看護専門学校とは

(読了時間:36分7秒)

看護師を目指す人たちが多く通っている看護専門学校。

そこで勉強していく内容や、卒業後の進路については、あまり知られていないこともあるかもしれません。

このページでは、看護専門学校で学ぶことやさまざまな特徴について紹介していきます。

目次

看護専門学校とは

看護師になるためには、看護師養成課程のある大学や専門学校などで所定のカリキュラムを修了し、看護師国家試験の受験資格を得たうえで国家試験に合格しなくてはなりません。

看護師養成課程のある学校は、大きく分けると4年制の看護系大学、3年制の看護系短大、そして3年制の看護専門学校の3種類があります。

どのタイプの学校を修了しても看護師国家試験の受験資格を得ることができ、看護師国家資格を取得してから病院などの医療機関に就職することで、看護師として働けるようになります。

看護専門学校に通う人たちは、看護師に必要な基礎的なスキルをみがきながら、国家資格取得に向けて勉強をしていくことになります。

3年制の看護専門学校を卒業した場合、4年制の看護大学よりも1年早く現場に出ることになるのが大きな特徴といえるでしょう。

それだけ実務経験も積むことができますし、給料も早くもらうことができます。

また、看護専門学校では専門技術の習得や、現場で即戦力として活躍できる実践力を高めることに力を入れているところが多いとされていますが、看護専門学校は日本全国にいくつもあり、学校によって教育方針やカリキュラムには多少違いがあります。

看護専門学校で勉強すること、授業科目

看護専門学校で勉強すること、授業科目

看護師として働くには、医療や看護の幅広い知識が求められます。

授業内容を大きく分けると、座学で受ける講義と、実践力を高めるための演習や実習に分かれてきます。

入学直後は基礎分野から勉強をスタートしますが、具体的な授業科目としては、生物学生活科学心理学、論理学、人間関係論、疾病と治療学などが挙げられます。

また、専門基礎分野として人体構造、形態機能学、生化学栄養学、病態生理学、病態論、薬理学などの授業があります。

演習については、食事・排泄援助、体位変換、診療の援助技術などを行い、技術を習得します。

2年次以降になると講義はより専門的な内容となり、さらに心肺蘇生や人工呼吸器管理、救命処置など、演習の内容もさらに難しいものになってきます。

学校生活も後半になってくると、成人、小児、老年、母性、精神など、対象者別の看護技術についても学び、臨地実習に多くの時間が使われます。

また、看護専門学校での学びの集大成となる統合分野として、「在宅看護論」と「看護の統合と実践」などの授業も行われます。

臨地(現場)実習

看護専門学校におけるメインイベントともいえるのが、2年次後半以降に実施される臨地実習です。

臨地実習では、実際に病院などの医療機関へ行き、患者さんと向き合いながら学校で学んできたことをどう実践していくかを考え、身につけていきます。

医師など医療スタッフと関わる機会も多く、卒業後に看護師としてどう働いていくべきか考えるきっかけにもなります。

実習結果については日々振り返るとともに、終了後に内容をまとめて学内で発表を行う学校もあるようです。

国家試験対策

看護専門学校では、看護師国家試験への合格を目指し、その試験に向けた対策授業も行われています。

試験直前には集中講義があったり、自主学習でわからないところを質問できる学習サポートや、対策ガイダンスなどが行われています。

看護専門学校で学ぶ内容は非常に多く、日々の予習復習やレポート、課題提出などで、あまり余裕のない毎日を送っている人もいるようです。

しかし、在学中に努力していれば、看護師になってからも必ず役に立つ知識やスキルとなるでしょう。

看護専門学校から目指せる職業・仕事

看護師

看護専門学校から目指せる職業・仕事として最も代表的なのは、やはり看護師です。

看護師になるためには、看護師養成課程のある大学や専門学校などで所定のカリキュラムを修了し、看護師国家試験の受験資格を得たうえで国家試験に合格しなくてはなりません。

そして看護師の資格を取得してから病院などの医療機関に就職することで、看護師として働けるようになります。

この看護師になるための学校の一種が、看護専門学校となっています。

看護専門学校は日本全国にいくつもありますが、そこには看護師を目指す人たちが大勢集まっています。

助産師保健師

看護専門学校に通う学生は、そのほとんどが看護師として働くことを目指していますが、なかには将来的に助産師や保健師として仕事をすることを視野に入れている人もいます。

それというのも、3年制の看護専門学校では、卒業後、助産師や保健師の養成学校へ進学することで、助産師や保健師の国家試験受験資格を得ることができるからです。

助産師も保健師も人気のある仕事で、看護師と同じく医療や人の健康にも密接にかかわっていきます。

助産師、保健師ともに、なるには看護師の資格を持っていることが前提にはなりますが、資格を取得すればキャリアの可能性を広げることができます。

養護教諭

看護師の資格を得ると、学校で働く養護教諭を目指すこともできます。

そのおもな方法として、看護専門学校を卒業して看護師の資格を取得後、大学で募集する養護教諭特別別科に入学し、1年間「養護に関する科目」と「教職に関する科目」を修了することが挙げられます。

こうすると「養護教諭一種免許」を取得でき、その後、都道府県などで行われる養護教諭採用試験を受けて合格すれば、養護教諭として仕事をすることができます。

看護専門学校を卒業した人は、やはり看護師として働くケースが多くを占めていますが、それ以外の道を目指していくこともできます。

ここで紹介したいずれの職業につくにしても看護師の資格は必須となるため、国家資格という強みを持てるのは魅力だといえるでしょう。

看護専門学校の学費、費用

看護専門学校の学費

看護専門学校の学費は、学校によってだいぶ幅があります。

ほとんどの学校が全日制の3年制であるため、卒業までには3年分の学費が必要になります。

年間の学費は50万円~100万円程度が相場となっているようですが、1年次については入学金が必要になるため、この金額に加えて別途10万円~20万円程度かかる場合があります。

卒業までに必要な学費は、だいたい150万円~300万円程度がボリュームゾーンとなるでしょう。

看護専門学校の費用

学費には、入学金、授業料、実習費、施設設備費が含まれているのが一般的です。

多くの学校では、それ以外に教科書代・テキスト代、実習衣、研修費などが必要になり、年間で少なくとも20万円~30万円程度は別途かかってくると考えておいたほうがよいでしょう。

また、学校に通うための交通費や、自主的に本を買って勉強する場合の書籍代、文房具代なども頭に入れておく必要があります。

こうしたものもあわせると、3年間の学費に加えて100万円程度はさらに必要になることがあります。

学費サポートについて

看護専門学校は授業や実習が多く、多忙な日々を送ることになるため、学校によってはアルバイトが禁止されていたり、禁止されていない場合でもたくさん働くのは難しいといわれています。

ただし看護専門学校は数が多く、経営母体もさまざまであるため、学費が安い学校を選んで進学すれば、金銭的な負担は最小限にすることができます。

また、特待生制度を設けている学校であれば、入試で優秀な成績を収めたり、人間性が優れていると評価されれば、学費の一部あるいは全額免除で通える場合もあります。

そのほか、奨学金などの学費サポート制度も充実している学校が多く、それらを利用しながら卒業を目指していくことができます。

ただし、奨学金を利用する場合には、卒業後に専門学校の系列病院などで一定期間働くことが条件になっている場合があります。

そうした注意事項は募集要項などでも確認できるので、事前によく読み込んでおいたほうがよいでしょう。

看護専門学校で学ぶうえで、学費は必ず付きまとってくる問題です。

学校によって学費はだいぶ違いがあるため、卒業まで安心して学び続けられるよう、各学校の情報をよく調べてみてください。

看護専門学校の就職先、就職率、卒業後

看護専門学校の就職先

看護専門学校の卒業後の進路は、看護師として働く人が大半を占めています。

看護専門学校のカリキュラムを修了して国家試験を受け、無事に国家資格を取得したうえで、病院などの医療機関へ就職して看護師として働き始めるのが一般的なルートです。

おもな就職先は、大学病院や総合病院、街の医院やクリニックなどさまざまです。

専門学校系列の病院がある場合には、その病院へ就職をする人が多くなっています。

進学する人もいる

看護専門学校を卒業後、さらに別の国家資格取得を目指して進学する人もいます。

たとえば助産師や保健師になるための学校や、養護教諭になるための大学の養護教諭特別別科などが挙げられます。

看護師の資格を取得したうえで、さらにプラスアルファの学びをすることで、このような国家資格も取得していくことができます。

そしてその後は助産師や保健師、学校の養護教諭など、看護師以外の道へ進んでいく人もいます。

看護専門学校の国家試験合格率について

看護師になるためには、まず看護師国家資格の合格を目指さなくてはなりません。

そのため、看護専門学校ではカリキュラムの中で国家試験対策にも力を入れているところが多くなっています。

国家試験の合格率は学校によって幅がありますが、高いところだと毎年100%や、100%にきわめて近い数字を誇っているようです。

看護師国家試験は全国平均でも90%程度の合格率となっていますが、それ以上の合格率を残している看護専門学校もたくさんあります。

看護専門学校の就職率

看護専門学校の就職率についてハッキリとした数字は公表されていない場合もありますが、系列の病院がある看護専門学校の場合は、多くの学生がその系列病院への就職を果たしているため、とくに高くなっているようです。

看護師の需要は全国的にあるため、看護師国家試験に合格することができた人は、かなりの割合で無事に就職もできているようです。

看護専門学校からは、多くの人が看護師となり、病院などへの就職を果たしています。

看護専門学校の詳しい就職事情については各学校のパンフレットやホームページなどでも掲載されていることが多いです。

より詳しい情報を知りたい人は、そうした内容をチェックしてみましょう。

看護専門学校の入試、志望動機、面接

看護専門学校の入試

看護専門学校の入試は、「推薦入試」と「一般入試」の2種類が行われる学校が多いようです。

推薦入試では、出願に際して基本的に高校の学校長などの推薦が必要になり、高校の評定平均も一定以上であることが条件になることがあります。

なお、指定校推薦を実施している専門学校であれば、専門学校が指定する高校の学生はそちらに応募することができます。

一般入試は、高校卒業や卒業見込みなどの条件を満たしていれば、誰でも自由に出願することができます。

試験科目は、多くの学校で書類選考、筆記試験、面接、小論文などが行われており、筆記試験については国語のみであったり、英語や数学も含まれることもあるようです。

看護専門学校の志望動機の考え方

看護専門学校へ入るうえでは、志望動機を考えることも欠かせません。

志望動機というと難しく感じるかもしれませんが、「昔、病気をしたときに接した看護師に優しくしてもらって安心できた」など、どのような人にも看護師になりたいと思ったきっかけが必ずあるはずです。

そのような思いを振り返りながら、看護師としてどう働いていきたいのかをイメージしてみましょう。

また、日本全国にたくさんの看護専門学校があるなかで、なぜその学校へ入学したいのかを明確にすることも重要です。

教育方針への共感、学校の雰囲気やカリキュラムの特徴についてなど、自分が良いと思ったポイントを言葉にしてみましょう。

もし系列の病院がある学校の場合には、その病院に対する思いを述べるのでもよいでしょう。

専門学校のことをよく知るために、事前にパンフレットやホームページで情報を集めたり、学校見学やオープンキャンパスなどに足を運ぶことも大事です。

看護専門学校の面接のポイント

看護専門学校は人気で、学校によっては入試倍率が5倍や10倍という高倍率になることもあります。

面接の結果が合否を大きく左右することになることもあるため、しっかりとした対策をしておくことが重要です。

一般的な面接と同じく、自己PRや志望動機、長所・短所、学生時代に頑張ったことなどはきちんと答えられるように考えておきましょう。

それと同時に、看護専門学校の面接では、看護師という仕事や、医療・看護に対する意見を求められることもあるようです。

たとえば「看護師の役割とは」「あなたが理想とする看護師像は」「医療に関わる立場として大切なことは何か」といったものです。

突発的な質問にも冷静に答えられるように、医療現場における看護師の仕事内容や役割、自分がどのような看護師になりたいかなどは、日頃から考えておくとよいでしょう。

看護専門学校は根強い人気があり、きちんと入試対策をしていないと不合格になってしまうこともあります。

学校ごとに選考方法などは異なるため、募集要項をよく確認しておきましょう。

看護専門学校のオープンキャンパス

看護専門学校のオープンキャンパスとは

看護専門学校のオープンキャンパスは、多くの学校で春から夏の時期にかけて行われています。

一つの学校で日を分けて複数回実施されるのが一般的であり、内容は毎回異なる場合があります。

オープンキャンパスのおもな内容としては、学校施設の見学、授業見学や体験授業、入試説明会、個別進路相談、在校生との歓談、トークイベントなどが挙げられます。

オープンキャンパスに行けば学校の雰囲気や学校生活について知ることができ、さらに個別相談などの場を通して、入試や入学後についてわからないこと、不安に思うことも相談することができます。

何より、学校のパンフレットやホームページ上の情報だけではなかなか見えないところまで見ることができるのは、オープンキャンパスに参加する最大のメリットといえます。

志望動機を考える際にも、その学校の魅力や、進学したいと思った理由を言葉にしやすくなるので、志望度の高い学校については、積極的に参加してみるとよいでしょう。

看護専門学校のオープンキャンパスの内容

看護専門学校のオープンキャンパスで特に人気のプログラムは体験授業です。

各校で工夫を凝らしたプログラムを用意しています。

たとえば、1日看護体験では、沐浴(簡単な入浴のこと)、モデル人形を使用した聴診などを体験できる専門学校もあります。

ほかには、「弾性包帯の巻き方」「足浴の効果と実施方法」など少し専門的な実習体験プログラムや、「ストレスと適応理論」など講義の体験聴講ができるオープンキャンパスもあります。

実際に看護専門学校で行われる授業を体験することは、看護に興味を持っている人にとっては楽しい時間となるでしょう。

看護専門学校のオープンキャンパスに参加する際の注意点

オープンキャンパスは、その学校への受験を考えている人や興味がある人であれば、誰でも参加することができます。

ただし、学校によっては事前申し込みが必要になり、定員になり次第、受付終了となるようなこともあるので、先にホームページなどで情報をチェックしてください。

また、当日参加する際にはあくまでも受験生という気持ちを忘れず、挨拶や身だしなみなどにも気を付けておきましょう。

もし服装や持ち物などの注意事項があれば、忘れないように準備しておきましょう。

看護専門学校のオープンキャンパスは、各学校で内容が異なり、参加することでその学校の雰囲気や特色をつかみやすいものとなっています。

まだ看護専門学校に進むかどうか迷っている人も、何かしらの決断のきっかけになるかもしれません。

時間が合う限り、ぜひ参加してみてください。

夜間・定時制の看護専門学校

夜間の看護専門学校はある?

看護師になるための専門学校は全国にいくつもありますが、そのなかで夜間で学べる学校はありません。

看護師のなかでも准看護師になるための学校については、一部で夜間に授業が実施される学校もあったり、准看護師の資格を持つ人が正看護師になるための学校としては夜間部を置く学校もあるようですが、数はとても少なくなっています。

いわゆる一般的な看護師、正看護師になるためには、おもに4年制の看護大学や3年制の看護専門学校に通う必要があり、専門学校についてはは全日制のカリキュラムとなっています。

多くの看護専門学校では3年間という限られた時間でたくさんの講義や演習、実習が行われるため、昼間の時間をフルに使って学ばなくてはなりません。

そのため、平日の週5日学校に通い、朝から夕方頃までみっちりと授業が行われることになります。

夜間に近い形で学べる学校も

先に挙げた通り、正看護師になるための専門学校には夜間課程がありませんが、「首都医校」の「実践看護学科Ⅱ」という学科では、16:20~21:10に授業が行われており、夜間に近い形で学ぶことができます(2020年2月現在)。

ただし、学外の実習は昼間に行われているようです。

定時制の学校はある?

看護専門学校のなかには、数はきわめて少ないですが「昼間定時制」といわれる学科を置くところがあります。

その場合、修業年限は3年でなく4年となるのが一般的です。

授業は朝からお昼過ぎまで、あるいは午後から夕方までなど、全日制よりも1日の授業時間や授業科目は少ないことが特徴です。

働きながら看護師になるための勉強をしたい人が、この昼間定時制に進学するケースが多いようです。

全日制の看護専門学校に比べると、定時制の学校は数がとても少ないため、進学先の決定はとくに慎重にしていく必要があるでしょう。

このように、看護専門学校の大半は全日制・3年課程となっており、基本的には昼間の時間帯に学校に通って学ぶことになります。

なかには夕方以降に学べる学校もありますが、実習など日中に行われることが多いため、事前に各学校の情報をよくチェックしてください。

通信の看護専門学校

通信でも看護師になれる?

現在、正看護師を目指す人を対象とした通信課程の看護専門学校はありません。

まったく看護師の資格を持たない人が看護師を目指していくには、看護師養成課程のある学校(大学・短大・専門学校)で所定のカリキュラムを修了し、看護師国家試験の受験資格を得たうえで、国家試験に合格する必要があります。

正看護師養成課程のある学校のなかで、看護師専門学校は「全日制・3年制」となっており、夜間や通信で学べるところはありません。

そのため、高校卒業後などに専門学校へ進学して看護師の国家資格取得を目指すのであれば、毎日通学する必要があります。

准看護師が正看護師になる場合は通信でも学べる

一方、通信で看護師になる道もあります。

それは、准看護師の資格を持っている人が、正看護師を目指していく場合です。

「准看護師から正看護師になる」場合には、2004年度から通信制による教育が開始されており、2018年度からは「准看護師として7年以上の経験」により、通信課程への進学が可能となっています。

通信課程を利用すれば、仕事などを続けながらでも、自分のペースに合わせて看護師資格を得るための勉強をすることができます。

ただし、こうした通信の看護専門学校は、全国的に見ても10数校ほどしかありません。

看護専門学校の通信課程の特徴

准看護師から正看護師を目指すための通信課程は2年制となっています。

カリキュラムは主として自宅でのレポート作成を行う通信学習が54単位、病院施設での見学実習などを含む臨地実習が12単位、計66単位で構成されています。

勉強の中心は自宅で自主学習となるため、時間や場所の制限を受けずに勉強することができます。

ただし、単位認定試験などの登校日や、病院施設での実習日はスケジュールを調整して参加する必要があります。

このカリキュラムを修了することで、看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

働いている人はもちろん、家事や育児、介護などと両立させて、無事に看護師になっている人はこれまでに大勢いるようです。

高校を卒業してすぐに看護専門学校へ進学する場合は、必ず3年制以上の養成学校へ通学しなくてはなりません。

一方、准看護師として7年以上の経験があれば、通信という勉強方法を選択することもできます。

この点を間違えないように注意しながら、学校選びを進めてみてください。

看護専門学校の倍率

看護専門学校は全国にたくさんありますが、とくに人気が高い学校になると、年度によっては入学試験も高倍率になることがあるようです。

その背景には、そもそもの定員が少ない学校が多かったり、長引く不況や少子高齢化社会などの影響もあり、看護師になりたいと考えている若者が増えていることなどが挙げられます。

とくに大学病院附属の看護専門学校や、都道府県が設置する看護専門学校は、規模の大きさや学費の低さなどから人気が高くなる傾向にあり、入試倍率は10倍を超えることもあるようです。

同じ学校でも、入試方法によって倍率は大きく変わることがあるため、志望校の入試情報をよくチェックしておきましょう。

また、看護専門学校では、書類審査や面接のほか、筆記試験や小論文まで実施されることも多く、筆記試験では国語、英語、数学といった高校で学んだ知識を問う幅広い問題が出題されることがあるため、事前に対策をしておくことが大事です。

看護専門学校は人気が高い?

看護専門学校は、世の中に数ある専門学校のなかでも、入学するには比較的難しい部類に入るといわれています。

そのおもな理由としては、そもそもの定員が少ない学校が多いことや、長引く不況や少子高齢化社会などの影響から、看護師になりたいと考えている若者が増えていることが挙げられます。

看護師は国家資格であり、いつの時代にも必要とされる仕事であるため、手に職をつけて安心して働きたいと考える人が増えているのかもしれません。

看護系以外の専門学校のなかには、受験資格を満たしていればほぼ100%合格できるといわれるようなところもあるようですが、看護専門学校に限っては、簡単に合格できると考えていると厳しい現実に直面するかもしれません。

入試対策はしっかりと

看護専門学校では、選考方法として推薦入試と一般入試が実施されることが多く、同じ学校であってもそれぞれ倍率は変わってきます。

推薦入試で不合格になった人が一般入試で再度チャレンジするケースもあり、一般入試のほうが倍率は高くなりがちなようです。

看護専門学校では、書類審査や面接のほか、筆記試験や小論文まで実施されることも珍しくありません。

筆記試験では国語、英語、数学といった高校で学んだ知識を問う幅広い問題が出題されることがあるため、事前に対策をしておくことが大事です。

入試に関する情報を集める

入試情報についてはどの看護専門学校も必ず公開しているため、どういった試験内容なのか事前に確認しておきましょう。

また、各看護専門学校の過去の詳しい入試倍率についても、学校によっては市販の受験ガイドブックやホームページ上などで公開していることもあります。

気になる人は情報を探したり、学校に問い合わせてみるとよいでしょう。

看護専門学校の入試倍率は全体的に見るとやや高めとなっていますが、よほどの人気校でなければ、きちんと対策をしておけばそこまで難しいものではないという声も聞かれます。

学校によって試験内容なども異なるため、まずは情報をしっかりと集めて準備をしておきましょう。

看護専門学校の小論文対策

看護専門学校の小論文とは

看護専門学校の入試では、受験科目のひとつとして小論文が実施されることがよくあります。

小論文では、たとえば「あなたの理想の看護師像とは」や「高齢化社会における看護の役割」など、特定のテーマに基づいて自分の考えや意見をまとめていくことが問われるのが一般的です。

ときには、掲げられたテーマに対して、自分が賛成か反対かどちらかの立場に立ったうえで、意見を述べなくてはならないこともあります。

医療福祉や人間関係、時事問題など、さまざまなテーマが出題される可能性があるため、日頃から時事ネタには興味を持っておくとよいでしょう。

小論文の対策は、関連書籍などを利用して独学で行うことも可能ですが、看護専門学校への進学を目指す人向けの予備校の対策講座を受講し、小論文のポイントを効率的に学ぶ方法もあります。

そこでは講師の添削を受けることで、自分の書いた小論文のどこがいけなかったのかを早く理解できるのもメリットといえるでしょう。

独学で小論文対策をする

小論文対策は難しいと思うかもしれませんが、書店で売られている小論文の書き方のような本を一冊しっかりと読み込んでおくことをおすすめします。

そのうえで、いくつかのテーマについて実際に小論文を書き、定められた時間内に話をまとめる練習をしておきましょう。

できれば学校の先生など第三者にも読んでもらい、わかりにくいところや伝わりづらいところがないか、確認してもらうのがよいでしょう。

予備校を活用する方法も

看護専門学校は比較的人気が高いことから、看護専門学校進学を目指す人向けの予備校も存在し、そこでは入試に向けた対策講座が行われており、小論文のポイントを効率的に学ぶことができます。

また、講師の添削を受けることで、自分の書いた小論文のどこがいけなかったのかを早く理解できるのもメリットといえるでしょう。

独学するのに比べるとお金や時間は必要になるかもしれませんが、不安が大きいという場合には、こうした講座を活用してみてもよいかもしれません。

看護専門学校への合格を目指すうえで、小論文対策は避けられないものと考えておいたほうがよいでしょう。

小論文に苦手意識がある人は、本番でどのようなテーマが出題されても落ち着いて書けるように繰り返し練習しておきたいものです。

看護専門学校への編入

看護専門学校へは編入できる?

その学校に在籍していなかった人が、別の学校の1学年の途中、または2学年以上の学年に入学することを「編入(編入学)」といいます。

看護専門学校の大半が「全日制」かつ「3年制」の学校となっていますが、そのなかで編入制度を設けている看護専門学校はほとんどないようです。

そのため、これから看護師資格取得に向けて学ぼうとする場合には、看護専門学校に入学して、1年生から3年生まで3年間の時間をかけてじっくりと看護師に必要な知識や技術を身につけていくことになります。

すでに高校を卒業していたり、現在は短大や大学などの学校に通っていて、看護専門学校で学びたいと思った場合には、あらためて看護専門学校を受験し直す必要があるといえます。

こうした人は、多くの看護専門学校において「高校既卒・社会人入学」の試験を行っているため、そちらの試験区分にて受験することになるでしょう。

不安な点は学校に確認を

高校既卒や社会人の人は、あらためて看護専門学校へ入学することに不安を抱えているかもしれません。

カリキュラムや学校の雰囲気、学費、入試内容、就職状況などは、各専門学校のパンフレットやホームページでも確認できますし、学校説明会やオープンキャンパスの場で直接質問することも可能です。

気になる看護専門学校が見つかったら、詳しく調べてみるとよいでしょう。

看護専門学校で編入制度を設けているところはほとんどないようですが、高校を卒業したばかり(あるいは見込み)以外の人でも、社会人入試などを利用して通える学校は多々あります。

さまざまな学校の情報を見比べながら、安心して通える学校を探してみてください。

看護専門学校は忙しい? 大変?

専門的な授業科目や演習

看護専門学校の生活は忙しくて大変だといわれることがあるようです。

たしかに、看護専門学校の入学後は看護師になるための専門的な勉強ばかりの日々になりますし、初めて学ぶことは授業を受けて覚えるだけでも精一杯、さらに、そこに課題やテストなどが入ってくると大変だと感じる人も多いでしょう。

とくに年次が上がると、より専門的な授業科目が増え、演習も応用的な内容のものが増えるため苦労することがあります。

さらに看護専門学校で最も大変だといわれるのが医療機関などでの実習です。

実習期間中は、毎日現場の先輩スタッフや患者さんと対峙しながら、実習報告書や看護計画を作って提出しなくてはならず、自宅に帰ってからも予習や復習などにかなりの時間をとられます。

また、テストや国家試験の勉強なども重なってくるため、忙しいと感じる人が多いかもしれません。

2年目以降に忙しくなることが多い

看護専門学校では、看護師になるためにたくさんの新しい知識と技術を身につけていくことになります。

初めて学ぶことも多々ありますし、授業を受けて覚えるだけでも精一杯、そこに課題やテストなどが入ってくると、なかなか落ち着いて過ごせないと感じる人もいるようです。

とくに2年次以降になると専門的な科目が増えるため、より勉強が難しくなることがあります。

また演習も応用的なものとなり、できないこと、わからないことは自分で振り返りながら毎日を過ごしていくことになります。

実習はとても大変

学校での授業や演習が終わると、医療機関での実習がスタートします。

この実習期間中が、看護専門学校で最も大変な時期だといわれることもよくあります。

実習医療機関は病院のほか、介護施設や保健所、学校、幼稚園など多岐にわたっており、実際に患者さんと対峙していかなくてはなりません。

ただし、あくまでも勉強中の身であるため、毎日実習報告書や看護計画を作って提出しなくてはならず、自宅に帰ってからも予習や復習などにかなりの時間をとられます。

アルバイトはできる?

看護専門学校に通いながらアルバイトをすることは、決して不可能ではありませんが、相当な忙しさになるかもしれません。

単位を落とすと進級ができないこともあるため、どうしても勉強に集中しなくてはならず、余裕を持ってアルバイトをするのは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

どうしてもお金を稼がなくてはならない場合、授業のある日は時間がとれないため、学校が休みとなる週末だけアルバイトをしている人もいるようです。

どうしてもアルバイトとして働きながら学校に通いたい場合、4年制の専門学校を選び、余裕を持ったカリキュラムで勉強している人もいるようです。

看護専門学校での日々をどれだけ忙しいと感じるかは人によって異なりますが、やはり実習期間中から卒業まではとくに多忙な日々になりがちなようです。

看護専門学校のパンフレットやホームページには、看護専門学校での1日の過ごし方が紹介されていることもあるため、気になる人はぜひチェックしてみるとよいでしょう。

看護専門学校のAO入試

看護専門学校のAO入試とは

看護専門学校の入学試験は、いくつかの選考方法によって行われるのが一般的です。

代表的なのが「推薦入試」や「一般入試」ですが、なかには「AO入試」という選考方法を実施する看護専門学校もあります。

AO入試は、学力や偏差値をもとに入学選抜を行うのではなく、入学希望者の学習意欲や熱意、人柄、学校でのクラブ活動や生徒会活動の実績、将来に対する考え方などをもとに、多面的に評価するものとなっています。

つまり、志望校に入学したいという強い熱意や意欲があること、また志望校のことをよく理解できているかどうかということが、合格に近づくポイントとなります。

また、AO入試では書類審査や面接によって合否が判断されることが多いため、高校時代に頑張ってきたことや得意なこと、将来の目標などについて、自分の言葉でアピールできるようによく考えておくことも重要です。

学校に対する理解が重要視される

AO入試の大きなポイントになるのは、応募する看護専門学校に入学したいという意欲が強いことと、その学校のことをきちんと理解しているかどうかということです。

合否の判断材料として、その学校の考え方や教育方針に合っている人物かどうかが重視されるため、受験生はパンフレットやホームページなどを読んで、志望する学校の建学の精神や目標などをしっかりと理解しておくことが大事になります。

また、AO入試では書類審査や面接によって合否が判断されることが多いため、高校時代に頑張ってきたことや、得意なこと、将来の目標について、自分の言葉でアピールできるように考えておくことも重要です。

応募の際の注意点

看護専門学校のAO入試に応募するには、受験資格の一つとして、学校説明会やオープンキャンパスへの参加が条件となる場合があります。

いざ応募するタイミングになって条件を満たしていないということのないよう、AO入試への応募を検討している人は、その学校の募集要項をよくチェックしておいてください。

また、その学校を専願とすることも、AO入試でよくある応募条件となっています。

つまり、基本的には第一志望の学校に対して応募するものとなります。

看護専門学校は人気が高く、学校によっては入試倍率が10倍を超えるような狭き門になることもあります。

しかし、もしAO入試で不合格になっても、一般入試などで再チャレンジできるチャンスを得ることができます。

志望度が高い看護専門学校がAO入試を実施していれば、応募することを検討してみてもよいかもしれません。

看護専門学校から大学への編入

看護専門学校から大学への編入とは

もともとは看護専門学校に入学したものの、その後、何らかの理由で看護大学で学びたいと思うことがあるかもしれません。

その場合には、大学の「3年次編入制度」を利用して、大学の3年次から学生生活をスタートさせることができますが、大学の3年次編入試験では「看護専門学校を卒業し、看護師国家試験を受験して合格し、看護師免許を取得しているか、その見込みがある人」を募集の対象としています。

つまり、3年制の看護専門学校を卒業して、看護師国家試験に合格できる人でなければ、3年次編入は不可能です。

最近では、この3年次編入制度を設けている大学は減少傾向にあるため、事前に最新の募集情報をチェックしておく必要があります。

また、合格の難易度も高いため、場合によっては、あらためて看護大学を受験し直すほうが入りやすいという声も聞かれます。

高校卒業後に看護専門学校に進学するか、看護大学に進学するか迷っている人は、こうした現実も踏まえて、進路を決めるほうがよいでしょう。

編入試験の内容

看護大学への編入試験では、書類審査、学力検査、面接などで合否が判断されるのが一般的です。

学力検査は、おもに看護学についての知識が問われるものとなっており、看護専門学校できちんと学んできたかが問われる内容といえるでしょう。

面接も重視されているため、事前の準備は必須といえます。

編入を希望する理由、その大学を選んだ理由、自己PR、どのような看護師になりたいか、看護専門学校で努力したことなどは、確実に答えられるようにしておきましょう。

毎年、看護専門学校から3年次編入制度を利用して看護大学への進学を目指す人は一定数いるようですが、狭き門であると考えておいたほうがよいでしょう。

看護師国家試験の勉強も行いながら編入試験対策をするなど、人一倍の努力が必要になります。

3年制と4年制の看護専門学校の違い

看護専門学校には3年制と4年制がある

看護専門学校の多くは「3年制(3年課程)」となっていますが、そのなかでも「3年修業」と「4年修業」の学校に分かれます。

「3年課程4年修業」の看護師専門学校では、120単位以上3,400時間以上のカリキュラムを修了した者に与えられる「高度専門士」という称号が得られます(ただし、学校の教育課程が文部科学大臣に認められている必要があります)。

高度専門士を得ることで、国内の大学院の受験資格を得ることもできます。

また、「統合カリキュラム」といって、保健師や助産師の教育課程を盛り込んだカリキュラムの授業が受けられる4年制看護専門学校も存在しています。

一方、3年修業の看護専門学校では、4年制の人よりも早く現場に出て看護師として働き始めることができます。

専門学校の数が多いため、さまざまな学校を比較しながら自分に合った学校を選びやすいというのもメリットですが、4年制に比べると授業や実習がみっちりと入ってくるため、学生生活は忙しくなりがちです。

どちらに通うのがいい?

3年制の看護師専門学校で学び、国家試験に合格して就職すれば、4年制の人よりも早く現場に出て看護師として働き始めることができます。

看護師の仕事は現場で覚えることもたくさんあるため、少しでも早く実践経験を積んでスキルアップしていきたい人や、お金を稼いでいきたい人には3年制が適しているかもしれません。

また、専門学校の数が多いため、さまざまな学校を比較しながら自分に合った学校を選びやすいというのもメリットです。

ただし、3年課程のカリキュラムは授業や実習がみっちりと入っているため、学生生活はかなり忙しいものになるでしょう。

一方、4年制の学校では、多少ゆとりをもって学ぶことができるのがメリットといえます。

一つひとつの科目に対してじっくりと向き合い、確実に専門知識や実践力を身につけやすい環境があるとされています。

看護専門学校には3年制と4年制の学校がありますが、どちらも異なった特徴や良い面があり、一概にどちらに進学したほうがいいとはいえません。

自分がどのような目標を掲げているのかをしっかりと考えたうえで、最適な学校を見つけてください。

看護専門学校で取れる資格(助産師・保健師)

看護専門学校から助産師・保健師を目指すには?

看護専門学校で学べば、「助産師」や「保健師」の国家資格取得も目指せるようになります。

ただし、これには条件があり、3年制の看護専門学校では、卒業後、助産師や保健師の養成学校(1年課程)へ進学することによって、助産師や保健師の国家試験受験資格が得られます。

4年制看護大学で学んだ人のように、看護師になるのと同時に助産師や保健師になることはできません。

なお、助産師の養成学校も保健師の養成学校も数があまり多くなく、さらに一つの学校あたりの定員数も少ないため、倍率は高くなりがちです。

そのため、看護専門学校を出たからといって、簡単に助産師や保健師になれるわけではないという点は知っておいたほうがよいでしょう。

看護大学では同時に助産師や保健師になれることも

看護師は国家資格ですが、看護師になるための学校(大学や専門学校)で学ぶことで、さらに「助産師」や「保健師」の国家資格取得も目指せるようになります。

ただし、これには条件があります。

4年制看護大学の場合、看護師養成課程と平行して助産師や保健師の教育課程も受けられるコースを設けている学校があり、このコースで一定の単位を修得すれば、大学卒業時に看護師国家試験受験資格と同時に、助産師または保健師試験受験資格も得られます。

そうなると、国家試験に合格することが大前提となりますが、看護師の国家資格を得るのと同時に、助産師や保健師の国家資格も得ることができるというわけです。

ただし、助産師も保健師も、たとえそれぞれの国家試験に合格しても看護師国家試験に合格して看護師免許を有していなければ、助産師や保健師として働くことはできない点には注意が必要です。

看護専門学校からは養成学校へ進学する

一方、3年制の看護専門学校では、卒業後、助産師や保健師の養成学校(1年課程)へ進学することによって、助産師や保健師の国家試験受験資格が得られます。

看護大学のように、看護師になるのと同時に助産師や保健師になることはできません。

なお、助産師の養成学校も保健師の養成学校も数があまり多くなく、さらに一つの学校あたりの定員数も少ないため、倍率は高くなりがちです。

とくに保健師学校は全国に10数校程度しかないとされており、狭き門といえます。

看護師専門学校を出れば、わりと簡単に助産師や保健師になれると考えていると、厳しい現実に直面することになるかもしれません。

その他の資格について

上記に加え、看護専門学校を卒業して看護師の資格を得てから大学で募集する養護教諭特別別科に入学し、1年間「養護に関する科目」と「教職に関する科目」を修了するなどの方法によって、「養護教諭一種免許」を取得できます。

養護教諭の資格を早く取得するには大学や短期大学に進学するのが一番ですが、看護専門学校からでも取得できる道はあります。

看護専門学校では看護師の国家資格取得に加え、特定の条件を満たすことで助産師や保健師も目指すことができます。

ただし、なるまでには相応の時間が必要で、専門的な勉強も続けなくてはなりません。強い意志と計画性が求められるといえるでしょう。

看護専門学校の留年、退学

留年することもある?

あるデータによれば、看護専門学校の留年率や退学率は10%を超え、学校によっては20%以上になることもあるとされています。

多種多様な専門学校があるなかでも、この数字は高いほうだといえるでしょう。

看護専門学校が厳しいとされる理由として、必修科目が多いことが挙げられます。

医療や看護に関する専門的なことを一から学び、きちんと理解していくのは簡単ではありませんし、看護専門学校は3年制のところがほとんどであるため、4年制の看護大学に比べてカリキュラムがみっちり詰まっており、忙しい日々を送ることになりがちです。

日々の予習復習、課題、レポート提出に追われ、留年となってしまう人が毎年一定数いるようです。

看護専門学校を卒業するには、本人の「学び続ける」という強い意志が求められます。

退学する人の理由は?

看護専門学校に入学した人のなかには看護専門学校を退学してしまう人もいます。

その理由はさまざまで、単に勉強をしたくなくなったという人もいれば、経済的に通えなくなったり、学校の雰囲気や人間関係になじめなかったという人もいるようです。

看護専門学校は学生のほとんどが女性となるため、女性特有の人間関係が合わなかったと話す人もいます。

また、看護専門学校の生活は忙しくなりがちで、なかなかアルバイトがしづらいことも、退学者が多い理由のひとつになってくるかもしれません。

真面目に授業を受けていれば問題ない

たしかに看護専門学校の勉強は大変とされますが、本気で看護師になろうと真面目に努力していない人でない限り、留年や退学を恐れる心配はそこまでいりません。

「真面目に努力していない」というのは、たとえば授業中にスマホをいじっていたり寝てばかりいて授業の内容がまったく耳に入っていない、アルバイトに時間をとられて予習復習をしていない、学校を頻繁に休んでいるなどです。

こうした極端なことをしていなければ、少しくらいテストの結果が悪くても、学校側が何らかのフォローをしてくれることが多いようです。

看護専門学校側も、希望する学生の全員がきちんと看護師になってほしいという思いを持っています。

前向きに学校生活を送ろうとしていれば、そうそう簡単に留年や退学になることはないでしょう。

留年や退学にいたる人には、何らかの理由があります。

入学してみなければわからないことも多々あるかもしれませんが、せっかく希望を持って進学した看護専門学校を無事に卒業できるよう、心の準備と強い意志を持っておきたいものです。

看護専門学校の受験科目

看護専門学校の受験科目は多岐に渡る

看護専門学校の受験科目は、書類審査、筆記試験、面接、小論文などで構成されることが多いようです。

書類審査では、入学願書や高校の成績証明書、卒業証明書などの各種書類の内容がチェックされます。

丁寧な文字で読みやすく書き、もし志望動機や自己PRなどを記入する欄があれば、きちんと内容を考えておきましょう。

筆記試験は国語が中心で、漢字の読み書きや読解力を問う問題が多くなりますが、志望校の出題傾向を把握しておくことが重要です。

また、合否を大きく左右するのが面接です。

そこでは志望動機や自己PRができることはもちろんですが、「看護」という人の命に関わる仕事を目指す以上、誠実であり、周囲への気遣いや心配りもできる人がプラスに評価されることが多いようです。

小論文が行われる場合には、看護や医療に関するテーマが掲げられ、それに関する自分の考えや意見をまとめるような問いが目立ちます。

基本的な小論文の書き方を勉強しておくと同時に、日頃からニュースをチェックしておいたり、とくに看護や医療については自分なりの考えをまとめておく練習をしておくとよいでしょう。

書類審査

書類審査では、入学願書や高校の成績証明書、卒業証明書などの各種書類の内容がチェックされます。

願書は看護専門学校独自のフォーマットが用意されていることが多く、その形式に従って間違いなく記入することが重要です。

丁寧な文字で読みやすく書き、もし志望動機や自己PRなどを記入する欄があれば、きちんと内容を考えておきましょう。

筆記試験

看護専門学校の入試では、筆記試験が行われることも多いようです。

科目としては国語が中心となっており、漢字の読み書きや読解力を問うものなど、現代文を中心に総合的な試験となるのが一般的です。

学校によっては数学や英語の試験が実施されることもあります。

難易度は学校のランクによっても変わってきますが、学校の過去問題が発表されていない場合、センター試験の過去問を使って対策している人が多いようです。

面接

看護専門学校によっては、受験生の合否を判断するうえで面接を重視している場合もあります。

志望動機や自己PRができることはもちろんですが、「看護」という人の命に関わる仕事を目指す以上、誠実であり、周囲への気遣いや心配りもできる人がプラスに評価されることが多いようです。

服装や髪型はきちんとしておき、正しい言葉遣いで会話をするように心がけましょう。

時間を厳守したり、面接の冒頭や終わりには挨拶やお礼をしっかりと言うことも大事です。

小論文

看護専門学校の入試で小論文が実施される場合には、看護や医療に関するテーマが掲げられ、それに関する自分の考えや意見をまとめるようなものが目立ちます。

たとえば「あなたの理想の看護師像とは」「チーム医療についてのあなたの考え方」「看護とマナーについて」「看護師を目指す理由」などが挙げられます。

このほか、看護や医療以外の時事問題や、哲学的なテーマ、健康や環境に関するテーマなどが出題されることもあるようです。

どのようなテーマが出てもいいように、日頃からニュースをチェックしておいたり、とくに看護や医療については自分なりの考えをまとめておく練習をしておくとよいでしょう。

小論文の基本的な書き方は、書店で売られている本を使って対策しておくとよいでしょう。

看護専門学校は、さまざまなジャンルの専門学校のなかでは、比較的入試が難しいといわれることがあります。

学校によっては高倍率になることもあるため、募集要項をよく確認しておき、できる限りの対策をしておきましょう。

看護専門学校と看護大学の違い

看護専門学校と看護大学の違い

看護師になるための学校としては、大きく分けると看護専門学校と看護大学の2種類が挙げられます。

どちらを卒業しても、国家試験に合格して病院などへ就職すれば、その後の看護師としての仕事内容にはほとんど違いがありません。

看護専門学校では専門技術の習得や、現場で即戦力として活躍できる実践力を高めることに力を入れている学校が多く、3年制の専門学校を卒業した場合、4年制の看護大学よりも1年早く現場に出ることになるのが大きな特徴といえます。

一方、看護大学では一般教養科目があり、教養や人間性を深めるための科目も多く学んでいくことが特徴です。

実践力を育むことに力を入れる専門学校よりも、探究心を持って患者さんや疾患を分析することを一層深く学ぶのも特徴といえます。

また、看護大学によっては卒業と同時に、保健師や助産師の国家試験受験資格を得ることができます。

学校選びのポイント

先に挙げた通り、看護専門学校に進んでも、看護大学に進んでも、きちんとカリキュラムを修了して国家試験に合格すれば、看護師として働き始めることができます。

どちらの学校を選ぶかは、まずそれぞれの特徴を把握して、自分が重視したいポイントを考えてみるとよいでしょう。

なお、看護大学では卒業後、同大学の附属病院に進む看護師もいます。

そうした場合、学生時代からその病院の理念や看護方針、仕事の取り組み方を学んでいるので、他の看護学校から来た新人看護師よりもその病院の医療チームの一員としての役割を理解しやすいという特徴があるようです。

一方、少しでも早く医療現場に出れば、実際の患者さんとの触れ合いや現場で起こる多様な課題を乗り越えながら、大きく成長していくこともできるでしょう。

看護専門学校と看護大学には、どちらも違った特徴や魅力があります。それぞれの良し悪しを自分なりに考えながら、後悔のない学校選びをしてください。

看護専門学校は根強い人気があり、なかには入試倍率が5倍や10倍というような高倍率になる学校もあるようです。

たとえ同じ看護師になるための勉強をする学校であっても、自分に合う学校選びをすることは、卒業までモチベーションを保ちながら学び続けていくうえでとても大事だといえます。

看護専門学校によって実習内容や雰囲気も異なるため、さまざまな学校を比較してみながら、安心して通い続けられる学校選びをしてください。