「柔道整復師」とは

東洋の柔術を起源とする治療法を用い、打撲、捻挫、骨折、脱臼などの治療を行う。

柔道整復師とは、柔術を起源とする治療法を用い、打撲、捻挫、骨折、脱臼などの治療を専門に行う仕事です。

ほねつぎ、接骨師、整骨師とも呼ばれます。

人間の持つ自然治癒力を発揮させるという東洋医学の考え方に基づき、投薬や手術は行わず、湿布や包帯、テーピングのみで施術をします。

柔道整復師になるためには、柔道整復師の養成課程がある学校で3年間以上学び、国家試験に合格することが必要です。

在学中には柔道の授業があり、柔道の理念なども学びます。

柔道整復師には開業権が認められているため、多くの柔道整復師は独立開業を目指します。

柔道整復師の資格を持つ人の数は年々増加し、また理学療法士と重複する分野もあるため、供給過剰の状態が懸念されています。

「柔道整復師」の仕事紹介

柔道整復師の仕事内容

柔道整復師は、柔術を起源とする治療法を用い、打撲、捻挫、骨折、脱臼などの治療を専門に行う仕事です。

この治療は人間の治癒能力を最大限に発揮させるもので、投薬は手術は行わず、テーピングや湿布、包帯を使って施術をします。

骨折や脱臼の応急手当を除く治療を施す際には医師の同意が必要となりますが、それ以外の治療については柔道整復師の判断で行うことができます。

整骨院や接骨院、病院の整形外科が主な勤務先となります。

柔道整復師になるには

柔道整復師になるには、国家資格である柔道整復師の資格取得が必要です。

高校卒業後、柔道整復師養成課程のある大学や短大、専門学校で3年以上学び、必要な科目を修得したのちに、国家試験の合格を目指します。

在学中に学ぶ科目としては解剖学や運動学、柔道整復理論、リハビリテーション学など幅広く、柔道の授業がある場合もあります。

国家試験の合格率は70%~80%程度を推移しており、学校できちんと勉強していれば合格できる難易度です。

柔道整復師の給料・年収

柔道整復師の場合、一般的に経験や技術によって給料は異なります。

歩合制の職場も多く、実力があればあるほど収入は増えていきます。

新人のうちは年収350万円~400万円程度ですが、10年程度の経験があると年収600万円以上になるでしょう。

正社員勤務の場合は、たいてい健康保険や雇用保険等も完備されています。

また、この仕事は独立開業する人も多く、成功すれば高収入を得ることも夢ではありません。

柔道整復師の現状と将来性・今後の見通し

柔道整復師の数は年々増加しており、同時に整骨院や接骨院などの施術所の数も増加の一途をたどっています。

そのため、各院間での競争が激化しており、中には廃業に追い込まれてしまう整骨院や接骨院もあります。

しかし、活躍のフィールドは広がっており、非常に需要の高い仕事でもあります。

医療機関以外にもスポーツや健康の分野ではスポーツトレーナーとして、また介護・福祉の分野で機能訓練指導員として働く人も増えています。