石油会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

新卒採用試験について

学校を出てからすぐに石油会社社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受ける必要があります。

新卒採用では、大手石油会社の多くは「総合職」としての採用を行っており、基本的に大卒以上の学歴が求められます。

また、「技術系」と「事務系」の職種を別枠で採用しているケースも比較的よく見られますが、技術系に関しては大学や大学院のほか、高等専門学校を対象とする企業もあります。

採用人数は企業や年度によって異なるものの、最大手といわれる企業でも技術系・事務系合わせて50名~100名程度となっており、技術系のほうが若干採用人数は多めの傾向です。

学部・学科について

「技術系」については、基本的に理工系学部・学科の卒業・修了予定者のみを対象とした試験が実施されており、「化学系」「機械系」「電気・電子系」「金属・材料系」「資源系」などの専門知識を生かすことができます。

「エンジニア」「研究職」「セールス」「マーケティング」などの職種があり、「生産技術部門」「潤滑油部門」「精製・物流部門」「供給部門」などに配属されます。

営業やマーケティング、調達、物流管理、事業企画、また総務・人事・財務・法務といった管理業務などに携わる「事務系」については全学部全学科が対象とされ、学部や学科が問われることはほとんどありません。

ただし、入社後どの業務に携わることになるかは未知数であり、数年単位でジョブローテーションが行われることがあるため、石油会社のさまざまな仕事に対して興味を持っている人が望まれます。

学歴について

大手の元売り会社は知名度が高く給与水準が高めであること、また待遇も充実していることなどから、採用試験はかなりの高倍率になりがちです。

一流といわれる国公立大学の学生も多く志願しているため、結果的に、どうしても学歴の高い人が採用されやすい傾向にはあるといわれています。

学歴がすべてというわけではないものの、人気がある企業への就職はかなり厳しいものになると考えておいたほうがよいでしょう。