化粧品メーカーでのインターン

インターンを実施する企業は増えている

おもに学生が、就職前に企業で就業体験することができるインターンシップ制度。

化粧品メーカーは就職先として根強い人気がありますが、最近は大手化粧品メーカーでも採用ミスマッチを防ぐべく、採用活動の一環としてインターンを取り入れている企業が増えています。

学生側としても、インターンはパンフレットやホームページだけではわからない企業の実態や仕事内容をより深く知ることができるチャンスです。

学業との両立など考えなくてはならない部分はありますが、できるだけ積極的に参加してみるとよいでしょう。

企業によっては、インターンへの参加を採用試験の一つのステップとしているところもあります。

化粧品メーカーのインターン内容

化粧品会社のインターンは、大きく分けて「1日のみの体験型」のものと、「中期~長期間かけて行われる」ものがあります。

1日のみの場合は、会社説明会や社員紹介に併せて、講演会で業界の知識を得ることができたり、簡単なグループワークを行ったりするものが多くなっています。

中期~長期間行われるインターンの場合は、実際に営業、マーケティング、開発などの各部門に入り、先輩の下で仕事に触れることになります。

たとえば、マーケティング手法を学んで商品企画をしたり、営業先リストを作ってアポイントメントを取得したりと、より実際の業務に近いことを経験することができるでしょう。

インターンに参加するメリット

インターンに参加するメリットはいくつもあります。

その企業や業界ことをより理解するきっかけになることはもちろん、ビジネスマナーを学んだり、社員や一緒にインターンに参加する学生とのつながりを作ることもできます。

また、「仕事とは何か」「自分が働くことの意味」といったことについて、あらためて考えるきっかけにもなるはずです。

なお、長期インターンの場合には、会社から給与をもらえることもあります。

もちろん、本人の意欲が最も大切ですが、インターンに本気で取り組めば、入社時点で同期や他の企業に就職する同級生を大きく引き離すこともでき、漠然とお金稼ぎ目当てのアルバイトをするよりも多くのものを得ることができるでしょう。