「臨床心理士」とは

臨床心理士_画像

カウンセリングや心理学の専門技法によって、人が抱える心の問題を解決に導く。

臨床心理士は、心の問題を抱えた人に対してカウンセリングや心理療法を行い、問題を解決へと導く仕事です。

資格取得には大学院で心理学を学ぶ必要があり、心の専門家として活躍することができますが、依頼者に対して「こうしなさい」と指示をしたり相手が話したことを否定したりすることはせず、あくまでも相手の話を理解・共感しながら専門技法を用いて、依頼者自身が考えを整理し、自分で問題を解決していけるための手助けを行います。

臨床心理士は、数ある心理系民間資格のなかで最も社会的信用度が高いといわれていますが、現状では正規雇用での採用が少ないため、非常勤でいくつかの職場を掛け持ちして働く人が多いようです。

しかし、経験と実績を積み上げ、社会的な評価を得られるようになれば、安定した働き方や大きな収入も望めます。

「臨床心理士」の仕事紹介

臨床心理士の仕事内容

心の問題を解決に導くための手助けをする

臨床心理士は、心の問題を抱えた人(クライアント)に対してカウンセリング等を行い、専門的技法を用いて問題解決のためのサポートをする仕事です。

心理系の仕事はいくつかありますが、「日本臨床心理士資格認定協会」が実施する資格試験に合格し、認定を受けた人のことを「臨床心理士」といいます。

臨床心理士は、クライアントに対して「こうしなさい」と指示をするわけではなく、相手の話を理解・共感しながら、クライアント自身が考えを整理し、自分で問題を解決していけるための手助けを行います。

専門知識と技術の向上が不可欠な仕事であるため、日々の調査や研究活動にも積極的に取り組んでいきます。

臨床心理士の就職先・活躍の場

人が関わる多様な領域で活躍できる

臨床心理士の就職先・勤務先は多岐に渡りますが、領域別に見ていくとわかりやすいでしょう。

そのおもな領域とは、病院や保健所などの「医療・保険」、児童相談所などの「福祉」、学校などの「教育」、家庭裁判所や少年院などの「司法」、そして一般企業などの「産業」が挙げられます。

以下に挙げた領域がすべてではなく、昨今ではそれぞれの領域間の統合や連携が進んでいる現場も増えています。

さらに、多数の現場経験を積んで開業した臨床心理士は、いくつもの領域の仕事を複合的に請け負っていることもあります。

臨床心理士の1日

勤務先によってスケジュールは変わってくる

臨床心理士はさまざまな場所で働いており、勤務先によって働く時間帯や1日のスケジュールも大きく異なってきます。

ここでは、総合病院(精神科)で働く臨床心理士のある1日を紹介します。

8:15 出勤
白衣に着替えて準備を整えます。

8:45 ミーティング
医師や看護師など科内のスタッフでミーティングを行い、情報を共有します。

9:00 外来患者の対応
個人面接を行い、必要に応じて心理検査やコンサルテーションを行っていきます。

12:00 休憩

13:00 入院患者の対応、外来対応
精神科だけではなく、他科に入院中の患者の相談業務を行うこともあります。

17:00 カルテ記入
外来が落ち着いたタイミングでカルテを記入したり、カンファレンス(他のスタッフとの話し合い、打ち合わせ)を行います。

18:00 業務終了

臨床心理士になるには

定められた大学院を出て臨床心理士試験を受ける

臨床心理士として働くには、特別な道を進む必要があります。

その代表的なルートとしては、大学卒業後に「指定大学院(1種・2種)」を修了するか、臨床心理士養成に関する「専門職大学院」を修了する方法が挙げられます。

臨床心理士試験に合格して資格認定された人は、病院や保健所、大学、研究機関、児童相談所、企業などへの就職を目指すのが一般的です。

常勤(正社員)としての求人は数が限られているため、最初は非常勤で複数の職場を掛け持ちしながら経験を積んでいく人も少なくありません。

臨床心理士の学校・学費

大学卒業後に大学院へ進む

臨床心理士になるには、基本的に大学卒業後「指定大学院」や「専門職大学院」といわれる大学院で、臨床心理学について専門的に学ぶ必要があります。

大学の学部・学科はとくに問われませんが、心理学の単位や卒業論文などの要件を満たさなければ受験できない大学院もあります。

大学院でかかる費用は、国立で130万円~150万円程度、私立だと300万円前後が一般的とされており、大学の学費とあわせると1000万円ほど必要になることがあります。

臨床心理士の資格・試験の難易度

専門性の高い試験となっている

臨床心理士の資格は「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が認定しています。

この資格認定試験は誰でも受けられるものではなく、受験資格として「指定大学院(1種・2種)を修了した者」や「臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者」などが挙げられています。

試験の合格率は毎年60%~65%前後を推移していますが、心理学を専門的に学んできた人ばかりが受験することを考えると、難易度は高めと考えておいたほうがよいでしょう。

臨床心理士の給料・年収

経験が浅く、若いうちはあまり稼げないことも

臨床心理士の年収は、200万円程度~1000万円を超す人までさまざまですが、一般的な臨床心理士の平均年収は、300万円~500万円ほどといわれています。

経験と実績を積み、社会的な評価を得て本の執筆や講演を行うくらいまでになれば大きな収入も期待できますが、臨床心理士は非常勤で働く人も多く、その場合の給料は時給制が基本です。

経験が浅く若いうちは、そこまでの高収入は期待できないと考えておいたほうがよいかもしれません。

臨床心理士のやりがい、楽しさ

クライアントの抱える問題を解決していくこと

臨床心理士にとってやりがいを感じられる瞬間は、自分のサポートによってクライアントの心が少しでも良い方向に動いていることがわかったときです。

クライアントの抱える心の問題は複雑で、簡単に解決できないことも多々ありますが、相手のことを考えて精一杯向き合っていくことで、状態を徐々に改善に導くことができたときには、達成感を味わえます。

また、日々さまざまなクライアントとの出会いがあり、その一人ひとりとの出会いによって臨床心理士としての自分を成長させていくことができるのも、この仕事の魅力といえます。

臨床心理士のつらいこと、大変なこと

人の嫌な面にも触れることがある

臨床心理士は、人間の心に深く触れていく仕事です。

人間は良い面だけでなく、嫌な面や汚い面を必ず持っており、この仕事をしていると、そのような人間の暗い部分に接する機会も多く出てきます。

もし、人の嫌なところに接したときも、感情的になったり我を忘れてしまうようでは臨床心理士としての役目は務まりません。

臨床心理士は相手のすべてを受け止める広い心を持ち、冷静に、そして自ら心の安定を保って働かなくてはならず、とくに仕事に慣れないうちはそれが大変だと感じることもあるかもしれません。

臨床心理士に向いている人・適性

人に興味があり、相手の考えに耳を傾けられる人

臨床心理士は、鈍感な人よりも敏感な人のほうが向いているといえるでしょう。

なぜなら、カウンセリングでは会話の内容だけではなく、相手の表情や仕草からクライアントの気持ちの変化に気付くことも大事になってくるからです。

相手が何を考え、何を本当に思っているのかを察知できる人は、臨床心理士の適性があるでしょう。

また、人と深く向き合っていく職業であるため、人間に興味があり、他人の話にもよく耳を傾けることができるタイプの人に向いています。

臨床心理士志望動機・目指すきっかけ

人の心の状態や動きに興味がある

臨床心理士の志望動機で多いのは、「昔から心理テストなどが好きで、人間の心のあり方や心の動きに興味があった」というような内容です。

最近では「メンタルケア」や「カウンセリング」といった言葉が身近なものになっていたり、複雑な社会環境の中でストレスを抱えて生きる人が増えているため、より臨床心理士への注目度が高まっているようです。

いずれにしても、臨床心理士は人に対して深く向き合う仕事であるため、人間そのものに強く興味を持っている人が目指すことが多いといえます。

臨床心理士の雇用形態・働き方

常勤で働くか非常勤で働くか

臨床心理士の活躍フィールドは広いですが、働き方は大きく「常勤」と「非常勤」のどちらかに分かれます。

常勤の場合、週5日、1日8時間程度の勤務で、給料は月給としてもらうのが一般的です。

企業に勤める場合は、「正社員」もしくは「契約社員」といった名称で雇用形態を結ぶこともあります。

一方、非常勤の場合は週に2~3日程度、または1日に数時間程度の勤務となり、時給もしくは日給として給料をもらいます。

非常勤は、いわゆるパートタイムとしての働き方となります。

臨床心理士の勤務時間・休日・生活

常勤と非常勤とでは生活も変わってくる

臨床心理士の勤務時間や休日は、勤務先や雇用形態によって異なります。

学校や企業などに常勤や正社員として勤務する場合は、平日朝9時から18時ごろまでの勤務が一般的ですが、病院勤務であればシフト制になることもあり、まれに当直が入る可能性もあります。

非常勤として働く場合には、ひとつの職場では1日に4~5時間程度の勤務であったり、週に数日クライアントのカウンセリング予約が入っている日だけの出勤になるなど、常勤よりも短時間の勤務となることが多いです。

臨床心理士の求人・就職状況・需要

新人が良い待遇の就職先を見つけるのは難しい

日本でも「カウンセリング」というものが普及し、人に直接関わり、専門的な技法を用いて心の問題にアプローチしていく臨床心理士が活躍できる場は大きく広がりつつあります。

すでにこの職業の専門性の高さは十分に認められており、医療や教育、福祉、司法、産業といった多岐にわたる領域で需要があります。

ただし、新人の臨床心理士が常勤として就職するのはかなり難しいといわれており、いくつもの職場を非常勤で掛け持ちして、生計を立てている人も少なくありません。

臨床心理士の転職状況・未経験採用

未経験からの転職は厳しさを感じることも

臨床心理士は需要が高まってきているとはいえ、求人数よりも資格取得者数のほうが増える傾向にあり、常勤で働ける職場はさほど多くありません。

とくに臨床心理士としての実務未経験者が常勤で採用されるのは難しく、最初は非常勤として、地道に経験を積んでいかなくてはならないかもしれません。

せっかく大学院まで出て臨床心理士の資格を得たとしても、転職する前の仕事より収入や待遇面で厳しい生活になってしまう可能性も十分に考えられます。

臨床心理士の現状と将来性・今後の見通し

専門性のある臨床心理士の信頼度は高い

心の問題を抱える人が多い現代社会において、臨床心理士はニーズが高まっている職業です。

近年では、学校でスクールカウンセラーを配置するケースが増えていたり、職場におけるメンタルケアに力を入れる企業も増え、専門的知識を有する臨床心理士が求められる場は増えているといえます。

2018年には初の心理系国家資格として「公認心理師」が誕生しましたが、臨床心理士の認知度は高く、また両者の業務範囲がほぼ同様であることから、引き続き臨床心理士も信頼性の高い資格として認知されることに変わりはないでしょう。