このサイトはセラピストを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「セラピスト」

仕事内容
セラピストは、心身のストレスや不調を抱える人に対してさまざまな技法で癒しを与え、症状の軽減、改善を図る仕事です。医師のような治療行為はできませんが、セラピストの技術にはさまざまなものがあります。例えば、よく知られているアロマセラピーの他、カラーセラピーやボディセラピー、ビューティーセラピーなどです。セラピー成功のためには、セラピストの知識や技術は大事ですが、お客さまへの接し方も重要な要素となります。
なるには
セラピストになるための決まった道はありませんが、一般的なのは、まずスクールや通信講座でセラピーの基礎を学ぶ方法と、先にサロン等に勤めて働きながら実践に即した技術を身につけていく方法です。どちらも一長一短がありますが、スクールで学んでおくほうが、のちのち応用力もつけやすいと言われています。特にアロマに関しては専門知識が必須となります。また「臨床心理士」の資格取得を目指して活躍する道もあります。
給料
セラピストの職場は、リラクゼーションサロンやエステサロンなどが中心となりますが、経験を積んで開業をしたり、フリーランスで働く人も多い仕事です。働き方によって給料は変わるものの、年収は200万円〜300万円程度が一般的です。勤務先が歩合制の場合は、指名の数が収入を左右します。華やかに見える仕事ですが、実際は実力主義の面がとても大きいため、厳しさを覚悟しておく必要もあるでしょう。
将来性
現代社会はストレスが蔓延しており、「癒し」を求める人も増えています。そのような時代において、セラピストは癒しのスペシャリストとして需要のある仕事です。リラクゼーション施設やブライダル関連など活躍の幅も広いですが、いかにセラピストとして魅力的な存在となれるかや、サロンとしての特色を出せるかがポイントになってきます。ありきたりのセラピーでは飽きられてしまう可能性もあるため、常に向上しようとする気持ちが大切です。