このサイトは生活相談員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「生活相談員」

仕事内容
生活相談員は、特別養護老人ホームや指定介護老人福祉施設などの介護施設において、利用者受け入れ時の面談や契約、各種手続きなど、窓口的な業務を担当する仕事です。これらの介護事業所では、営業時間中に「1名以上」の生活相談員を配置することが義務化されており、生活相談員は、利用者がサービスを利用するための環境整備や利用者の家族からの相談対応、契約業務、さらには主治医やケアマネジャー、介護職員といった内外との連絡調整まで、幅広い仕事をこなしています。
なるには
生活相談員になるための資格要件は、都道府県によって異なります。一般的には、「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」いずれかの資格が求められます。資格が必要とされない場合でも、社会福祉主事と同等以上の能力があることを前提に採用されることが多いため、社会福祉に関する科目が学べる大学などで福祉に関する知識を身につけておくほうが就職には有利となるでしょう。就職先は老人福祉施設などになりますが、実態は介護業務であることも多いので、業務内容を事前に確認しておくことが必要です。
給料
生活相談員の給料は、勤務先の規模や地域、所持している資格、スキル、経験等によって異なります。年収にして300万円〜400万円程度、月給は20〜25万円程度ががボリュームゾーンといわれていますが、経験を積むことで徐々に収入アップも望めます。事業所によってはケアマネジャーが生活指導員を兼務しており、その場合、ケアマネジャーとしての給料に職務手当が加算されることが一般的なようです。高額な収入は期待しにくいですが、センター長などの管理職になることで給料もアップします。
将来性
生活相談員という仕事は、ひとまず「社会福祉士」の国家資格や「社会福祉主事任用資格」などを持ってさえいれば就職して働くことができるため、なるためのハードルはそれほど高いわけではありません。しかしながら、介護サービスのニーズがますます進み続けるいま、本当に現場で活躍できるだけの力をもった生活相談員は、まだ足りないといわれています。生活相談員は、施設における「何でも屋」としての活躍も期待されるため、介護業界全体のことを見渡しながら、専門知識を発揮していける人材の活躍が期待されています。