このサイトは福祉用具専門相談員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「福祉用具専門相談員」

仕事内容
福祉用具専門相談員は、介護を必要とする高齢者や障害を抱える人、あるいは介護を行う家族などに対し、福祉用具の選び方や使い方のアドバイスをする仕事です。たくさんの種類がある福祉用具のなかから、要介護者の状態や障害の度合い、介護環境などに応じた用具を選定し、その用具を正しく使えるように手助けしていきます。介護保険法に定められた福祉用具のスペシャリストとして、福祉用具の貸与(レンタル)や販売を行う事務所には、2名以上の福祉用具相談員を配置することが義務付けられています。
なるには
福祉用具専門相談員になるには、都道府県知事の指定を受けた研修事業者が実施する「福祉用具専門相談員指定講習」を受講・修了する必要があります。資格取得後は、福祉用具専門相談員としての就職先を探すことになります。おもな活躍の場は福祉用具貸与・販売事業所、あるいは福祉用具メーカーですが、最近ではホームセンター、ドラッグストア、生活用品販売店などでも福祉用具の取扱いがあり、これらの場所で求人募集が出されることがあります。ただし、多くの場合は「介護職」や「営業職」といった別の仕事と兼務することになるでしょう。
給料
現状では、福祉用具専門員の仕事だけを専任で行っている人はそこまで多くないようです。一般的な福祉用具専門相談員の給料は、介護職員とほぼ同等といわれています。地域や事業所の規模などによって違いが出てきますが、年収300万円前後が平均的とされますが、営業の仕事も担当する場合は、成果を出すことでインセンティブが多くつく場合があります。また、「福祉用具プランナー」「福祉住環境コーディネーター」などの関連資格を取得して業務の幅を広げることによって、収入アップにつなげている人もいます。
将来性
高齢化社会が進む現代の日本において、福祉用具を必要とする人の数は今後ますます増えていくことが予想されており、福祉用具専門相談員の需要も拡大するでしょう。しかし、現段階では福祉用具専門相談員の仕事を専任で行うことは難しいため、介護や福祉の分野に幅広く興味関心を持ち、福祉用具の専門知識を生かしながら、営業など別の業務にも前向きに携わる姿勢が求められてきます。そして専門性を高め続ける努力と、どのようなキャリアを築いていくかしっかりと考えていくことが重要といえそうです。