石油会社社員のやりがい、魅力

幅広いフィールドで活躍できる

石油会社の仕事はダイナミックなものが多く、日本全国はもとより、世界各国まで幅広いフィールドで活躍することができます。

20代の若いうちから海外出張や海外赴任をするチャンスを掴むこともでき、多様な価値観に触れながら、ビジネスマンとしても、人間としても大きく成長することができる環境です。

また、多岐にわたる部門や職種があり、総合職であれば数年単位でのジョブローテーションも行われているため、新しいことをどんどん吸収することができます。

自分の秘めた可能性を見つけ出し、チャレンジし続けたい人にはとてもやりがいある環境だといえます。

社会に大きな影響を与える仕事ができる

石油をはじめとするエネルギーは、一般の人にとってあまり意識されることはないものの、私たちが快適に生活するうえでなくてはならないものです。

石油会社は人々から見えないところで経済活動や社会生活をしっかりと支えており、自分の仕事が世の中の役に立っているという実感が味わえることは、石油会社で働くやりがいのひとつだといえるでしょう。

専門知識や技術が求められる仕事も多いですが、自分がスキルアップすることでプロジェクトがうまく進んだり、会社に貢献できたときにも達成感が味わえます。

多くの人と関わり、仕事を成功に導いていける

石油会社ではさまざまなプロジェクトが同時進行で動いていますが、それらは規模の大きなものが多く、自分一人だけで完結する仕事はありません。

日ごろから他部署や関連会社など、多くの人たちとの協力や連携をとることが不可欠となります。

コミュニケーション能力やバランス感覚が求められる点は大変なところでもありますが、さまざまな立場に置かれている人たちと一緒に仕事を進め、ゴールに向かっていけることはやりがいになりますし、無事にプロジェクトが終わった時にはみんなで喜びを分かち合うことができます。