「柔道整復師」とは

柔道整復師_画像

東洋の柔術を起源とする治療法を用い、打撲、捻挫、骨折、脱臼などの治療を行う。

柔道整復師とは、柔術を起源とする治療法を用い、打撲、捻挫、骨折、脱臼などの治療を専門に行う仕事です。

ほねつぎ、接骨師、整骨師とも呼ばれます。

人間の持つ自然治癒力を発揮させるという東洋医学の考え方に基づき、投薬や手術は行わず、湿布や包帯、テーピングのみで施術をします。

柔道整復師になるためには、柔道整復師の養成課程がある学校で3年間以上学び、国家試験に合格することが必要です。

在学中には柔道の授業があり、柔道の理念なども学びます。

柔道整復師には開業権が認められているため、多くの柔道整復師は独立開業を目指します。

柔道整復師の資格を持つ人の数は年々増加し、また理学療法士と重複する分野もあるため、供給過剰の状態が懸念されています。

「柔道整復師」の仕事紹介

柔道整復師の仕事内容

東洋の柔術を起源とする治療法で、打撲・捻挫・骨折・脱臼などの治療を行う

柔道整復師は筋肉や腱、関節などの部位に打撲や捻挫、脱臼といった怪我がおこった時に治療する仕事です。

ただし、投薬や手術は行わず、人間の持つ自然治癒力を発揮させるという東洋医学の考え方に基づき、湿布や包帯、テーピングのみで施術をします。

人間の身体には「自然治癒力」というものが備わっており、この自然治癒力をより高めるために、マッサージや電気治療、患部の固定、整復などの手法を用いて、患者さんの回復力アップをサポートします。

なお、骨折や脱臼した際に必要となる固定などの応急処置以外の治療については、必ず医師の指示が必要になります。

柔道整復師の就職先・活躍の場

整骨院や整体院のほか、介護やスポーツ分野でも活躍

柔道整復師の就職先というと、接骨院や整体院を連想されることが多いようです。

しかし、柔道整復師が活躍できる場はこれ以外にも、病院や介護保険関連施設、スポーツ関連施設、健康関連施設、プロスポーツチーム、教育機関など、多岐にわたります。

骨折や捻挫、筋肉を傷めた際の治療などを行うことから、こうした症状を治したいと考えている患者さんがいるところであれば、どこでも活躍することが可能です。

また、独立して自ら整骨院や接骨院を開業することもできます。

柔道整復師の1日

勤務先の営業時間や診療時間に合わせて働く

柔道整復師として接骨院や病院などに勤務する場合は、朝から夕方の時間帯を中心に働くことが多くなるでしょう。

院の営業時間にもよりますが、9時から20時前後くらいまでの勤務となるのが一般的です。

ここでは、整骨院で働く柔道整復師のある1日を見ていきましょう。


08:30 出勤
院内と入口周辺の清掃や予約患者さんの確認をします。

09:00 午前の施術開始
笑顔で患者さんを迎え、施術をスタート。

13:30 休憩
午前の患者さんの施術がすべて終わり次第、休憩に入ります。

16:00 午後の施術開始
引き続き、元気に患者さんの施術を行います。

20:00 施術終了
すべての患者さんの施術が終わったら片づけをし、ミーティング。

21:00 退勤
日によってはもっと遅くなることも。

柔道整復師になるには

養成学校で学び、国家試験に合格するのが第一歩

柔道整復師になるには、高校卒業後、柔道整復師の養成講座がある専門学校または大学・短大のいずれかに進み、3年以上の課程を修了する必要があります。

患者さんの身体の状態を見て、正しく症状を見極めて適切な治療を施すため、きちんと専門的な勉強をしなくてはなりません。

養成学校を卒業すると国家試験の受験資格が得られ、その試験に合格することで、ようやく柔道整復師として働き始めることができます。

柔道整復師は独立開業することができる資格ですが、柔道整復師は経験も重要なため、まずは病院や接骨院などで経験を積むのが一般的です。

柔道整復師の学校・学費

学歴よりも、専門的なスキルや現場経験が重要になる

柔道整復師の養成学校(専門学校・大学・短大)は、高卒の人が入学できるものとなっています。

養成カリキュラムでは、解剖学・生理学・運動学などの基礎系科目と、柔道整復理論・柔道整復実技・リハビリテーション学などの専門科目を勉強し、柔道整復師に必要な知識と技術を身につけます。

学費は、短大・専門学校の場合は3年間で300万円~500万円程度、大学の場合は4年間で400万円~600万程度が必要になることが多いようです。

柔道整復師は、学歴でによって働くうえでの有利・不利はほとんどありませんが、専門学校のほうが養成学校の種類は多くなっています。

また「1年でも早く現場に出たい」という人は、3年制の専門学校を選んで早く就職するとよいかもしれません。

柔道整復師の資格・試験の難易度

養成学校で学ぶことを確実にすることが大事

柔道整復師の国家試験は年1回実施されています。

国家試験は必修問題と一般問題に分かれており、必修問題は8割以上、一般問題は6割以上正解で合格という基準があります。

合格率は比較的高く、例年70%前後で推移しています。

そのため、学校においてしっかりと勉強していれば合格できる難易度といえるでしょう。

ただし柔道整復師の国家試験は年々、難しくなっている傾向にあるとされ、さらに、その合格率は新卒と既卒で大きな差があり、新卒が70~80%程度に対して、既卒は10~20%程度です。

試験は教科書からの出題が多いため、学校で学ぶことを確実におさえておくことが重要だといわれています。

柔道整復師の給料・年収

経験と実績次第で収入アップも目指せる

接骨院や病院などで柔道整復師として働く場合、新人時代の平均年収は350万~400万円程度、10年くらいの経験と実績があれば600万円~700万円程度になる人が多いようです。

柔道整復師は技能職であるため、その人が持っている経験や実績によって給料には違いが出やすい仕事でもあります。

また、整骨院で指名制度があるところであれば、担当患者さんの数に応じた歩合を基本給に上乗せしてくれるところもあります。

アルバイトや契約社員・派遣社員として働く場合には、時給900円~1,500円程度がボリュームゾーンとなるでしょう。

柔道整復師のやりがい、楽しさ

患者さんのつらい顔を笑顔に変えることができる

柔道整復師をしていると実感できるやりがいは、なんといっても患者さんが元気になっていく姿を見ることができることでしょう。

痛みや不快感で、初回の来院時にはつらい顔をしていた患者さんが、施術後「楽になった」と笑顔になって帰っていく姿を見たり、「ありがとう」という言葉をもらえたりするのが励みになります。

また、スポーツ選手や運動系の部活動を頑張る学生さんが、施術を受けたおかげで身体が回復し、良い成績を収められたと報告に来てくれるのもうれしいことです。

自分の知識や技術によって、多くの人の身体の状態を良くしていくことができます。

柔道整復師のつらいこと、大変なこと

肉体的な疲れと人間関係が大変な仕事

柔道整復師のつらいことのひとつは、ハードワークであることです。

柔道整復師は基本的に「手技」で患者さんを治療するため、体力が必要となります。

そのため、患者さんを癒す一方で、自分自身は疲れが溜まってしまうということもあります。

さらに、さまざまな状態の患者さんと上手にコミュニケーションをとる必要があるため、人と話すのが苦手な人は、最初は少々苦労するかもしれません。

また、独立開業している場合は集客や経営面で大変だと感じることもあるでしょう。

柔道整復師に向いている人・適性

幅広い年代の人とコミュニケーションがとれる人

柔道整復師としての適性のひとつは、人が好きで、人とコミュニケーションをとることを苦にしないことだといえます。

柔道整復師は、子どもからお年寄りまでたくさんの患者さんを相手にします。

また、患者さんとのコミュニケーションがしっかりとできれば症状や悩みをより深く理解でき、適切な施術を通して症状を改善に導くことにつながります。

そのため、性別・年齢を問わず、どんな患者さんにもしっかりと対応できることは大事な要素となります。

さらに、日々スキルアップして「患者さんを癒したい」というホスピタリティの心を持てる人は、柔道整復師の仕事に向いているといえます。

柔道整復師志望動機・目指すきっかけ

自分自身のケガがきっかけで興味を持つ人も多い

柔道整復師を目指すきっかけは人それぞれですが、自分自身や身近な人がケガをしたときに、「柔道整復師のおかげで身体の状態が良くなった」という経験をきっかけに、この仕事に興味を持つ人は多いようです。

かつて自分が柔道整復師に助けてもらったように、今度は自分がたくさんの人を助けたいという気持ちが、柔道整復師として働くきっかけになるということです。

さらに、柔道整復師は一度免許を取得すると、たとえば結婚や妊娠・介護などで第一線を離れることがあっても復帰しやすく、資格を生かして働けるという理由で目指す人もいます。

不景気なこの時代に手に職をつけ、将来の独立開業を目指す人も少なくありません。

柔道整復師の雇用形態・働き方

ライフスタイルに合わせた多彩な働き方が可能

柔道整復師として働く場合の働き方は、大きく分けてふた通りあります。

ひとつが、接骨院や病院、老人介護施設などに所属して働く方法です。

このケースでは、正社員や常勤としてフルタイムでバリバリ働く人もいれば、アルバイトやパートなどの形で1日に短時間のみ働くこともできます。

もうひとつが、独立開業して自分の整骨院を経営したり、フリーランスの柔道整復師として個人で働いたりする方法です。

こちらの場合、プロのスポーツ選手と個人契約を結んで、専属のトレーナーとして働くような人もいます

柔道整復師の勤務時間・休日・生活

勤務先によっては拘束時間が長くなりがち

柔道整復師の代表的な就職先は接骨院や病院の整形外科であり、これらの場に就職した場合は、基本的には院の営業時間に合わせて仕事をすることになります。

一部の施設などでは夜遅くまで働くこともありますが、24時間勤務が必要になることはほとんどありません。

ただし、昼休みや前後の準備・片付けを含めた拘束時間は長くなりがちで、毎朝8時くらいに出勤し、帰宅するのは日が変わる頃ということもあるようです。

老人介護施設やスポーツクラブなどでは、「早番・遅番」といったシフト制で交代して働くこともあります。

休日は、週1日~2日程度になることが一般的です。

基本的には接骨院や病院の休診日に合わせて休みますが、必ずしも土日祝日に休めるとは限りません。

柔道整復師の求人・就職状況・需要

高齢化社会の影響もあり求人も増加傾向

柔道整復師の活躍の場は年々広がっています。

従来の代表的な就職先である接骨院や病院の整形外科に限らず、介護保険関連施設やスポーツ・健康関連施設などでも、柔道整復師の需要が徐々に膨れ上がっています。

採用は基本的に年齢制限なく行われており、若手からベテランまで、さまざまなキャリアを持った人が活躍しています。

ただし、小さな整骨院や病院では、退職などで欠員が出るときにのみ不定期で募集をかけることもよくあります。

待遇面は職場によってかなりの差があるのが実情ですが、実務経験があれば、正社員として比較的よい給料や待遇で働ける職場も見つけやすくなるでしょう。

柔道整復師の転職状況・未経験採用

他業界からの転職者は多く、未経験採用も活発

柔道整復師の特徴として、年齢不問で働きやすいということが挙げられます。

そのため、社会人として別の職業に就いていた人や、新たに手に職を持ちたいと考えて転職してくる人は目立ちます。

需要は大きな仕事であるため、たとえ実務未経験であっても、健康で真面目であり、コミュニケーション力があれば働き口を見つけることも十分に可能だといえます。

また、柔道整復師は技術力や経験が評価につながりやすいため、正社員としての就職が難しい場合はまずアルバイトで経験を積み、正社員や独立へとステップアップしていくのもひとつの方法です。

柔道整復師の現状と将来性・今後の見通し

多様な場でニーズのある職業だが、競争も厳しくなっている

柔道整復師は医療機関で働く以外にも、スポーツトレーナーとして、また介護・福祉の分野で機能訓練指導員として働く人も増えています。

高齢化するこれからの日本では、とくに介護の分野で柔道整復師の存在が大きくなることが予想されています。

一方、柔道整復師の数は年々増加しており、同時に整骨院や接骨院などの施術所の数も増加の一途をたどっています。

そのため、各院間での競争が激化しており、なかには廃業に追い込まれてしまう整骨院や接骨院もあります。

この仕事を一生続けていきたいのであれば、自己研鑽を続け、技術力をいかに高めていけるかが大きなポイントになるといえるでしょう。