石油会社社員への転職、中途採用

転職者向けの求人状況は?

石油会社では、定期的に実施されている新卒採用のほか、転職者を対象とした中途採用も活発に行われています。

中途採用では基本的に「経験者」が求められる傾向にあります。

とくに中小企業の場合は、大手のように新卒を一から教育できる体制がそこまで整っていないところもあることから、即戦力になれる中途採用メインで行っているところもあります。

なお、中途採用は人員不足になると求人が出されるケースが多いため、必ずしも希望通りのタイミングで、望む仕事が見つかるとは限りませんが、別の仕事から転職して石油会社に入ることは十分に可能だといえます。

転職で求められる資格やスキルは?

中途採用の試験は「キャリア採用」や「経験者採用」といった名称で実施されることも多く、たいていの場合、募集職種に関連する業務経験が求められます。

どの程度の経験が求められるかは企業によって異なりますが、社会人経験がない新卒とは異なり、すでに何らかの仕事をしてきた人を対象としているため、一定のスキルを持っていることが応募資格になっているのです。

また、中途採用の特徴のひとつは、より細かな職種別での募集がかけられる点です。

たとえば法人営業、人事、プロジェクトマネージャー、事業企画、メカニカルエンジニアなど、職種別で求人が出され、それぞれの職種において求められるスキルや経験、資格、学歴などが異なります。

異業種からの転職も可能?

まったく異なる業種から石油会社に入ることも可能です。

しかし、高い専門性が問われる技術系職種の場合には、石油会社以外に化学・素材・機械などのメーカーでの勤務経験が求められるなど、業種が限定されることもあります。

事務系職種の場合には、別業界でもマネジメント経験があったり、営業スキルやビジネスレベルの英語力があったりすれば、プラスに評価されて採用されることもあるようです。