ケアマネジャーへの転職

どのような人が転職している?

社会の高齢化が進み、ケアマネジャーの需要は拡大しています。

それまで飲食業、サービス業などまったく別の仕事に就いていた人が、一からケアマネジャーになるための勉強を始めるケースもありますし、医療や福祉関連の仕事からケアマネジャーという職業に興味を持ち、転職を考えるといったケースもあります。

ケアマネジャーとして働くには、介護支援専門員実務研修受講試験への合格が必要となりますが、この試験には受験資格が設けられています。

そのうち、保健・福祉・医療分野での国家資格(介護福祉士、看護師、栄養士、保健師など)を持ち、5年以上、900日の実務経験を持っていると受験資格を満たすことから、こうした職業の人がステップアップとしてケアマネジャー資格の取得を目指す人もいるようです。

転職先の選び方

ケアマネジャーの活躍の場は、大きく「居宅介護支援事業所」と「介護保険施設」の2種類に分けられます。

居宅介護支援事業所では、自宅で生活をしている要介護者の高齢者に対して介護サービスを紹介し、サービスの利用計画を立てていきます。

また、介護保険施設としては介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設があり、施設で暮らす高齢者が適切な介護サービスを受けられるようにサポートを行っていきます。

こうした介護事業所は全国に多くありますが、小規模のところも多く、なかには経営難で赤字に陥っているところもあるため注意が必要です。

転職の際の注意点

ケアマネジャーは、今後も安定した需要があると考えられる職業ですが、決して楽な仕事ではありません。

施設で働くケアマネジャーは、ある程度の規模のところでない限り、基本的に1名体制で業務を担当するところが多いようです。

抱える責任やプレッシャーは大きなものとなるでしょう。

また、施設によってはケアマネジャー業務に加えて介護職としての役目を兼任しなくてはならないことがありますし、人手不足の施設ではスタッフ一人ひとりの負担が大きく、厳しい労働環境のところもあるようです。

また、利用者に対する接し方や経営方針なども施設によって異なるため、それらをよく見極めてから「本当にここで働きたい」と思える場所に応募することをおすすめします。

仕事体験談