このサイトは臨床心理士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「臨床心理士」

仕事内容
臨床心理士は、心の問題を抱えた人に対してカウンセリング等を行い、専門的技法を用いて問題解決へのサポートをする仕事です。複数あるカウンセリング系の仕事のうち「日本臨床心理士資格認定協会」が実施する資格試験に合格した人のことを「臨床心理士」といいます。ときには個人のみでなく、その人をとりまく環境にも働きかけて援助を行います。また、専門知識と技術の向上が不可欠な仕事であるため、日々の調査や研究活動も重要な仕事の一部です。
なるには
臨床心理士は国家資格ではありませんが、認定試験の受験資格を得るには特別な道を進まなければなりません。その代表的なルートとしては、大学卒業後に指定大学院(1種・2種)を修了するか、臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了するなどが挙げられます。試験に合格して資格認定されると、病院や保健所、大学、研究機関、児童相談所、一般企業などに就職活動を行う流れが一般的となっていますが、経験が必要な仕事のため就職は簡単ではありません。
給料
資格認定を受けた臨床心理士でも、就職に関しては厳しい現状です。正規雇用での採用が少ないため、非常勤でいくつかの勤務をかけ持ちしている人も多くいます。平均年収は200万円程度の人から1000万円を超す人まで大きな差がありますが、高収入を得ている人はたいてい、カウンセリングだけではなく講演活動や専門書の執筆でも収入を得ています。非常勤の場合は基本的に時給制となっており、経験やスキルによって給料が上がります。
将来性
全体的に見て、臨床心理士の待遇が恵まれているとは言い難い面があるものの、心理系資格が乱立している現代において、最も社会的信用度が高いのは臨床心理士であることは間違いありません。心の悩みを抱える人が増えている中、臨床心理士の需要は急速に高まっていると言えるでしょう。しかし、責任の重い仕事であることを忘れてはなりません。常に知識と技術の向上に努め、クライエント(依頼者)に寄り添うことのできる心を持った人材が求められます。