空間デザイナーの給料・年収・収入

初任給、年収は一般サラリーマン並みかそれ以下

空間デザイナーというと一見華やかに聞こえるかもしれませんが、企業やデザイン事務所に属している以上はサラリーマンです。

当然、給料も会社から支払われますが、その金額は特別多くはありません。

新卒社員などだと、他の職業よりも賃金は安い場合もあり、少なければ月収18万円〜20万、年収も200万円代前半という人も珍しくありません。

空間デザイナーという仕事は専門性が高いだけに、経験やスキルがものをいいます。

そう考えると、経験値もスキルもない、打ち合わせや現場でも右も左もわからない新人であれば、給料が低いのも仕方のないことだといえるでしょう。

しかし、数年〜10年単位で経験を積み、指名で大きな仕事が入るようになったり、仕事で賞を取るなどして注目を浴びるようになると給料も一気に上がります。

売れっ子になれば、年収一千万プレイヤーも夢ではないでしょう。

年収も一般的、しかし名前が売れた有名デザイナーになると収入も大幅にアップ

企業に属している場合は年収も他の職業とあまり変わりがないことも少なくありません。

順調にいって、20代で200万円代、30代で300万円〜400万円代、40代で400万円〜500万円代、といった感じでしょう。

フリーランスで仕事をしている場合も、それなりに売れている人でも上記の金額と大差がありません。

しかし、賞を受賞したり、何かの仕事がマスコミに取り上げられるなどして知名度を大幅に上げたときは、収入も一気にあがります。

そしてそこにあまり年齢は関係ありません。

20代だろうが30代だろうが、ある程度の経験値に、たぐい稀なるセンスと実力を持ち合わせていれば、若くして高年収といったこともめずらしくはない職業です。

フリーランスや結婚後も活躍している人も多い

はじめからは難しいですが、ある程度人脈やスキルを付けた後なら、フリーランスの空間デザイナーとして仕事をすることも可能です。

フリーランスとして働くことの一番のメリットは時間的な融通がきくことです。

朝決まった時間に出社する必要がなく、もっと言えば自分の予定に合わせて仕事を受けるか受けないかを決めることもできます。

打ち合わせやプレゼン以外は自宅で進められる仕事も多く、独立後も自宅と仕事場を一緒に構えている人もいます。

結婚後や出産後も無理せず仕事を続けることができるのも、女性に人気な職業の理由のひとつといえるでしょう。