女性の石油会社社員

女性社員は増えている

石油会社というと、一昔前までは男性ばかりの世界というイメージが根付いていたかもしれません。

しかし、最近では女性が石油会社を目指す例も珍しいものではなくなり、実際に総合職として採用されて活躍する女性社員も増えています。

なお、女性も男性と同じように、石油会社のさまざまな部門で働くことができます。

たとえば営業、マーケティング、エンジニア、研究、管理など多岐にわたる職種で女性社員が力を発揮しており、なかには管理職として多くの部下を束ねていたり、ビッグプロジェクトのリーダー役を務めているような人もいます。

異動や転勤の可能性も

総合職として働く場合には、女性も男性と同じくジョブローテーションによる別部門への異動や、全国各地への転勤となることも考えられます。

また、海外に拠点を置く会社で勤務する場合には、海外赴任の可能性もゼロではありません。仕事に慣れてきた頃に、異なる環境で生活をしながら働くことになるということは現実的にあり得る話です。

大手石油会社を目指す場合には、こうしたことまで念頭に入れておく必要があるでしょう。

仕事と家庭を両立できるかどうか

女性の活躍はビジネスを拡大していくうえで非常に重要なことであり、各社とも、女性が長く安心して働き続けられるような社内制度を整え始めています。

とくに大手企業では、出産や育児、介護などに関する制度も充実させており、仕事と家庭を無理なく両立させていきやすい環境があるようです。

実際に育児をしながら仕事を続けている女性社員も増えているため、職場では「よき先輩」として困った時に相談したり、アドバイスをもらったりしながら働くこともできるでしょう。

ただし、企業によってはまだ女性の総合職社員がさほど多くなく、現在進行形で女性にとって働きやすい環境を整備中というところもあります。

この点について心配がある場合には、会社説明会などの際に質問し、不安を解消しておくとよいでしょう。