ケアマネジャーのつらいこと・大変なこと・苦労

さまざまな人の相談を受ける裏で、ケアマネジャーは多くの苦労を抱えています。もちろんそこにやりがいを感じる人もいるでしょう。しかし、大変な仕事であることはたしかです。

本記事では、ケアマネジャーの仕事をこなすなかでつらい・大変と感じることを紹介します。

ケアマネジャーのつらいこと・大変なこと

給料が低い

ケアマネジャーの仕事は、利用者の生活や生命に関わる大きな責任を抱えながらも、給料はそれに見合ったものとはいえません。

給与が低く、家族を養うのが大変というケアマネジャーもいるのが現状です。

介護報酬が上がらず利用者の担当件数の制限があるため、ケアマネジャーの給料は過去の水準よりも年々下がっているのです。

制度の改正が多い

介護保険制度は5年ごとに改正されますが、そのたびに制度が変わり、学び直さなければなりません

そのため臨機応変な対応ができる柔軟性が求められる傾向にあります。

ケアマネジャーの悩み

ケアマネジャーへの理解

ケアマネジャーという仕事への理解がなく、利益優先思考で考える経営者もいます。

「もっと介護保険の加算がとれるように考えてほしい」と要求してくることもあります。

ケアマネジャーは利益優先ではなく、あくまで中立的な立場ですが、経営者にその理解がなければ理想との間で板挟みとなってしまうでしょう。

研修が多い

ケアマネジャーは研修が常にあります。

多くの仕事を抱えながら長期間の研修に行く必要も出てくるため、事業所で問題があった時は仕事の対応と研修への参加が重なり、スケジュール調整で苦労するでしょう。

残業や休日出勤も多い

ケアマネジャーは日勤であっても担当者会議で休日出勤があったり、利用者やその家族の都合に合わせたりしているため、平日も残業が入ることもあります。

また、緊急時の対応のため携帯電話を24時間離すことはできません。

プライベートと仕事を分けることが難しく、休みだとしても常に気が休まらないかもしれません。

希望にそったサービス提供

ケアマネジャーは利用者の希望に沿ってケアプランを考えますが、家族の希望と利用者ご本人の希望が必ずしも一致するとは限りません。

利用者ご本人はご自宅で過ごしたい、入浴も自宅で入りたいと希望しているのにもかかわらず、家族はデイサービスに行ってほしいと思っているなど、双方の希望が食い違うことがよくあります。

こうしたときは両者の仲介に入らなくてはなりませんし、利用者が認知症などで自分の意思を相手に伝えられない場合、とくに慎重に対応しなくてはいけません。

またケアプラン作成する際には個人情報を扱うため、利用者本人や家族の意向を確認し、対応には細心の配慮を払う必要があります。

ケアマネジャーを辞める理由で多いものは?

ケアマネジャーとしての仕事ができない

ケアマネジャーとして就職したとしても、施設によってはケアマネジメントする仕事があまりなく、ヘルパーの助手という形で介護の仕事をすることも多くあります。

また、介護の仕事以外にも入居者獲得のための営業活動をしなければならないなど、仕事内容に不満をもって離職する人が多いようです。

業界内での転職も多い

ケアマネジャーは資格さえ有効であれば、すぐに別の事業所でケアマネジャーとして働くことが可能なので、仕事内容や待遇に不満を持った人は転職も可能です。

とはいえ、そう転職ばかりもしていられませんから、勤務先の事業所でどのような業務を行うのかを事前に調べることが大切です。

ケアマネジャーの苦労のまとめ

ケアマネジャーの仕事は、利用者の生活や生命に関わる大きな責任を抱えながらも、給料はそれに見合ったものとはいえません。

また、ケアマネジャーという仕事への理解がなく、利益優先思考で考える経営者と理想の支援との板挟みになることもあります。

5年ごとに改正される介護保険制度も強敵です。日々新しいことを学ぶ姿勢が必要不可欠です。

そのほか、研修や休日出勤、緊急対応など、プライベートに仕事が侵食してくる傾向にあるのもこの仕事の特徴です。

アマネジャーを辞める理由としては、ケアマネジメントではなく現場で介護の仕事を任された、入居者獲得のための営業活動をしなければならないなど、期待していた仕事内容ではなかったケースが多く挙げられます。