医療機器メーカーへの転職・中途の未経験採用はある?

医療機器メーカー社員への転職状況は?

医療機器業界は、異業種から転職して働いている人も比較的多い業界です。

とくに、営業やメンテナンスに携わる職種は求人も多く、社内にも転職組がたくさんいます。

医療業界に勤めた経験がないとしても、他業界で積み重ねてきたスキルがあれば、医療機器メーカーでの活躍は可能です。

必要な知識については入社後に研修や資格学習などを通して身につけることができます。

一部の分野では未経験者を受け入れない場合もありますが、市場が拡大していることもあり人員を増やしたい企業も多いです。

医療機器業界は市場が安定しているため、今後も新卒・中途を問わず求人は安定した状況が続くでしょう。

医療機器メーカー社員への転職の志望動機で多いものは?

医療機器メーカー社員に転職する理由としては「専門性を生かして医療に貢献したい」というものが多いです。

給与や福利厚生、経営が安定しているといった部分に魅力を感じている人も多いですが、面接や書類で強調すべき内容ではないため、「社会貢献」や「専門性を生かしたい」といった内容が志望動機には多く見られます。

そのほかにも、医療機器メーカーでは転勤が少ないことから「地域に密着して働き、地域に貢献したい」といった志望動機も多いです。

いずれの志望動機でも、具体的な裏付けを自分の経験からしっかりと説明し、企業のもつ特徴と結びつけてアピールすることが大切です。

医療機器メーカー社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験・社会人から医療機器メーカー社員になるには

他の職業と同じく、求人サイトでの応募や、人材紹介会社からの紹介によって医療機器メーカーの採用試験を受けることができます。

経験者は当然優遇されますが、未経験者だとしても十分にチャンスはあります。

営業職では特別な経歴や資格は不要ですが、コミュニケーション能力や営業力を示す実績のアピールが欠かせません。

技術職では、学歴や専門分野、職歴、資格などが指定されている場合も多いため募集要項をよく確認しましょう。

未経験でも、他業界で機械のエンジニアやカスタマーサポートなどを行っていた場合は、その経歴がプラスになることもあります。

また、外資系のメーカーでは英語能力がほぼ必須です。

医療機器メーカーは人気のある企業も多いため、採用試験はしっかりと準備してから臨みましょう。

医療機器メーカー社員への転職面接で気をつけるべきことは?

医療機器メーカーの中途採用では面接を重視する企業が多いようです。

前職での経験やスキルを明確に伝えられるようにしておくことや、異業種からの転職の場合には「なぜ、医療機器業界なのか? なぜこの仕事なのか?」をきちんと説明できるように準備しておきましょう。

給料や待遇などの条件面のアピールは避け、仕事に対する熱意や将来のビジョンなどから志望動機は伝えると効果的です。

また、業界の性質上、清潔感やビジネスマナーは厳しく見られます。

言葉遣いや服装、髪型、爪の長さに気をつけ、女性なら化粧やアクセサリーなどにも注意しましょう。

誠実でしっかりしたイメージを持ってもらえるよう意識して面接を準備しましょう。

医療機器メーカー社員に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

医療機器メーカーの求人には年齢制限は書かれていないことが多いですが、年齢が高くなると不利になるケースもあります。

業務のための学習も大変ですし、年齢相応の専門性がなければ信頼を得ることも難しいからです。

逆に、業界経験者や、研究開発職の場合は人材紹介会社を通して年齢に関係なく採用されることもあります。

また、日系企業よりも外資の方が年齢へのこだわりが少ないですが、その分の能力や成果が求められます。

医療機器メーカーでのキャリアアップも視野に入れている人ほど、早めに転職しておいたほうがよいのは間違いありません。