石油会社社員の仕事、業務内容

石油の輸入や販売を手掛ける会社

石油会社とは一般的に、石油の輸入や精製、販売を行う会社のことをいいます。

一般の人たちにとって、石油というものをじっくりと考える機会はあまりないかもしれませんが、石油はガソリンや火力発電の燃料など、私たちの暮らしに不可欠なエネルギー源となっています。

そして、そんな石油の元となるのが「原油」です。

石油ビジネスを大きくとらえた場合、まずは世界各国で原油の開発や生産が行われ、採掘された原油は輸入され、輸送、そして精製といった流れを経て販売されます。

日本では、石油の99.7%程度を海外からの輸入に頼っており、油田で採掘された原油はタンカーで運ばれ、製油所でガソリンや軽油、重油といった石油製品へと精製されます。

そして、石油製品はタンクローリーなどでガソリンスタンドや発電所、工場などに運ばれ、燃料や化学品の原料として利用されていきます。

石油会社の種類

石油業界に属する会社の種類としては、

・原油や石油製品の輸入、精製、販売を行う「石油元売り会社」
・原油の開発と生産を行う「石油開発会社」
・石油製品の製造を行う「石油精製会社」
・石油製品の輸送を行う「石油輸送会社」
・石油製品の小売りを行う「石油販売会社」

などがあります。

これらすべてをまとめて石油会社ということもありますが、通常、石油会社といった場合には「石油元売り会社」のことを意味します。石油元売り会社では、給油所などの流通機構や直売によって、消費者や需要家に対して石油製品の販売を行います。

なお、石油元売り会社のなかには、石油精製会社としての機能を含めているところもあります。

石油会社で働く人

繰り返しになりますが、石油会社では原油の輸入から精製・生産、製品販売までを一貫して手掛けています。

事業領域が広いため、関わる人の数や仕事内容も幅広いものとなっています。

大きく分けると、まず「技術系」として活躍する石油精製や製造のエンジニアや技術営業、研究職、さらには「販売・管理系」として活躍する営業、人事、経理・財務、情報システム、法務など、さまざまな職種の人たちが働いています。