもたちの親や、兄、姉、時には先生のような存在となり、施設の子どもたちの心身を保護養育する役割をします。

発達支援事業所に勤務する児童指導員の場合は、発達に遅れがあったり障害のある子どもの療育をしたり、親の相談に対し適切なアドバイスなどをします。

宮城県 児童発達支援に係る条例等の改正について(人員基準等)

児童指導員1日

施設によっては24時間勤務のシフト制

児童養護施設では24時間勤務となるため、早番と遅番のシフト制となっています。

ここでは児童養護施設に勤務する児童指導員(早番日勤)の一日を例に挙げてみます。

児童養護施設に勤務する児童指導員のスケジュール



06:00 出勤
夜勤宿直のスタッフからの申し送り、引継ぎを行います。

07:00 起床時間
子どもたちの起床時間です。子どもを起こしにまわり、朝食の配膳などを子どもたちと一緒に行い、食事をとります。

08:00 登校
忘れ物がないか確認したあと、子どもたちを学校に送り出します。

08:30 清掃、洗濯
施設内の清掃や洗濯をします。清掃スタッフがいる施設もあります。

10:00 地域の子育て支援
施設によっては、地域の未就学児の遊び場として施設の一部を開放し、親の相談に乗ったり、子育ての支援をしている場所もあります。

12:00 昼食
施設にいる未就学児の昼食を出します。

13:00 お昼寝
昼食を食べた後、未就学児の寝かしつけを行います。
この時間に、スタッフが昼食や休憩をとります。

15:00 子どもたちの下校、引継ぎ
学校から帰ってくる子どもを迎え入れます。遅番スタッフに申し送りと引き継ぎを行い、退勤します。

児童指導員になるには

児童指導員の任用資格を証明する

児童指導員という名前の資格は存在しませんが、児童指導員として働くため「任用資格」を証明する必要があります。

児童指導員の任用資格の資格要件はさまざまであり、児童福祉事業での実務経験や教員免許の所持、大学で所定の専修学部・学科を卒業するなどによって証明できます。

児童指導員として働くためには、児童指導員の任用資格を証明したうえで、児童福祉施設の採用試験を受ける必要があります。

児童福祉施設には公立と私立があり、公立の私設の場合は公務員試験、私立の施設の場合は各施設ごとに実施される採用試験を受験します。

児童指導員の学校・学費

さまざまな学歴や資格を持つ人がいる

児童指導員になるには実にいろいろな方法があります。

・教職課程を修了し、小学校・中学校・高等学校などの教員免許を取得する
・児童指導員の養成施設を修了する
・社会福祉士または精神保健福祉士の資格を取得する
・4年制大学で社会福祉学、心理学、教育学もしくは社会学を専修し、卒業する
・児童福祉施設において、所定の年数の実務経験を積む

などが挙げられます。

そのため学歴も卒業した学校も、人によりさまざまであり、学費も一概には言えない部分があります。

児童指導員の資格・試験の難易度

児童指導員に資格は存在しない

児童指導員という名前の資格は存在せず、児童指導員として働きたい施設に応募する際に、「児童指導員として働く資格がある人」と認められることだけが必要になります。

これを「任用資格」と言い、児童指導員としてどこかの施設に勤務しない限りは任用資格を証明する必要もありません。

児童指導員として働くためには、現在いろいろな条件で任用資格を証明することができ、自分に相応しい方法で任用資格を証明することも可能です。

児童指導員の給料・年収

勤務する施設によりさまざま

公立の施設で働く児童指導員は地方公務員の身分になるため、給料は公務員給与規定に基づいて支給されます。

私立の施設の場合は勤務先によって異なりますが、基本的には国家公務員並みの給与がベースとなっており、20〜30歳の若手で月収18万〜24万円程度がボリュームゾーンといわれています。

基本給のほか、ボーナスや諸手当が支給される施設が多いですが、私立の場合、施設によって待遇面には差があるのが実情です。

児童指導員のやりがい、楽しさ

子どもや親の心の拠り所になれる

児童指導員が関わる子どもやその親には、児童指導員のもとを訪れなければいけないさまざまな理由や事情があるものです。

そのような親子の事情について理解を示し、日ごろ人に話せないようなことも話せるような立場でいることで、子どもたちにも親にとっても心の拠り所となれるでしょう。

そして、自分の経験を悪いものではなく、人生の中の良い学びとしてもらえるような働きかけをできる立場であることは、この仕事の魅力の一つといえるでしょう。

児童指導員のつらいこと、大変なこと

複雑な事情をくみ取らなければいけない

児童指導員は、必ずしも最初から子どもたちや、その親から信頼されることができるわけではありません。

複雑な事情を抱えた親子と関わっていく立場であるため、ときにはなかなか心を開いてもらえなかったり、強い反抗にあうこともあります。

それでも、親や子どもの心のうちを汲んで、一人ひとりと腰を据えて向き合ってゆかなければいけない、心の持久力のようなものが試される職種であるといえます。

人によっては通常より傷つきやすい状況に陥っている場合もあり、細かな配慮も必要とされるのがこの仕事の大変なところでしょう。

児童指導員に向いている人・適性

細やかでありつつ、軸のある人

指導指導員には、いろいろな事情や不安を抱える子どもやその親に対応するため、ある程度の細やかさ、配慮のできる心が必要になります。

しかし、あまりに繊細過ぎてしまうと、子どもやその親の支えになる前に自分自身が参ってしまい、きちんと職務を全うできない恐れが出てきます。

そのようなことから、細やかな配慮ができ、なおかつ自分と相手とのバウンダリー(境界線)をしっかりと持っている人は、この職業に向いているといえるでしょう。

児童指導員志望動機・目指すきっかけ

いろいろな立場の子どもの役に立ちたい

児童指導員の任用資格を証明できる人は、教員免許や精神保健福祉士、社会福祉士など、もともと何かしら弱い立場の人の役に立ちたいという気持ちのある人が多くいます。

ですから、なんらかの事情を抱えた親子の役に立ちたいという気持ちから児童指導員として働きはじめる人は多いといえるでしょう。

また、自分自身が児童養護施設などにいた経験があり、そこで得た体験を活かして、今度は自分が同じような境遇にある子どもの助けになりたいという理由で、児童指導員になる人もいます。

児童指導員の雇用形態・働き方

正社員、パート勤務など

児童指導員の雇用形態は、大きく分けて正社員か、パートまたはアルバイトになります。

正社員として働く場合は、施設によっても変わってきますが、児童養護施設などで働く場合は夜勤がシフトで入ってきますが、給与は安定しており、夜勤手当もつきます。

パートやアルバイト勤務ですと、自分の働ける時間や曜日を選んで仕事をすることも可能な場合が多いですが、収入は正社員に比べると低くなります。

時間の融通が利くという点では、自分に子どもができた後もパートとして働きやすいという利点があるでしょう。

児童指導員の勤務時間・休日・生活

施設によっては夜勤がある場合も

児童指導員の配置される施設が増えたため、勤務時間は一概には言えませんが、児童養護施設のような24時間体制の施設では夜勤があることが多くあります。

そのため生活は不規則になりがちですが、休日は毎月決まった日数確保されていることがほとんどです。

放課後デイサービスなどで勤務する場合、大体10時~19時くらいまでの決まった時間帯に働くことが多く、ある程度学校と連動しているため、日曜や祝日は休みといった施設が多いです。

夜勤もなく、残業も月に数時間程度の施設が多いので、子育て中でも働きやすい職場のうちに入ると思われます。

児童指導員の求人・就職状況・需要

発達障害児の療育センターの求人が多い

児童指導員と言えば児童養護施設への就職が多いと思われがちかもしれませんが、現在は発達支援施設にも児童指導員の配置が適宜必要となり、現在はそのような施設での求人が主です。

放課後デイサービスや発達支援センター・事務所などの、発達の遅れや障害を持つ子どもを療育する施設からの需要が高まっています。

ただし、少子化が年々深刻となっているため、今後、今と同じくらいの求人数が見込める保証はないといえるでしょう。

児童指導員の転職状況・未経験採用

未経験採用や異業種からの転職は多い

児童指導員は、一人ひとりの子どもと信頼関係を結ぶ必要があることから、職場を転々とする働き方をする人はあまりいません。

しかし、異なる業種の人が児童指導員として転職してきて、働き始めることは多いようです。

福祉や児童に関わる仕事を志望して、教員免許や福祉士の資格を持っている人が未経験で就職することもままあります。

2018年現在は、児童指導員の配置が定められてすぐの過渡期であるため、転職や未経験採用は多いですが、今後も同じように需要があるとは限りません。

転職の際は熟考の上、需要があるうちに、すみやかに行動することをおすすめします。

児童指導員の現状と将来性・今後の見通し

家庭環境の多様化による需要の拡大

子どもや家庭を取り巻く環境が多様化、複雑化するなか、児童福祉の最前線で活躍する児童指導員の需要は高まっています。

しかしながら、児童養護施設はまだまだ不足しており、とりわけ正規職員としての児童指導員の求人数も決して多くないのが実情です。

近年では少しずつ労働環境の改善も見られますが、成長期の子どもと接するこの仕事は心身の負担も大きく、仕事そのものにどれだけ情熱を注げるかどうかが長く働くための重要な要素にもなるでしょう。子どもや家庭を取り巻く環境が多様化、複雑化するなか、児童福祉の最前線で活躍する児童指導員の需要は高まっています。

しかしながら、児童養護施設はまだまだ不足しており、とりわけ正規職員としての児童指導員の求人数も決して多くないのが実情です。

近年では少しずつ労働環境の改善も見られますが、多感な成長期の子どもと接するこの仕事は心身の負担も大きくなってきます。

仕事そのものにどれだけ情熱を注げるかどうかが、長く働くための重要な要素になるでしょう。