石油会社社員のつらいこと、大変なこと、苦労

転勤や異動が多くなることも

大手石油会社は全国規模で事業を展開しているため、総合職の社員の場合、各地へ転勤を命じられる可能性があります。

転勤の状況は配属部門や職種によっても異なり、とくに何年ごとに転勤があると定められているわけではありませんが、人によっては頻繁に転勤を繰り返しているケースもあるようです。

転勤は前向きに捉えれば、新しい仕事に挑戦して自らを大きく成長させる絶好の機会になります。

しかし、転勤のたびに新しい環境に馴染む努力をしなくてはらないことは、大変な一面ともいえるでしょう。

英語力が必要とされる職場も

石油会社が手掛けるプロジェクトは海外で行われるものが多く、日常的に海外とのやり取りがなされています。

配属部門によっては、英語によるメールや電話を使ってのコミュニケーション、文書作成などを頻繁に行うため、ビジネスレベルの英語力が求められます。

英語はあくまでもビジネスを円滑に進めるためのツールとしての位置づけとなりますが、社内で英語研修が実施されている会社もあり、自ら英語力アップのために努力する必要があります。

また、海外赴任となった場合には、異文化にどっぷりと漬かりながら生活をしていかなくてはなりません。

慣れるまでは言葉の壁や習慣の違いなどで苦労したり、ストレスを感じたりすることもあるでしょう。

ビジネスの領域が幅広い

国内における石油の需要が減少している現在、国内の大手石油会社は生き残りをかけて経営統合を行ったり、新エネルギーの開発に乗り出したりしながら、しのぎを削っています。

新たなビジネスへの挑戦は、これからの石油会社にとって重要なキーワード。

新エネルギーに注目が集まっている今、まだまだ可能性を秘めた業界だといえるでしょう。

しかし、その分だけ社員が担う責任は大きなものとなります。とくに未来を担う若手社員に対しては、従来のやり方にとどまらず、自ら変革していく姿勢が求められるようになっています。

大きなプレッシャーを感じることもありますが、非常にやりがいがある環境だともいえます。