石油会社社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

石油会社の勤務時間は企業や職場によって異なりますが、一般的には9:00~18:00くらいで設定されており、標準労働時間は7時間半から8時間程度となっています。

ただし、研究所や工場では多少朝が早めとなっており、8:00~17:00くらいの時間帯で働くケースが多くなっています。

このほか、職場によってはフレックスタイム制が取り入れられていたり、職種や役職などに応じて裁量労働制で働く人もいます。

休日・休暇

ほとんどの会社で、土・日曜日が休みの完全週休2日制としているほか、祝日、年末年始、年次有給休暇などが休日となります。

おもな休業制度としては、産前産後休業、育児休業、介護休業などがあります。

残業の状況

繁忙期や、予期せぬトラブルなどが発生した場合には残業をして対応しなくてはならないこともありますが、最近はワークライフバランスを重視する流れがあり、各社とも残業はできるだけ削減しようという傾向が強くなっています。

たとえば、フレックスタイム制や裁量労働制などを導入して効率的な働き方を目指していたり、結婚、出産、育児、介護などのライフイベントを経ても、社員が安心して長く働き続けられるような制度を整えていたりする企業が増えています。

転勤や海外赴任について

日本全国に拠点を置く大手石油会社の「総合職」として採用された場合、基本的には各地へ転勤の可能性があります。

絶対に転勤になるというわけではなく、職種やその人によって転勤の頻度なども異なるようですが、いつ転勤といわれてもおかしくないと考えておいたほうがよいでしょう。

技術系職種については全国各地の鉱業所での勤務をする人も多く、比較的転勤が多くなりがちといわれています。

事務職は本社勤務が中心であるものの、各地の研究所や製油所などで勤務することもあり、転勤の可能性がゼロというわけではありません。

なお、原油は海外から輸入することになるため、海外に拠点を置く石油会社であれば、アジアや欧米、中東といった海外各国に赴任することもあります。