「生活相談員」とは

生活相談員_画像

介護施設において、利用者やその家族との面談や各種手続きなど、窓口業務を担当する。

生活相談員は、特別養護老人ホームや指定介護老人福祉施設などの介護施設において、窓口的な業務を担当する仕事です。

利用者がサービスを利用するための環境整備や利用者の家族からの相談対応、契約業務、さらには主治医やケアマネジャー、介護職員といった内外との連絡調整まで、幅広い仕事をこなしています。

生活相談員になるための資格要件は都道府県によって異なりますが、一般的には「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」いずれかの資格が求められます。

さほど高額な給料は望みにくいですが、管理職になることによる収入アップや、ケアマネジャーとなって業務範囲を広げることができます。

施設における「何でも屋」としての活躍も期待される生活相談員ですが、介護サービスのニーズがますます進み続けるいま、介護業界全体のことを見渡しながら、専門知識を発揮していける人材の活躍が期待されています。

「生活相談員」の仕事紹介

生活相談員の仕事内容

利用者やご家族と介護施設の架け橋

生活相談員は、デイサービスやショートステイなどの介護事業所、介護老人保健施設などの福祉施設、病院などの医療機関に勤め、契約や手続き業務、相談業務などを行う仕事です。

これらの介護事業所では、利用者100人以上で「1名以上」の生活相談員を配置することが義務化されているのが特徴です。

生活相談員は、利用者の環境整備や家族からの相談対応、契約業務、さらには主治医やケアマネジャー、介護職員といった内外との連絡調整まで、多岐に渡り仕事をしています。

生活相談員は相談業務などを通じて、利用者の自立を促す大切な役割を持っています。

利用者やご家族の悩みに真摯に向き合い、利用者の目線だけでなく、サービスを行う介護事業所、福祉施設、医療機関からの考えも聞きながら、現時点でより良いケアになるように繋げていくことが大切です。

混合しやすい職種として、ケアマネジャーという職種があります。

生活相談員の違いは、ケアプランを作成する専門的な業務を担っているかどうかです。

生活相談員はより利用者やご家族に密接に関わる相談役であり、ケアプランの作成業務はケアマネジャーが行います。

生活相談員の就職先・活躍の場

相談だけでなく関係機関との連携も

生活相談員が活躍できる職場は、デイサービス、ショートステイ、病院やクリニック、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、障害福祉施設、小規模多機能型施設、軽費老人ホームなどです。

利用者から相談を受けながら、介護施設、医療機関や自治体と連携し、利用者により良く安心した生活を送ってもらえるように支援する大切な役割を担っています。

勤務する場所でやや生活相談員の呼び方が変わりますので、注意が必要です。

介護老人保健施設で働く生活相談員を「支援相談員」と呼び、病院やクリニックで働く生活相談員を「医療相談員」と呼びます。

生活相談員の1日

相談以外にも介護職業務を行うことも

デイサービスで働く生活相談員の1日を見てみましょう。

8:30 出勤
出勤をしたら朝のミーティングで当日のスケジュールを職員と共有します。

9:00 利用者をお出迎え
送迎バスに乗って利用者がやって来ますので、職員みんなで出迎えをします。

9:30 ご家族や利用者と面談
ケアマネジャーと一緒に新しくサービスの導入を考えているご家族や利用者と面談を行います。

12:00 お昼休憩
お昼には利用者の方と楽しくお話しながら昼食をとります。

13:00 相談業務と事務作業を行う
午後も相談業務を受け、終わり次第残っている事務作業を行います。

15:00 利用者のお見送り
利用者の方のお見送りをします。職員の状況に応じて、介護業務を行うこともあります。

15:30  レクリエーションの打ち合わせ
戻り次第、レクレーションについての打ち合わせを行います。利用者がもっと楽しんでもらえるように、職員みんなでアイデアを出し合います。

17:00 事務作業
新しい利用者の契約書を作成するなどの事務作業を行います。作業の進捗によって残業することもあります。

18:30 退勤
退勤し、明日に備えます。

生活相談員になるには

資格が取得できる大学に進むのが一般的

生活相談員になるためには、都道府県によって異なりますが、一般的には「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」いずれかの資格が必要です。

自治体によっては、無資格でも実務を積みながら資格を取得することは可能です。

しかし、社会福祉主事と同等以上の能力があることを前提に採用されることが多いため、社会福祉に関する科目が学べる大学などで福祉に関する知識を身につけておくほうが、実際の業務でも役立つことが多いでしょう。

就職先は介護施設などになりますが、介護職の人手不足が深刻な状況のため、実態は介護業務がメインであることも多いようです。

面接のときに業務内容を必ず確認しておきましょう。

生活相談員の学校・学費

大学卒業あるいは実務で国家資格取得を

生活相談員になるためには、「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」いずれかの資格を持つ必要があります。

その中でも「社会福祉士」と「精神保健福祉士」は国家資格のため、福祉系の四年制大学を卒業して取得するケースが多いです。

「社会福祉主事任用資格」は自治体で働く上で必要な資格であり、大学や短期大学で定められた過程を修了する、厚生労働省で認められた育成機関または講習を修了することで資格を取得することができます。

ただし、自治体によっては、ケアマネジャーや介護福祉士の資格を持っている方には生活相談員としての資格を認めるところもあります。

必ずしも福祉系四年制の大学卒業が必須ではない自治体もありますので、確認が必要です。

福祉系の四年制大学へ通う場合はその大学にもよりますが、入学金や施設費を含めた初年度の授業料平均が約120万円となっています。

2年目以降からは、平均約80万円の学費を納めていきます。

生活相談員の資格・試験の難易度

社会福祉士は難易度高め

生活相談員は「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」を持っていれば仕事をすることができるため、この3つの資格を得るために試験を受ける必要があります。

国家資格の「社会福祉士」の合格率は、約26%~30%前後でやや難しい傾向にあります。

一方、同じく国家資格の「精神保健福祉士」の合格率は、約60%前後で取得しやすくなっています。

「社会福祉主事任用資格」は試験がなく、大学や短期大学で定められた過程を修了する、厚生労働省で認められた育成機関や講習を修了することで取得できますので、チャレンジしやすい資格でしょう。

生活相談員の給料・年収

平均年収は300万円~400万円

生活相談員の給料は、勤務先の規模や地域、所持している資格、スキル、経験等によってやや異なりますが、年収にして300万円~400万円程度、月給は20~25万円程度がボリュームゾーンといわれています。

さらに経験を積むことで、さらに上の資格を取得する、役職者になるなど、徐々に収入アップも望めます。

特別養護老人ホームなどではケアマネジャーが生活指導員を兼務していることも多く、その場合、ケアマネジャーとしての給料に職務手当が加算されることが一般的となっています。

パートなど時給制で働く場合、都道府県にもよりますが、平均時給900円~1100円程度が多くなっています。

いずれにしても、年収500万円以下という人が多いようで、安定性はあるものの、この仕事で高額な収入を得ることは難しいといえます。

そのなかでもできるだけ収入を増やしたいのであれば、スキルアップに励んでセンター長、施設長などの管理職を目指していけば収入アップを狙えるようです。

センター長、施設長などの立場になると、年収450万円~500万円以上もらえる企業が多いでしょう。

生活相談員のやりがい、楽しさ

あなたがいて良かったと感謝される仕事

生活相談員のやりがいは、相談業務です。

利用者や家族の悩みに寄り添い、体の状態だけでなく住まいの環境や家族の関係まで、さまざまな話をしながらより良いケアを探していきます。

生活相談員でないとなかなか相談してもらえない深い内容に触れることもあります。

さらに、利用者が自分らしく過ごすことがどんなことなのか話し合い、将来のイメージを一緒に考えることが大切です。

利用者やご家族だけでなく、介護施設、医療機関、自治体、事業所、職員と連携してより良い方向へ導けたときに、とても感謝をされる仕事といえるでしょう。

生活相談員のつらいこと、大変なこと

意見の対立に苦労することも

生活相談員の役割は、利用者やご家族と、介護施設、医療機関や自治体との調整ですので、意見が合わないときに苦労することもあります。

どちらかが妥協や納得をしてもらえるように上手に説明をするなど、双方の調整に力を入れなければならないときがあります。

利用者やご家族へ思いを持ちすぎてしまうと、上手に連携できなくなってしまう場合もありますので、常に冷静で双方の視点から最善策を考えなければなりません。

総合的な広い視野が必要な職業でしょう。

生活相談員に向いている人・適性

役立ちたいという気持ちが大事

生活相談員に向いている人は、誰かのために役立ちたい、その人の気持ちに寄り添いたいと考える人でしょう。

また、利用者やご家族だけでなく、介護施設、医療機関や自治体の意見も聞きますので、全体的にどの方法が一番良いのか、多面的に見られる能力も求められます。

生活相談員は、利用者やご家族の悩みや、関わる人すべてとしっかりコミュニケーションをとっていく仕事ですので、人と向き合うことを楽しいと感じる人に向いているでしょう。

生活相談員志望動機・目指すきっかけ

素直な気持ちを志望動機に

生活相談員として就職するときは、面接官が納得するしっかりした志望動機が必要です。

「人の支えになりたい」「家族に介護が必要な者がおり、生活相談員の大切さを実感した」「高齢者と接することが好き」など、熱意をアピールしましょう。

一般的には一次選考を書類審査で行い、二次選考で面接を行うことが多いため、選考が通るように文章でも熱意や意欲を表現することが大切です。

生活相談員の仕事を任せられる人物であると信頼してもらえるように、ご自身の素直で気持ちを面接官に伝えましょう。

生活相談員の雇用形態・働き方

ライフイベントに合わせて柔軟な雇用形態に

生活相談員は、正社員で勤務することが一般的に多いですが、女性が多い職種のため、ご自身の生活に合わせて契約社員、アルバイト、パートなどの雇用形態で働く方も増えています。

「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」を持っていれば、正社員でも、それ以外の雇用形態でも再就職しやすいのがこの職種の利点でしょう。

アルバイト、パートでは時給制になるため正社員よりも収入が少なくなりますが、正社員と比べ休みやすい、家庭や育児と両立しやすいなどのメリットがあります。

生活相談員の勤務時間・休日・生活

日勤のみで介護職の中でも働きやすい

生活相談員の仕事は、日勤で夜勤がなく、仕事も相談や調整、事務作業が基本ですので、他の介護職員と比べ、体力的な負担は少ないでしょう。

日勤ですので生活リズムが整いやすく、主婦や主夫の方でも働きやすい職種です。

お休みはシフト制が基本ですので、土日のように曜日が固定されたお休みはありません。

一般的に介護業界通していえることですが、連休は取りにくい傾向があります。

相談業務を終えてから事務作業に入るため、残業が多少発生することもあります。

生活相談員の求人・就職状況・需要

生活相談員のニーズはますます増加傾向に

高齢化社会が進んでいることから、生活相談員のニーズが年々増加しています。

特に生活相談員は、「社会福祉士」「精神保健福祉士」などの介護職資格の中でも上位に位置するプロフェッショナルな国家資格を持っている方が多いため、需要が高くなっています。

さらにステップアップとして、ケアマネジャーの資格を取ることで仕事の幅を広げる方もいます。

一方で人手不足から生活相談員として就職しながらも、介護職員として業務することが増えているのが現状です。

生活相談員の転職状況・未経験採用

転職は好調、未経験からでも生活相談員に

介護業界全体が人手不足のため、生活相談員も転職しやすくなっています。

特に生活相談員は国家資格を持っている、あるいは同等の知識、経験を持っているため、転職がしやすい職種です。

最近では有資格者の雇用が難しいため、未経験での募集に力を入れ、経験を積みながら資格取得を目指してもらうケースも多く見受けられます。

厚生労働省で認められた育成機関や講習を修了し、社会福祉主事任用資格を取得することで未経験からでも生活相談員になれるのも、この職種の魅力の一つでしょう。

生活相談員の現状と将来性・今後の見通し

専門性の高い人材が求められている

生活相談員という仕事は、国家資格などの資格、経験が有利に働き、就職で苦労することは少ないでしょう。

しかしながら、生活相談員にとって本当に大切なことは、契約や手続き業務などのデスクワークではなく、介護の仕事そのものを深く理解することが大事です。

ご自身以外の介護職や医療従事者の仕事、役割を理解することで、初めて利用者の悩みを知ることができるでしょう。

利用者やその家族と直に接する立場だからこそ、その人たちがどのようなサービスを受け、どのようなニーズを持っているかがわからなければ、相手に信頼してもらえるような仕事はできません。

介護サービスの充実とともに生活相談員の需要が高まっているなか、よりいっそう介護の仕事に深い関心を持ち、専門性を高めていくことが大切といえるでしょう。